夏物語

著者 :
  • 文藝春秋
4.71
  • (5)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 218
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (545ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784163910543

作品紹介・あらすじ

2019年7月11日発売。大阪の下町に生まれ育ち、小説家を目指し上京した夏子。38歳になる彼女には、ひそやかな願いが芽生えつつあった。「自分の子どもに会いたい」――でも、相手もおらんのに、どうやって?

周囲のさまざまな人々が、夏子に心をうちあける。身体の変化へのとまどい、性別役割をめぐる違和感、世界への居場所のなさ、そして子どもをもつか、もたないか。悲喜こもごもの語りは、この世界へ生み、生まれることの意味を投げかける。

パートナーなしの出産を目指す夏子は、「精子提供」で生まれ、本当の父を探す逢沢潤と出会い、心を寄せていく。いっぽう彼の恋人である善百合子は、出産は親たちの「身勝手な賭け」だと言う。
「どうしてこんな暴力的なことを、みんな笑顔でつづけることができるんだろう」
苦痛に満ちた切実な問いかけに、夏子の心は揺らぐ。この世界は、生まれてくるのに値するのだろうか――。

芥川賞受賞作「乳と卵」の登場人物たちがあらたに織りなす物語は、生命の意味をめぐる真摯な問いを、切ない詩情と泣き笑いの極上の筆致で描き切る。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 読んでいる途中、何度も苦しくてページを閉じて深呼吸をした。
    いろんなことがワーッ!と頭の中に、いや、心の中で動き回っていてもたってもいられなくなってまたページをめくる。
    自分という人間が、どこから来たのか、誰から生まれたのか、自分自身は何でできているのか、生きている間、誰もが何度も考える問い。
    答えなんて出ないし、出しても意味のない問い。
    それでもヒトとしてのよりどころ。私は誰。私は誰と誰によって作られたの。
    その根幹が揺らいだとき、どうやって気持ちを、心を、保てばいいのか。
    第三者精子提供によって生まれた子どもたち。成長した彼らの心の揺らぎを理解することはできない。感じることもできない。
    そのよるべなさは想像するしかない。
    ずっと、小さい時誰かに向かって両手を広げたら、何の躊躇もなく抱き上げられ、そして温かい胸で安心していつまでもいられる。そういう経験をしていれば、大人になってもどんなことがあっても大丈夫、そんな風に思っていた。
    確かにそういいう身近な誰かとの基本的信頼感、というのは人の心の安定というか芯の部分に大きな影響を与えはするのだろう。
    けれど、そんな簡単なものではないのだ、人間は。
    自分の中に流れる誰かの血。その意味。

    セックスができないけれど自分の子どもが欲しいと願う夏子と、AIDで生まれた自分を受け止められず実の父親を捜す逢沢、夏子の祖母、母、姉、姪、逢沢の元恋人百合子、夏子の担当編集者仙川、様々な人がそれぞれの「生」を懸命に生きようとしている。そばにいる人を大切に思い、けれど、それをまっすぐに表現できず、その気持ちを持て余している。
    何を求めているのか。何を求めて生きているのか。

    いろなことが頭の中で混じり合っている。夏子の、逢沢の、巻子の緑子の、それぞれの人生を考え、理解しようとし、自分と同化しようとし、切り離そうとし、けれどどれも上手くいかずにぐるぐるしている。

    生きていること、生まれてくること、生むこと、育つこと、育てること、どれもこれも大切なようでどうでもいいようで、大きいようで小さいようで。夏子の母や祖母のように、懸命にとにかく一生懸命に生きていくことにだけ懸命それでいいようにも思えるし、逢沢や百合子のように自分というものの存在を確かめ続けることも大切なような気もするし。
    いつかその答えを知るのだろうか。

    私自身、子どもも生んでいるし、身近な家族を亡くしてもいる。
    「生と死」たったこれだけの言葉の中にある抱えきれないほどの感情を経験している。
    私を形作っている母親と父親、そして私と夫によってこの世に生み出された子どもたち。
    亡くした時、この世が半分暗闇になってしまったと思うほどの存在と、自分の命よりも大切だと言い切れる自分の中から出てきた存在と。そこにあるのはいったいなんなんだろう。

    大きな大きな宿題を与えられたような気がする。時々立ち止まって考えるのだろう。混乱し悩み苦しむ。そんな時にきっと頭に浮かぶ。葡萄色の空の下にたくさん並ぶ観覧車。窓に並ぶ笑顔。あぁ、この風景があれば大丈夫だ、また明日から生きていける。そんな気がする。

  • 川上未映子さん
    待望の新刊が
    7/11発売決定!
    芥川賞受賞作『乳と卵』の登場人物たちが、新たに織りなす物語…待ちきれませんね!

  • これまでに読んだ川上未映子の作品の中では『すべて真夜中の恋人たち』が一番好きだった。実はこの作品が初読みで、そこから過去作を遡っていったのだが、あまり好きな作品はなかった。文体もテーマも合わなかった。そんな中に『乳と卵』があった。芥川賞受賞作でもあり、評価は高いがとてつもなく読みにくかった。本作はその続編にあたるが、前作がほぼまるごと取り込まれているため未読でも大丈夫。書き直されて読みやすい。生命の根源にも関わる重いテーマを、軽妙なタッチでぐいぐい読ませる。そして考えさせられる。一番好きな作品になった。

全3件中 1 - 3件を表示

著者プロフィール

川上未映子(かわかみ みえこ)
1976年大阪府生まれ。2007年『わたくし率 イン 歯ー、または世界』『そら頭はでかいです、世界がすこんと入ります』で早稲田大学坪内逍遥大賞奨励賞、2008年『乳と卵』で芥川賞、2009年詩集『先端で、さすわ さされるわ そらええわ』で中原中也賞、2010年『ヘヴン』で芸術選奨文部科学大臣新人賞、紫式部文学賞、2013年詩集『水瓶』で高見順賞、『愛の夢とか』で谷崎潤一郎賞、2016年『マリーの愛の証明』でGRANTA Best of Young Japanese Novelists、『あこがれ』で渡辺淳一文学賞を受賞。2017年、『早稲田文学増刊 女性号』で責任編集を務める。2019年7月11日、新刊『夏物語』を刊行。

夏物語のその他の作品

夏物語 (文春e-book) Kindle版 夏物語 (文春e-book) 川上未映子

川上未映子の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
村田 沙耶香
宮下 奈都
平野 啓一郎
森見 登美彦
瀬尾まいこ
川上 未映子
西 加奈子
朝倉かすみ
伊坂 幸太郎
三浦 しをん
今村夏子
小野寺 史宜
三浦 しをん
西 加奈子
辻村 深月
川上 未映子
平野 啓一郎
有効な右矢印 無効な右矢印

夏物語を本棚に登録しているひと

ツイートする