宇宙から帰ってきた日本人 日本人宇宙飛行士全12人の証言

著者 :
  • 文藝春秋
3.96
  • (10)
  • (7)
  • (5)
  • (3)
  • (0)
本棚登録 : 144
レビュー : 17
  • Amazon.co.jp ・本 (255ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784163911076

作品紹介・あらすじ

人はなぜ宇宙へ行くのか。 立花隆『宇宙からの帰還』が出版されて30年以上が経つ。同書で紹介された宇宙飛行士たちの「神秘体験」「宗教的体験」は、当時も今も大きなインパクトを読者に与えている。同書により、宇宙というのは特別な場所であり、そこに行くことは人知を超えた体験をもたらすのだというイメージを我々が共有することになったと言えるだろう。宇宙飛行士の野口聡一氏も高校生の時にこの本に感銘を受けたことが、宇宙飛行士を目指した動機の一つだと語っている。 本書は、歴代の日本人宇宙飛行士全12人に取材を行った史上初の書籍となる。宇宙に行った彼らがどのようなことを感じ、考えたか。問いかけの下敷きになっているのは立花隆の前掲書であり、「神秘体験」の有無、地球がどのように見えたかなど、実存的、哲学的な領域を中心としている。 日本人宇宙飛行士も“神”を感じたのか? 彼らが自らの体験を振り返ったときの違いは、どのような点から生じているのだろうか?〈本書のおもな内容〉CHAPTER1 この宇宙で最も美しい夜明け――秋山豊寛の見た「危機に瀕する地球」CHAPTER2 圧倒的な断絶――向井千秋の「重力文化圏」、金井宣茂と古川聡の「新世代」宇宙体験CHAPTER3 地球は生きている――山崎直子と毛利衛が語る全地球という惑星観CHAPTER4 地球上空400キロメートル――大西卓哉と「90分・地球一周の旅」CHAPTER5 「国民国家」から「惑星地球」へ――油井亀美也が考える「人類が地球へ行く意味」CHAPTER6 EVA:船外活動体験――星出彰彦と野口聡一の見た「底のない闇」CHAPTER7 宇宙・生命・無限――土井隆雄の「有人宇宙学」エピローグ 宇宙に四度行った男・若田光一かく語りき

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 『タネの未来』を読んだとき、著者の小林さんが次の氷河期を考えて行動していることがすごいと思ったが、若田さんは地球がなくなった後のことを考えている。凄すぎる。50億年後だよ!?私は、私の孫(まだいないが)くらいの先までの地球しか考えたことがないよ。
    正直言って宇宙開発なんて、科学技術を試したいだけじゃないの?月とかに資源が眠っているかもしれないから、それを早い者勝ちで押さえようとアメリカとロシアが鎬を削ってるんでしょ?イーロン・マスクとかベゾスが出てくるところからして金が絡んでない訳が無い、くらいのことしか考えていなかったのだが、宇宙飛行士は皆さん子どもの頃から宇宙に憧れ、健康な身体と落ち着いた精神と優れた頭脳を持っているから、そういう下衆な考えはないんだなあ。
    この本は立花隆の『宇宙からの帰還』に触発されて、日本人飛行士にインタビューして書かれている。『宇宙からの帰還』を読んでいないので推測で申し訳ないが、脂の乗っていた頃の立花隆にはものすごい力があったので、(この本で立花隆のインタビューを受けた唯一の飛行士秋山豊寛が温泉宿に三日間缶詰めにされ、立花から「最後の一滴まで絞り尽くされた」というんだから凄まじい。)それと比べると見劣りするかもしれない。しかし、日本人飛行士全員にインタビューした本はないので、価値あるものだと思う。

    宇宙から地球を見た感想は意外に違うが、全員地球を大切にしなければいけないと感じている。戦争したり環境を破壊してはいけないというのを深いところで実感したというのだから、金持ちが大金払って宇宙に行くのも、それなりに意味のあることかもしれないな、と思った。広い宇宙に地球と似た星はあるかもしれないが、そこに人類が行くのはかなり難しいだろうから、地球が50億年後には無くなるとしても、その前に人間が地球を死の星にしてはいけない。
    宇宙に行かなくても改めてそんな気持ちになったのだから読んで良かった。

    追記
    『人類が生まれるための12の偶然』(眞淳平著、岩波ジュニア新書)を読んだら、地球がなくなるのは50億年後だけど、10億年後には住めなくなるらしい。それでも長いけど。
    あとベゾスやイーロン・マスクは宇宙から地球を観察して様々な変化を先に知って、誰よりも速やかに商売に繋げるために宇宙開発に関わってるそうです。これは新聞で読んだ。そこまでして商売をデカくしようという野望もまた凄まじい。

  • 宇宙から見た「地球」の感想を読むのが特に好きだ。
    ある時、もちろん僕は地球上にいてのことだが、
    地球は巨大な一個の「生命体」だと思い至ったことがあった。
    この本でも、地球を生命体として感じたと、複数の宇宙飛行士が語っている。
    宇宙飛行士の体験談を引き続き読んでいくことにする。

  • 立花隆の宇宙からの帰還。高校3年の時に親友から薦められて読み、科学と哲学の融合を、宇宙という無限を感じる存在に対して宇宙飛行士の神の頬に触れた瞬間というインタビュールポタージュで、とても心に残っている。
    本書の筆者も、12人の日本人宇宙飛行士も、自分と同じように立花隆氏の影響を受けている事に、少し感動。

  • 宇宙にいくと重力がないので、地上ではひしゃげた状態の眼球が丸くなって近視が治るんです。

  • 【No.45】「青々と輝く昼間の地球は相変わらず美しく、夜になれば今度はときおり”眼下”の宇宙空間に流れ星が見えた。地表の長めはあまりに多用でいつまでも見ていられた(秋山豊寛)」「ミッションを終えて帰還する日、”をさびしいような、心残りな気持ち”を抱いた。最後の日には”をこれで宇宙も見納めだな”と窓の外に広がる地球をただただ眺め、ISSから離れる寂しさと地球に帰る喜びが混ざりあった、複雑な気持ちのままソユーズに乗り込んだ(金井宣茂)」「実感したのは、私たちが生きているのは宇宙のなかにある地球という一つの”重力文化圏”に過ぎないということでした。地球では私の床はあなたの床でもあるけれど、無重力の世界では私の天井はあなたの床かもしれない(向井千秋)」「宇宙から帰ってくると、その可逆性、人間の適応力にはすごいものがあると感じるんです。半年間も無重力空間にいたのに、重力酔いはそれこそV字で回復して、24時間経てば半分くらいは良くなってしまう(古川聡)」「地球に戻ってきたとき、いまでもよく覚えているのが空気やそよ風の感じ、土の感触や水の冷たさなんです。これまで当たり前のものとして見ていた景色が、宇宙から帰って来てからは本当に美しく感じられた(山崎直子)」「宇宙に行くときは”出張届”を本当に出したんですよ。普段の出張時と同じフォーマットの書類に、”地球周回 低軌道”と書くんです。ホテル代も必要ないですし、宇宙食も支給されるので、出張手当はつかないのですが、形としては出張扱いということですね(山崎直子)」「自分にはステップを経てこういう仕事をやって、その先に宇宙飛行士を目指す、というようなロードマップはあまりなくて、そのときどき、その場その場の興味、周りの環境で変化しながらやってきました(大西卓哉)」「芸術家の方々を宇宙に送ってみたいですよね。プロのカメラマンが行ったら何を感じるのか。それこそ村上春樹さんが宇宙に行ったら、何を思うのでしょう。その最初の一文に興味があります。現状の宇宙はお医者さん、パイロットと技術屋ばかりの世界ですから(大西卓哉)」「宇宙から見ると、アメリカや中国は大きくて、一度には国土の全部が視界に入らないんです。一方で日本は上空を通過するのは数分間、一度のパスで端から端まで見えてしまう。そのときに自分の国の小ささを感じたし、資源の乏しさが一目瞭然でした(大西卓哉)」「宇宙に行った際に抱いたのが、現実とは思えないような、夢を見ているみたいな感覚でした。SFの映画で見てきたような世界が、現実のものとしてある(油井亀美也)」「宇宙ステーションは90分で地球を一周するわけですが、山や海や都市、夜明けや昼や夜と景色が刻一刻と変化していく。それは時間があればいつまででも見ていたいと思わせる美しさで、4ヶ月の滞在でも全く飽きませんでした(野口聡一)」「同じ宇宙からでも、船内からと船外からとでは、圧倒的に見えるものが違いました。宇宙船から見ている景色は、端的に言うと新幹線の中から見る富士山のようなもの。手を伸ばせば届く様なリアル感はない。しかし船外に出ると、なによりもまずその存在感に圧倒されてしまう。”目で見る”ことと”触感で感じる”くらいの違いがある(野口聡一)」

  • ^_^ 有り G538.9/イ/19 棚:宇宙

  • 宇宙空間に行った経験がある日本人に、宇宙に行った経験が今どう感じているか?今とどうつながっているか?のを印他ジューしている。

  • 自分は宇宙に特に興味がなくて行きたいとも別に思わないので、宇宙飛行士の人たちってどういうこと考えているんだろうと思って読んでみた。一人ひとり順番に紹介していくのではなくテーマによって重なったりする構成なので個々の言わんとするところが知りたいという自分のニーズではちょっと読みにくかった。
    一番最初に出てきたのが秋山豊寛さん。「日本人初、宇宙へ」の人だ。彼は宇宙飛行士というよりやはり記者であり、記者として宇宙へ行ったんだなと思った。だからその後の生き方もTBSを退社して農業に携わるなど、この本で証言している12人のなかで最も人生が変わったのではないだろうか。対して、ほかの11人は宇宙飛行士になろうと思ってなった人たちだから、ずっと宇宙やそれに関連した分野で活動し続けている。
    とはいえ同じ宇宙飛行士でも、いってみれば当然のことだけど、世代差のようなものがあるのかなと感じた。本書でも油井亀美也(1970年生まれ)、大西拓哉(1975年生まれ)、金井宣茂(1976年生まれ)の3人は新世代としてくくって紹介しているんだけど、彼らは宇宙に行くのも出張の一つとかきわめて冷静にとらえようとしている感じ。確かに、月面着陸なんかをナマで見た世代と生まれてなかった世代とでは宇宙に対する世代的な価値観が違うというのもわかる気がするけれど、そこまで冷静なのも宇宙でのミッションを託す一般の身としては何だかつまらない。まあ、若さゆえの気負いの裏返しだとしたらそれはかわいいけど。
    好感がもてたのはやっぱり素直に宇宙や外からみた地球に感動したという人たち。特に土井隆雄、若田光一、山崎直子といったあたりはいいなと思った。何がいいって、感動したことを糧に地球や宇宙開発が進むように意識して努めているところだろうか。ビジョンを描いたりダイナミックな将来像を構築するのってやっぱり感動や夢見る気持ちが大切なのかもと思った。

  • 日本人で宇宙飛行を経験した人はこれまで12人。その全員へのインタビューをまとめた一冊。彼らも著者も、そして私も立花隆著「宇宙からの帰還」を意識した。文化や宗教の違いを超えて、米国人宇宙飛行士たちと同じように創造主の存在や地球への愛おしさを語る人がいる一方、新世代の宇宙飛行士の中には仕事で出張に行ったのと同じと言う人がいて面白い。独特なのは日本人の宇宙飛行第一号となり、いまは農業に従事する元TBSの秋山豊寛で、印象深いのは「宇宙へ行っても自分は何一つ変わらない」と言う金井宣茂。全体的には、地球を大切にすべきという感想と、人類はもっと宇宙に出ていくべきというポジティブな意見が多かったように思う。
    宇宙飛行士の多くは著書を著しているので、それを読めばもっと深く彼らの感想や考えを知ることができるだろうが、インタビューをコンパクトにまとめた本書も存在意義がある。ただ、必ずしも1人1章という構成ではなく、複数の人をまとめた章では、誰の発言なのかを意識して読まないと混同することがある点に注意が必要。

  • 200101.新年一発目。
    宇宙に行きたくなる本。
    ミクロとマクロじゃないが、宇宙で言う地球、人間も一つの地球。修学旅行で宇宙に行ける時代がくれば争い事やら環境問題やらも前向きに進むのだろうか。
    長期滞在者は感覚が宇宙に適用なるというのが面白い。
    いわゆるガンダムのニュータイプかと思いきや、逆に地上への順応ができなくなってしまう。
    宇宙と地球の行き来を頻繁にすることでまた違う感覚が出てくるんだろうか。
    空気のない中での景色を見てみたい。
    宇宙だと視力が戻るのも面白い。
    地球なりISSが視界から消えるだけで絶対的な孤独感が来るというのも面白い。
    どんな環境でも適用できてしまうというのはとても心強い話だった。

全17件中 1 - 10件を表示

稲泉連の作品

宇宙から帰ってきた日本人 日本人宇宙飛行士全12人の証言を本棚に登録しているひと

ツイートする