夜に星を放つ

著者 :
  • 文藝春秋
3.95
  • (7)
  • (23)
  • (7)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 706
感想 : 16
  • Amazon.co.jp ・本 (220ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784163915418

作品紹介・あらすじ

かけがえのない人間関係を失い傷ついた者たちが、再び誰かと心を通わせることができるのかを問いかける短編集。

コロナ禍のさなか、婚活アプリで出会った恋人との関係、30歳を前に早世した双子の妹の彼氏との交流を通して、人が人と別れることの哀しみを描く「真夜中のアボカド」。学校でいじめを受けている女子中学生と亡くなった母親の幽霊との奇妙な同居生活を描く「真珠星スピカ」、父の再婚相手との微妙な溝を埋められない小学生の寄る辺なさを描く「星の随に」など、人の心の揺らぎが輝きを放つ五編。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 本著者が初読であったため、どういう作風なのか分からない状態で読み進めました。最初は上手く作品に入っていけない感はあったのですが、読み進めるごとに作品に引き込まれていきました。

    各短編とも大きく動きのあるような作品ではなかったうえ、決して明るい話ばかりではありませんでしたが、感情の機微や情景がすごく繊細で読み終えた後にはどこか前向きになれるような気持ちにさせてくれる不思議な魅力がありました。

  • 星々がキーワードとして使われる窪美澄さんの短編集。
    「銀紙色のアンタレス」だけ読んだことがあってずっと記憶に残ってて、読み直したらやっぱりこのなかでもいちばん良かった。
    窪美澄さんの手による、少しずつ大人になりかけている男子が年上の女性にどうしようもなく惹かれ、ほのかな憧れを抱くような設定が好きなのかもしれない。

  •  人気作家、連作短編集。星にまつわる5つのエピソード。星の明かりが主人公達の内面をも照らし出す。そして影をうつし出しもする。

     エピソードのひとつ、「星の随に」はコロナの影響色濃い作品で、「これは私たちの物語だ」とも思う。主人公の父はコロナで仕事ができず、主人公の産みの母は看護師で忙しい。さらには多くの登場人物達が、コロナ禍の独特のプレッシャーを受けている。
     身の丈のささやかな幸せすらも分断していく世の中/社会。そこに重ね合わされるのは、かつての戦争の逸話……。

     主人公たちの心情に、図らずも寄り添ってしまう。私たちは誰かを信じ続けることが可能なのか。そんな「誰か」はどこにいるのか。そっと、自他に問いかけたくなる珠玉の作品集だった。

  • 2022.6.27

  • それぞれ味わいのあるはなしだった。

  • 5編どれもいい!
    短編集。
    直木賞候補作。
    窪美澄さんの本は「ふがいない」から全部読んでいるが、親子の話が多く、感動してグッとくる。
    読みやすくて好き。
    星に癒される。
    大切な人と離れてしまい心が辛い。
    見上げると、星の煌めきがあり、大切な何かを思い出し、祈りたくなる。そんな5編。
    ラストの継母はひどいのに、想くんは、なんという天使なのだろうか。泣ける。
    ②の主人公は高校生。
    ③の主人公は中学生。
    ⑤の主人公は小学生。
    なので、同じ年頃の生徒も共感できると思う。
    学校図書館に置きたいと思った。

  • かけがえのない人間関係を失い傷ついた者たちが、再び誰かと心を通わせることができるのかを問いかける短編集。

    コロナ禍のさなか、婚活アプリで出会った恋人との関係、30歳を前に早世した双子の妹の彼氏との交流を通して、人が人と別れることの哀しみを描く「真夜中のアボカド」
    ばあちゃんが暮らす海辺の町で出会った、幼い子供を抱え訳あって実家に身を寄せている年上の女性への恋心を描く「銀紙色のアンタレス」
    学校でいじめを受けている女子中学生と亡くなった母親の幽霊との奇妙な同居生活を描く「真珠星スピカ」
    離婚し会えなくなった妻と娘の夢を見ては消えないでと叫ぶ切なさを描く「湿りの海」
    父の再婚相手との微妙な溝を埋められない小学生の寄る辺なさを描く「星の随に」など、人の心の揺らぎが輝きを放つ五編。

    切ない別れと瑞々しくも淡い出会い。
    かけがえのない人間関係を失い傷付いた別れは、悲しく胸を引き裂かれる思いが。再び他の誰かと出会う勇気、その相手と心を通わせる事が出来るのだろうかという不安。だからと言ってもう誰とも出会いたくないと思ってしまうのはもっと悲しく寂しい事のように思う。生きて行くという事はその繰り返し。少しの勇気と希望を。

    読了後、時間が経つにつれて優しさがじわじわと溢れて来る物語。

  • なんてことない短編だが流石に文章力が光っていて引き込まれる。

  • 星々にたとえた5つの短編集。
    短編集なので隙間時間に気軽に読めるかなと手に取ったのですが、、ほとんどの作品で涙こぼしながら読みました。ひとつひとつ丁寧に読みたくなるおはなしたち。

    「真夜中のアボカド」「銀紙色のアンタレス」「真珠星スピカ」「湿りの海」「星の随に」

    どこかのアンソロジーで読んだことがあったのかな、「銀紙色のアンタレス」これは何回読んでも思春期の甘酸っぱい感じがとても良くて好き。
    ですが、個人的に響いたのが婚活に苦しんだ身としては「真夜中のアボカド」これが最初だったから一気に持ってかれたな〜。
    死んだお母さんが幽霊といういじめられてる子のお話の「真珠星スピカ」もよかった。
    窪さんが描く少年少女がとても好き。

全16件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

1965年東京都生まれ。2009年「ミクマリ」で第8回「R‐18文学賞」大賞を受賞。11年、受賞作を収録した『ふがいない僕は空を見た』で第24回山本周五郎賞を受賞、本屋大賞第2位に選ばれた。12年、『晴天の迷いクジラ』で第3回山田風太郎賞を受賞。19年、『トリニティ』で第36回織田作之助賞を受賞。その他の著書に『水やりはいつも深夜だけど』『さよなら、ニルヴァーナ』『やめるときも、すこやかなるときも』『じっと手を見る』『いるいないみらい』『たおやかに輪をえがいて』『私は女になりたい』など。

「2022年 『いるいないみらい』 で使われていた紹介文から引用しています。」

窪美澄の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×