愛されてんだと自覚しな

著者 :
  • 文藝春秋
4.00
  • (2)
  • (3)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 326
感想 : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (320ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784163916965

作品紹介・あらすじ

千年の愛は、一途でかろやか

千年ぶんの愛も、今この一瞬のときめきも。
最高にポップなモダン・ファンタジー。

千年前、女は神からの求婚を袖にして、愛する男と共に輪廻転生の呪いをかけられた。
生を繰り返すふたりは様々な時代で出会っては別れ、そして現代。壮大な過去を背負う岡田杏は、しかしすっかり「運命の恋人探し」を放棄して、ルームメイトの盗み屋・祥子と共に令和の世を謳歌していた!? 
人と神とが駆け回り、時を超えた愛と欲とが入り乱れる只中で、悠々と我が道を行く最強コンビの物語!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 時を超えて千年の愛物語を堪能しました。読み終えて、題名の「愛されてんだと自覚しな」わ納得すると思います。古書「徒名文通録」をめぐる騒動がなんか楽しくておもしろく読めました。そしてあなたもファンタジーの傑作を読んで楽しんで下さい。

  • 千年の間、輪廻転生を繰り返す恋人たちに神様がわらわらとからまってっしちゃかめっちゃかの大騒ぎ!!ってなんじゃこれ、おもしろすぎるではないか。
    幻の古書をめぐって「人間たち」の思惑と神の愛が極まったとき新しい歴史の歯車が動いた。
    って書くとなにやらたいそうな物語のような気がするのだけど、そんなことは一ミリもなく、最初から最後までとにかく楽しく楽しく楽しい。
    どこまでもどこまでも続いて欲しいと思いつつも、いつか昇華されることも望んでしまう。
    最後の最後まで大満足のこの一冊。

  • 途中まではなんとなくむーんとおもってよんでたけど、最後ふわっと幸せな気分になって終わった!

全3件中 1 - 3件を表示

著者プロフィール

徳島県出身。2009年に『サクラダリセット CAT,GHOST and REVOLUTION SUNDAY』で、角川スニーカー文庫よりデビュー。若者を中心に人気を博し、シリーズは7冊を数える。他著作に「つれづれ、北野坂探偵舎」シリーズ(角川文庫)、『いなくなれ、群青』(新潮文庫)に始まる「階段島」シリーズなどがある。

「2020年 『昨日星を探した言い訳』 で使われていた紹介文から引用しています。」

河野裕の作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×