芥川賞全集 第10巻 鶸,月山,草のつるぎ,土の器,あの夕陽,祭りの場,岬,志賀島

  • 文藝春秋
3.00
  • (0)
  • (0)
  • (3)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 22
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (507ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784165072003

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 志賀島観光がきっかけで志賀島を読んだが、ひと昔前の芥川賞作品といった趣。戦中戦後の人々の変化を描いている。相撲好きの友人の祖母が印象的。
    何気に芥川賞の同時受賞が中上健次なので、選考評も読んでて面白い。中上には安岡章太郎が反対し、吉行淳之介が賛成、みんな人間関係が複雑で読みにくいと言っているのに、評価しているのも面白い。一方の志賀島は、実力も充分で安定感があるから受賞させたといった感じ。

  • 文藝春秋、三木卓、森敦、野呂邦暢、阪田寛夫、日野敬三、林京子、中上健次、岡松和夫、昭和57年11月25日、第1刷、定価1800円

全2件中 1 - 2件を表示

著者プロフィール

1935年、東京生れ。早稲田大学卒業。芥川賞、平林たい子賞、芸術選奨文部大臣賞、谷崎賞、読売文学賞、2006年「北原白秋」で毎日芸術賞、藤村記念歴程賞、蓮如賞を受賞。07年、日本芸術院賞恩賜賞受賞。

「2020年 『若き詩人たちの青春』 で使われていた紹介文から引用しています。」

三木卓の作品

ツイートする
×