フランスワイン 愉しいライバル物語 (文春新書)

著者 :
  • 文藝春秋
3.20
  • (1)
  • (2)
  • (5)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 40
レビュー : 4
  • Amazon.co.jp ・本 (238ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784166600908

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 新書文庫

  • まみちゃん先生のおすすめの本
    20110528
    紹介

  • 対立軸を明確にして比較することは、一番ものごとを理解しやすいですね。

    ライバルということで、コテコテのボルドーとブルゴーニュからはじまり、ラフィットとムードン、ペトリュスとルパン、モンラッシェとムルソーなど、17の対立軸のウンチクが分かりやすく理解できました。

    また著者いわく、

    「短所は長所でもあるわけで、いろんなワインを飲み比べて、その違いを楽しむというのもワインの歓びのひとつなのである」

    ということで、必ず複数のワインを比較しながら飲むことにしてます。

  • 知識ゼロなのがまずいのか、文体が合わないのか、頭に文が入ってこない。またいずれ読み直したい。

全4件中 1 - 4件を表示

著者プロフィール

日本輸入ワイン協会会長、フランス食品振興会主催の世界ソムリエコンクールの日本代表審査委員、弁護士。永年にわたり生産者との親交を深め、豊富な知識をもとに、ワイン関係の著作・翻訳を著すなど日本でのワイン普及に貢献する。主な編集所に『ワインが語るフランスの歴史』(白水社)、『フランスワインガイド』(柴田書店)、監修書に『新版ワインの事典』(柴田書店)、『ワインの事典』『地図で見る図鑑世界のワイン』『FINE WINEシリーズ シャンパン』『FINE WINEシリーズ ボルドー』(いずれもガイアブックス)。

「2020年 『フランス主要13地区と40ヵ国のワイン』 で使われていた紹介文から引用しています。」

山本博の作品

ツイートする
×