ワインという物語―聖書、神話、文学をワインでよむ (文春新書)

著者 :
  • 文藝春秋
3.00
  • (0)
  • (1)
  • (5)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 18
  • Amazon.co.jp ・本 (261ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784166601066

作品紹介・あらすじ

むずかしい、わからない、だから古典はつまらない。聖書、ギリシア神話、ドン・キホーテ?当然、昔、読んでいるはずだが…。アヤシイ記憶をたよりに、私たちはそう考えながら、読むのは明日、と先送りにしてはこなかったか。ところが古典解読のキーワードは意外や意外、私たちの身近なお酒「ワイン」の中にあったのだ!ワインという視点から古典の窓を覗いてみたら、ヨーロッパの時代も、言葉も芳しい文化の香りも、グラスの中からたちのぼってきた!オオオカ流、ワインのよみかた。

著者プロフィール

作家・東京経済大学教授

「2015年 『たすけて、おとうさん』 で使われていた紹介文から引用しています。」

大岡玲の作品

ツイートする