グーグル―Google 既存のビジネスを破壊する 文春新書 (501)

著者 :
  • 文藝春秋
3.41
  • (95)
  • (202)
  • (512)
  • (35)
  • (6)
本棚登録 : 1685
レビュー : 239
  • Amazon.co.jp ・本 (248ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784166605019

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 2006年の著書
     前半は、グーグル検索のアルゴリズムやページランク、アドワーズやアドセンスなど今となっては周知の事実。
     後半の、グーグルの存在ポジションを問うような話には趣きがある。

    パレートの法則から超ロングテールへ。「塵も積もれば山以上」とグーグルは言う。p166

    ヤフーは「庇(ひさし)を貸して母屋を取られる」状況に。

    p195 情報が大量に流通し、過多になってくると、情報を持っているだけではダメで、人々に注意を喚起し、注目を集めるメディアが求められる。
     かつてはテレビがアテンションを独占していたが、ここに個人のブログ等の存在価値を見出すことが出来る。

     グーグルはWebの世界を支配しているが、公的な組織である世界政府や神・司祭のような存在になる器ではない。ユーザーに対する欺瞞がある。
     アカウント剥奪への説明不十分。 中国政府の検閲容認 p223 グーグルマップから米軍基地のみ削除 p225。政治圧力に対する弱さ。

  • グーグルが考えていることを理解したらビジネスチャンスが広がることは間違いないです。

    一見の価値あり。

  • えかった。
    右脳で読める。

    ちょうど読み終えた今、
    著者とは、未来像を共有した気持ちだ。

    WEB論よりもこっちを読んでほしいね。
    ただ、呼んでも勉強できない。
    あくまで事故の知があってその上で
    感じながら読むことができるた。
    お菓子を食べているのと同じかな。
    久しくいい本にであった。

  • グーグル、そしてインターネットの世界について具体例でわかりやすく書かれてる。印象的だったフレーズは「グーグルは神になろうとしている」。うーむ

  • 2011年からプレイバックして読むと、煽り過ぎの点、多々。狼少年のレッテルは重い。

  • 和図書 548.93/Sa75
    資料ID 2011200160

  • グーグルという企業がいかに既存の様々な枠組みを破壊してきているかがわかる。
    それは良いことでもあるし、場合によっては余りよろしくないのかもしれない。
    かつての「小泉改革」などを思い出すが、後になってよかった改革もあれば・・・

  • Googleが進めてきたのは既存ビジネスの破壊である。
    その対象はマスコミなどのメディアに限らず、地方の中小企業にも大きな影響を与えている。
    検索エンジンは、yahooや楽天などのポータルサイトを駆逐するかもしれない。

    Googleは、インターネットにおける司祭になり、すべてを管理するようになるのではないか。

    私もGoogle教の信者の一人になってしまっていると思うが、この便利さを一度体験してしまうと、抜け出すことは不可能である。
    Googleが国家権力に屈せずに、できる限り中立なサービスの提供をし続けてもらいたい。

  • [ 内容 ]
    既存のビジネスとそれを支えた価値観が次々と「破壊」されているのをご存じか?
    その担い手は検索エンジンの怪物・グーグル。
    強大な権力を手中に収め、神のごとく君臨する日も近い。

    [ 目次 ]
    第1章 世界を震撼させた「破壊戦略」
    第2章 小さな駐車場の「サーチエコノミー」
    第3章 一本の針を探す「キーワード広告」
    第4章 メッキ工場が見つけた「ロングテール」
    第5章 最大の価値基準となる「アテンション」
    第6章 ネット社会に出現した「巨大な権力」

    [ POP ]


    [ おすすめ度 ]

    ☆☆☆☆☆☆☆ おすすめ度
    ☆☆☆☆☆☆☆ 文章
    ☆☆☆☆☆☆☆ ストーリー
    ☆☆☆☆☆☆☆ メッセージ性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 冒険性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 読後の個人的な満足度
    共感度(空振り三振・一部・参った!)
    読書の速度(時間がかかった・普通・一気に読んだ)

    [ 関連図書 ]


    [ 参考となる書評 ]

  • 比較的お手軽な「まとめ」の本ですね。 googleに関する書籍はかなり出ているので、他書をよんだ方は あまり感動はなさそうですが。 googleの歴史やテクノロジには触れていませんが、 現在のgoogleがもつポテンシャルと影響力、 リアルな社会の動きまでひととおり網羅していそうですね。 これもWebの中の人にとってはけっこう当たり前ですがw。 この手の本はWebと距離がある人が読むべきですね… もう買いません。

全239件中 51 - 60件を表示

著者プロフィール

佐々木 俊尚(ささき としなお)
1961年生まれ、兵庫県出身。早稲田大学政治経済学部政治学科中退後、1988年毎日新聞社入社。記者として勤めたあと、1999年『月刊アスキー』の編集部デスクに転身。2003年退職後、主にIT分野やメディア業界に関わるフリージャーナリストとして活躍。大学非常勤講師なども担当している。
代表作として、2010年度大川出版賞を受賞した『電子書籍の衝撃 -本はいかに崩壊し、いかに復活するか?』、『キュレーションの時代』など。近年は『家めしこそ、最高のごちそうである。』といった自宅料理についての著作もある。

佐々木俊尚の作品

ツイートする