私家版・ユダヤ文化論 (文春新書)

著者 :
  • 文藝春秋
3.87
  • (100)
  • (108)
  • (121)
  • (7)
  • (3)
本棚登録 : 1052
レビュー : 102
  • Amazon.co.jp ・本 (241ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784166605194

作品紹介・あらすじ

ノーベル賞受賞者を多数輩出するように、ユダヤ人はどうして知性的なのか。そして「なぜ、ユダヤ人は迫害されるのか」。サルトル、レヴィナスらの思想を検討しながら人類史上の難問に挑む。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 面白いっ!

    哲学界の翁、内田樹による
    「私家版」ユダヤ文化、ユダヤ人論。

    卓越した知力と教養を身につけ、
    政界、財界、芸術界とありとあらゆる
    世界でトップに栄えるユダヤ人。

    しかしその歴史は、
    受難と迫害の歴史である。

    そもそも「ユダヤ人」とは何者か。
    なにゆえに彼らは、これほどの知性を身に着けたのか。


    -ユダヤ人たちが民族的な規模で開発することに成功したのは、「自分が現在用いている判断枠組みそのものを懐疑する力と『私はついに私でしかない』という自己繋縛性を不快に感じる感受性」である-

    -「選びは特権から構成されているものではない。それは有責性によって構成されている」-

    -ユダヤ人は自分がユダヤ人であることを否定するわずかによけいな身ぶりによって、自分がユダヤ人であることを暴露する存在として構造化されている-

    -『たしかに、おまえは一個の自我である。たしかに、おまえは始原であり、自由である。しかし自由であるからといって、おまえは絶対的始原であるわけではない。おまえは多くの事物、多くの人間たちに遅れて到来した。おまえはただ自由であるというだけではなく、おまえの自由を超えたところでそれらと結びついている。おまえは万人に対して有責である。だから、おまえの自由は同時におまえの他者に対する友愛なのだ。』-


    「ユダヤ人」をテーマに人間を、神を、宗教を、哲学を
    鋭くえぐり出す内田樹の傑作。

    決して読みやすい本ではないが、
    構造主義の基本を抑えている方であれば
    ぜひぜひ手にとって欲しい一冊。

  • このヒトについては以前からHPやコラムを読むたびに気になっていて、いつかはマトモに読まなきゃ、と思っていたのだけれど、ご本業からはちと外れた(つまり「マトモ」ではない)これから読み始めて改めてその感を強くした。

    ユダヤ人を「異化」することはキリスト教文化の歴史において恒常的にあったことであり、それはその文化の洗礼を受けた日本においても硬軟両面であったことだ。

    でも実際「ユダヤ」とは何なのか、という問いに対して明確な回答はどこにもない。

    著者は「ユダヤ人」がなし得てきたことに対し、ひとつの共通点を見いだす。それは常にinnovativeであった、ということだ。そしてさらに彼ら自身にとってはそれこそがまさに「恒常的」なことであり、その状態が非ユダヤ人にとっては「異」なるものに写るのではないかと推測する。

    これはとても説得力をもった仮説の設定だった。
    ユダヤ人はよく「十人のユダヤ人がいればそこには十一の意見がある」と言う。それはつまり、彼らにおいてはどんな意見に対しても(たとえ自分の意見に対しても)必ず何らかのアンチテーゼが存在し、常に自分の態度すら疑う姿勢がある、ということを意味する。

    であれば、何らかの理念なり意見に安住してしまうよりも、innovationの生まれ得る可能性は高いだろう。

    ではどうして彼らがこのような思考体系を持つに至ったのか。それは常に彼らが「異」であることを周囲から意識させられ続けてきたからではないだろうか。

    ステレオタイプ的な反(親)ユダヤ論に、一石を投じる書物だと思う。

  • 以前読んだが、なんとなく忘れていたので再読。

    ①ユダヤ人を定義するものは何か?
    ②どうして迫害され続けてきたのか?
    ③どうして優秀な人材を輩出するのか?

    こういう基本的な事を知りたかったが、結局はっきりした結論らしきものは書かれてない。
    いろいろ考える材料はあるので自分で考えるのも一興。

  • 自分は、ユダヤ人のことについてほとんど何も知識を持たず生きてきました。
    もちろん、ホロコーストのことは知っている。
    スティーブン・スピルバーグがユダヤ系だとか、米国のネオコンと呼ばれる人たちにユダヤ人の勢力が影響しているといった話も聞いたことはある。
    が、どれも断片的な情報ばかりで。

    そういう身であまり偉そうなことは云えないんだけど、この本の大部分は著者のオリジナルな議論というよりは、サルトルのユダヤ人論や「日猶同祖論(※)」や19世紀フランスの反ユダヤ主義者・モレス侯爵の生涯など、過去の言説や歴史の振り返りがほとんどを占めているような気もしなくはありません。
    (※)日本人はユダヤ人の末裔だ、という主張のこと。そんな荒唐無稽な話が真剣に語られていた時代があったなんて、本当に驚いた!

    そうだとしてもこの本は面白い。
    基礎知識の無い身にとって「ユダヤ人とは」「反ユダヤ主義とは」という話が新鮮に響いたということもあるけど、やはり何と言っても著者の流麗なレトリックを駆使した文章の卓抜さに支えられているところは大きいと思う。

    大部分は過去の言説の紹介、などと書いたけど、終章の最後2節ほどは著者オリジナルの議論が展開されます。
    ユダヤ人は「何故」知的なのか、そして、「どこが」知的なのか、について。
    この部分がまた読んでてよくわからんのです。
    書いてあることが正確に理解できない、ということもあるけど、どうして著者がそういう結論に至ったのか、その「飛び具合」に着いて行けない、というか(著者自身「暴走」だと認めてますが)。
    それでも何となく分かったような、読んで一つ頭がよくなったような気分にならされてしまうのが、内田マジック。
    って、褒めてんだかなんだか分からなくなってきましたが。

  • 【ノート】
    ・やっと読んだ。途中までは少し分かりづらかったりしたが、終盤の展開には引きこまれた。ところどころに出てくる「内田節」は、時にはホッとしたり、時にはちょっと鼻についたり。
    ・時間の観念を逆行させての有責性についての記述はちょっとまだ咀嚼できていない。
    ・人の善性を神の賞罰から切り離した「成熟した」知性。「神の賞罰を基準にしているのは幼稚な状態」という辺りの記述には、幼少の頃から感じていたモヤモヤしたものを一気に吹き払われたような感じ。
    ・アドルノとホルクハイマーの「啓蒙の弁証法」との共通項が多い。きちんと突き合わせて精読すべきだと思った。
    ・で、結局、「ユダヤ人」って誰のことなんだろう?

  • 私家版・ユダヤ文化論 内田樹

     『日本辺境論』(氏曰く私家版・日本人論)のときのように、ワクワクしながら読んだ。内田氏の論考と語り口がミステリに登場する名探偵のよう。[more]

    【本書をきっかけに関心を持った派生事項】
     ・ アナクロニズム
     ・ レヴィナス
     ・ 小林秀雄章

    【書き抜き読書メモ】
     ・ 小論において、私がみなさんにご理解願いたいと思っているのは、「ユダヤ人」というのは日本語の既存の語彙には対応するものが存在しない概念であるということ、そして、この概念を理解するためには、私たち自身を骨がらみにしている民族誌的偏見を部分的に解除することが必要であること、この2点である p17
     ・ 第一に、ユダヤ人というのは国民名ではない。ユダヤ人は単一の国民国家の構成員のことではないからだ p23
     ・ 第二に、ユダヤ人は人種ではない p24
     ・ 第三に、ユダヤ人はユダヤ教徒のことではない p28
     ・ そのようなたしかな実体的基礎を持たないにもかかわらず、ユダヤ人は二千年にわたって、それを排除しようとする強烈な淘汰圧にさらされながら、生きてきた。この事実から私たちが漠然と推理できる結論は、危ういものだけれど、一つしかない。/それは、ユダヤ人は「ユダヤ人を否定しようとするもの」に媒介されて存在し続けてきたということである。言い換えれば、私たちがユダヤ人と名づけるものは、「端的に私ならざるもの」に冠された名だということである。/私たちの語彙には、「それ」を名づけることばがなく、それゆえ私たちが「それ」について語ることばの一つ一つが私たちにとっての「他者」の輪郭をおぼつかない手つきで描き出すことになる。私たちはユダヤ人について語るときに必ずそれと知らずに自分自身を語ってしまうのである。 p36
     ・ ユダヤ人が存在するのは「ユダヤ人」という名詞が繰り返し同じ何かを指すと信じている人間がいる世界のなかだけっである。/私たちはユダヤ人の定義としてこの同語反復以外のものを有していない p39
     ・ ヨーロッパ人がユダヤ人を生み出したのではなく、むしろユダヤ人というシニフィアンを得たことでヨーロッパは今のような世界になった p55
     ・ 神を信じることのできる人間だけが悪魔の存在を信じることができる p101
     ・ ユダヤ人たちが民族的な規模で開発することに成功したのは、「自分が現在用いている判断枠組みそのものを懐疑する力と『私はついに私でしかない』という自己緊縛性を不快に感じる感受性」である
     ・ 「イノベーション向きの知的資質を集団的に開発する技術」などというものがありうるのだろうか?そもそも、「民族的な規模でイノベーティブな集団」などというものがありうるのだろうか? p178
     ・ それはユダヤ人にとっての「ふつう」を非ユダヤ人が「イノベーティブ」と見なしているということである。 p179
     ・ 彼らはあるきっかけで「民族誌的奇習」として、「自分が判断するときに依拠している判断枠組みそのものを懐疑すること、自分がつねに自己同一的に自分であるという自同律に不快を感知すること」を彼らにとっての「標準的な知的習慣」に登録した p180
     ・ 彼らの知的努力のすべてが、周囲の人には「おのれを懐疑せよ、行き方を改めよ、秩序を壊乱せよ、今あるものを否定せよ」という威圧的、強化的なメッセージのように聞こえて、耳を塞ぎたくなるかもしれない。 p182
     ・ 仮に、このような種類の知的拷問に耐える能力を集団の成員条件に採用した集団があれば、それは「たいへんイノベーティブな集団」と呼ばれることになるだろう。仮に、この知的拷問に耐える能力を「ユダヤ的知性」と呼ぶのだとしたら、それはすでに同語反復を犯すことになるだろう。 p82
     ・ ユダヤ人が例外的に知性的なのではなく、ユダヤにおいて標準的な思考傾向を私たちは因習的に「知性的」と呼んでいるのである p182
     ・ レヴィナスによれば、聖史上のユダヤ人が口にする最初の言葉は「私はここにおります」(Me voici)という応答の言葉である。 p189
     ・ ユダヤ人は「すでに名指され」「すでに呼びかけられたもの」という資格のいて、レヴィナスの術語を借りていえば、「始原の遅れ」(initial apres-coup)を引きずって、歴史に登場する。/そのつどすでに遅れて世界に登場するもの。/それがユダヤ人の本質的規定である。少なくともサルトルとレヴィナスという二十世紀を代表する哲学的知性がユダヤ人について唯一意見が一致した点である。この「始原の遅れ」の覚知こそが「ユダヤ的知性」(というよりは「知性そのもの」)の起源にあるものなのである(たぶん) p189
     ・ 自分は愛情が深い人間だと思っており、かつその愛情の深さを絶えず確認したいと望む人間ほど危険な存在はない。彼らはいずれ「愛する人の死を願う」ことで自分の中の愛情を暴走的に亢進させることができるという「殺意ドーピング」の虜囚になるからである。/反ユダヤ主義者はどうして「特別の憎しみ」をユダヤ人に向けたのか?どうしてそれは「特別の」と言われるのか?/「反ユダヤ主義者はユダヤ人をあまりに激しく欲望していたから」 p212
     ・ ユダヤ人は自分たちが「遅れて世界に到来した」という自覚によって、他の諸国民との差別化を果たした。私はそう考えている p214
     ・ 遠い人類の黎明期のどこかで、古代の人々が「時間」と「主体」と「神」という三つの概念を立ち上げたとき、それとは違う仕方で「時間」と「主体」と「神」を基礎づけようとした人々がいた。/その人々がユダヤ人の父祖なのだと私は思う。/レヴィナスはユダヤ教の時間意識を「アナクロニズム」(時間錯誤)という語で言い表している。アナクロニズムとは「罪深い行為をなしたがゆえに有責意識を持つ」という因果・前後の関係を否定する。/「重要なのは、罪深い行為がまず行われたという観念に先行する有責性の観念です」/驚くべきことだが、人間は不正をなしたがゆえに有責であるのではない。人間は不正を犯すより先にすでに不正について有責なのである。レヴィナスはたしかにそういっている。/私はこの「アナクロニズム」(順逆を反転したかたちで「時間」を意識し、「主体」を構築し、「神」を導出する思考の仕方)のうちにユダヤ人の思考の根源的な特異性があると考えている p218
     ・ 「私はこれまでずっとっここにいたし、これからもここにいる生得的な権利を有している」と考える人間と、「私は遅れてここにやってきたので、<この場所に受け容れられるもの>であることをその行動を通じて証明してみせなければならない」と考える人間の、アイデンティティの成り立たせ方の違い p229

    【目次】
     はじめに

     1.ユダヤ人とは誰のことか?
    1 ユダヤ人を結びつけるもの
    2 ユダヤ人は誰ではないのか?
    3 ユダヤ人は反ユダヤ主義者が<創造>したという定説について
     2.日本人とユダヤ人
    1 日猶同祖論
    2 『シオン賢¥者の議定書(プロトコル)』と日本人
     3.反ユダヤ主義の生理と病理
    1 善人の陰謀史観
    2 フランス革命と陰謀史観
    3 『ユダヤ的フランス』の神話
    4 <バッド・ランド・カウボーイ>
    5 騎士と反ユダヤ主義者
    6 モレス盟友団と個人的な戦争
    7 起源のファシズム
     終 終わらない反ユダヤ主義
    1 「わけのわからない話」
    2 未来学者の描く不思議な未来
    3 「過剰な」ユダヤ人
    4 最後の問い
    5 サルトルの冒険
    6 殺意と自責
    7 結語
    8 ある出会い
     新書版のためのあとがき

  • 第1章 ユダヤ人とは誰のことか?
    第2章 日本人とユダヤ人
    第3章 反ユダヤ主義の生理と病理
    終章 終わらない反ユダヤ主義

    第6回小林秀雄賞
    著者:内田樹(1950-、大田区、フランス文学)

  • 2010年にフォトリーディングして以来積読。思い出して読みだす。

    「私家版」と断っているのでと著者は何度も書いているが、とてもしっかりした内容。でも自分の受け入れない事には、多少感情的嫌味をちらつかせているあたり、「私家版」とこだわる理由の一つなのかも。

    収穫としては日ユ同祖論の系譜が分かり、その背景が(著者的な視点で)解説されていること。でも聖書からの解説ではないのでその点は注意。日ユ同祖論の背景は反ユダヤ主義的、神国日本思想があったとの事。

    日本の親ユダヤ主義政策は、反ユダヤ主義論調のさなかにとられた政策。その背後には、ユダヤ人の人脈や金融支配の力を借りたい思いがあったとのこと。(これは河豚計画にも書いてあったが、ちょっと疑問。)


    さすが哲学の先生だけあって、ユダヤ人の定義を哲学的に述べている。

    私的にまとめると、ユダヤ人とは反ユダヤ主義によってあとから定義される人々。また別の言い方では、神の呼びかけにあとから応答したという意味で、呼ばれて答えた人々。

    親ユダヤ主義も反ユダヤ主義も表裏は同じ。神への信仰がある人の罠として、悪魔の存在を認めるゆえに悪魔の所業を認めて糾弾する現れとして、反ユダヤ主義に陥ることがある、と著者はいう。

    著者はレビストローネというフランス人(超正統派のユダヤ教徒らしい)の言葉を引用する際に、せっかくヨブ記からの疑問への答えなのに、ヨブ記を引用せずレビストローネの言葉だけを引用しているあたり、キリスト者としては「をゐ!」と思わされたりもする。


    多くの付箋を付けたが、この本についてここで全部しらべて要約は載せず、思い出すまましるしてみた。

    だいぶ疲れたので、いちいち振り返るのが億劫だった故。

    必要があったので読んだが、難しい内容であった。
    星は三つ。

  • むずかしい。著名な映画監督、音楽家、学者に経営者の名前を挙げてユダヤ的な才能とくくっている限り、それは何なのかと、真似して再生産できるカテゴリーではないことに気づくばかりです。

  • 要するに雑談。ここから有益な知識なり考えを抽出するのは難しい。

全102件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

うちだ・たつる 1950年東京生まれ。武道家(合気道7段)。道場兼能舞台兼私塾「凱風館」館長。神戸女学院大学名誉教授。翻訳家。専門はフランス現代思想史。東京大学文学部卒業。東京都立大学大学院人文科学研究科修士課程修了。ブログ『内田樹の研究室』。



「2019年 『そのうちなんとかなるだろう』 で使われていた紹介文から引用しています。」

内田樹の作品

私家版・ユダヤ文化論 (文春新書)を本棚に登録しているひと

ツイートする