ピアニストが読む音楽マンガ ボクたちクラシックつながり (文春新書)

  • 文藝春秋
3.33
  • (4)
  • (24)
  • (36)
  • (1)
  • (4)
本棚登録 : 153
レビュー : 37
  • Amazon.co.jp ・本 (230ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784166606221

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • のだめカンタービレや森のピアノ(主にのだめ)を例に、クラシック奏者、特にピアニストにまつわる様々の話を綴っている。
    クラシック界の懐具合の現実とか、ちょっと驚き。

  •  のだめ~はかれこれ15年くらい前のまんがだったと思う。当時今1つピンと来なかったのは、基礎知識(楽典、曲)だけでなく、音大の独特の雰囲気や、学生の習性に関する知識がなかったから。本書でようやく少しその一端を見れた。
     本書の各章冒頭にあるようなQは自分は特に持っていなかったが、面白い回答で良かった。一方、所詮芸術、特に音楽は金持ち?の道楽なのかねえ、とか思ってしまった。不良債権とはとても言えないが、現実的な話を読むと、つい・・

  • のだめを読みたくなった。

  • 現在最強のピアノ/クラッシック音楽エッセイスト。どれ読んでもおもしろいんだからたいしたものだ。

  • 「のだめカンタービレ」「ピアノの森」などを通して、クラッシックの世界がわかりやすく解説されていた。著者の音楽への愛が感じられた。

  • 『のだめカンタービレ』や『神童』、『ピアノの森』を導きの糸に、クラシック業界のあれこれを紹介する本。

    ピアニストの登竜門は、もはやコンクールが主流ではないとか、世界最高の音楽学校は、パリ音楽院でもないとか、なかなか面白かった。
    青柳さんほどの音楽家でも、オーケストラや指揮のことだと難しいこともある(ドボルザークの交響曲で、いくつかわざと通常の演奏と違う音やパートに変えた演奏は、聞き取れない)ということも、驚き。

    暗譜のプレッシャー、演奏旅行での消耗、孤独、経済的困難。
    こういった、厳しい現実がありながらも、音楽でつながっている幸福を示して本書は締めくくられる。
    この結末に納得できるかどうかは、読者次第かな。

  • 「のだめカンタービレ」と「ピアノの森」を題材に、それぞれの作品の中で取り上げられたトピックを専門家の立場から解説を試みている。意外にそれらの描写がそれなりに的確であることが分かる。もちろん全てのトピックを取り上げている訳ではないだろうし、たまたま整合の取れるものだけを選んだのかも知れないのだが。

    演奏する曲の選び方、コンクールにまつわるもろもろ、演奏家とその周辺の人々、話題に事欠かない。とても興味深く読むことができる。

    最終章、ピアニストは本当に不良債権か?でしょう。のだめの弟の発した言葉がこの章のきっかけになっている。音楽活動にまつわる費用、収入などなど。あまり魅力のある業界ではない、と言っていいのか。年収300〜1000万円のグループにN響以外のオケのメンバーが含まれる、という記述があるがN響のメンバーはそれ以上貰っているのか?

  • のだめカンタービレ(時々「ピアノの森」「神童」)をピアニスト的に検証するノンフィクション。
    書店員だったら、絶対のだめの側に置いて販売したい一冊。

  • のだめカンタービレのブームを分析する、堅くなくクラシックの世界にメスを入れる一冊。

  • [ 内容 ]
    どうして音楽を聴いただけですぐに弾けるの?
    オーケストラが鳴る指揮者とは?
    『のだめカンタービレ』『ピアノの森』『神童』など音楽マンガを読み解き、クラシックの世界の深奥に誘う。

    [ 目次 ]
    第1章 一回読譜したらとっととやるぞ!
    第2章 楽譜どおり弾け!
    第3章 バレンボイム対ホロヴィッツ!?
    第4章 コンクール派と非コンクール派
    第5章 留学-クラシックをやるなら海外でなきゃ駄目?
    第6章 指揮者の謎
    第7章 コンサートで受けるプログラム
    第8章 音楽は人間が出る?
    第9章 ピアニストは本当に不良債権か?

    [ POP ]


    [ おすすめ度 ]

    ☆☆☆☆☆☆☆ おすすめ度
    ☆☆☆☆☆☆☆ 文章
    ☆☆☆☆☆☆☆ ストーリー
    ☆☆☆☆☆☆☆ メッセージ性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 冒険性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 読後の個人的な満足度
    共感度(空振り三振・一部・参った!)
    読書の速度(時間がかかった・普通・一気に読んだ)

    [ 関連図書 ]


    [ 参考となる書評 ]

著者プロフィール

ピアニスト・文筆家。安川加壽子、ピエール・バルビゼの両氏に師事。フランス国立マルセイユ音楽院首席卒業。東京芸術大学大学院博士課程修了。一九九〇年、文化庁芸術祭賞受賞。演奏と執筆を両立させ、『翼のはえた指 評伝安川加壽子』で吉田秀和賞、『青柳瑞穂の生涯』で日本エッセイスト・クラブ賞、『六本指のゴルトベルク』で講談社エッセイ賞、『ロマンティック・ドビュッシー』でミュージックペンクラブ賞を受賞。大阪音楽大学教授、日本ショパン協会理事。

「2018年 『ドビュッシー最後の一年』 で使われていた紹介文から引用しています。」

青柳いづみこの作品

ツイートする