浮世絵をつくった男の謎 岩佐又兵衛 (文春新書)

著者 :
  • 文藝春秋
3.76
  • (4)
  • (17)
  • (12)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 132
感想 : 16
  • Amazon.co.jp ・本 (254ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784166606290

作品紹介・あらすじ

母を信長に殺されて、数奇な生涯を絵筆に託した謎の天才、岩佐又兵衛。江戸初期の生命力と退廃美をきわめた絵師の妖しい魅力を、日本美術の権威・辻惟雄が読み解く。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • ふむ

  • 又兵衛から浮世絵は始まったって知らなかった。
    艶で躍動感があって・・絵が物語っている。

  • <目次>
    はじめに  又兵衛論の総決算として
    第1章   伝記と落款のある作品
    第2章   又兵衛の謎~没後の言い伝え
    第3章   <又兵衛風絵巻群>の出現と論争
    第4章   <又兵衛風絵巻群>の驚くべき内容
    第5章   又兵衛と風俗画~又兵衛はどんな風俗画を描いたか
    おわりに  又兵衛から浮世絵は始まった

    <内容>
    山下裕二の本を読んでいて、「岩佐又兵衛」をあまり知らないことに気づいて、研究の第一人者の辻先生の本を手に取った。結構グロいのを書いているんですね。また伝記は何となく知っていたが、江戸初期には結構人気で、工房を持っていたとは…。似た作品が作られているのも納得です。本物を見たくなります(舟木本とか山中常盤絵巻の一部は見た気がするけれど…)。

  • 私は美術史の素養はまるでないのですが、そんな私でも謎解きのように楽しめる本でした。新書なのにオールカラー。これだけでもすごい。

  • 新書なのにカラー図版多いのがうれしい

  • 「浮世絵をつくった男の謎」 と副題された新書版。又兵衛は、荒木村重の末子、母を信長に殺されて、数奇な生涯を辿った、浮世絵の始祖で、岩佐は母方の姓です。
    豊頬長頤の顔つき、マンガ的な目つき、「山中常盤物語絵巻」 のおどろおどろしさ、著者は、又兵衛研究の泰斗、その総決算として妖しい魅力に溢れた一冊、カラー写真も豊富です。

  • 2015/12/11購入

  • 岩佐又兵衛が描いたと言われる浮世絵の特徴がよく分かり面白い。浮世絵の写真もたくさんカラーで載せられており、わかりやすい。コミカルな表情でいながら、凄惨な場面を描いた絵は圧倒された。

  • 図版がカラーで良いし、文章も分かりやすいが、真贋をめぐる話題は自分には別に興味がないので3にした。

  • 地元の図書館で読む。この画家の作品を1度見たことがある。素晴らしい絵でした。期待以上の出来でした。図書館で読む本ではなく、購入すべき本です。美しい絵画もありますが、ユーモラスなものが多いです。絵も素晴らしいですが、文章も読みやすいです。この画家の画集を眺めてみたいと思います。しかし、画集なんて、あるんでしょうか。

全16件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

東京大学名誉教授/多摩美術大学名誉教授

「2021年 『日本美術の歴史 補訂版』 で使われていた紹介文から引用しています。」

辻惟雄の作品

浮世絵をつくった男の謎 岩佐又兵衛 (文春新書)を本棚に登録しているひと

ツイートする
×