地図もウソをつく (文春新書)

著者 :
  • 文藝春秋
3.22
  • (4)
  • (6)
  • (22)
  • (4)
  • (1)
本棚登録 : 122
レビュー : 20
  • Amazon.co.jp ・本 (198ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784166606511

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 社会

  • <目次>
    第1章  おしゃべりな地図
    第2章  ウソつきな地図
    第3章  気まぐれな地図
    第4章  小悪魔な地図
    第5章  今、地図があぶない

    <内容>
    地図を題材にしたウラ話本。地名にかかわることもあれば、いわゆる測量図ではない地図の話も。知っていることも数多く。戦争中の地図の運命から現在のネット地図との関係で国土地理院の地形図が売れてない話まで。スマホで地図を見ることも多々あるが、やっぱり読図の最低限を知っていた方が、作業も行動も速いからね…。そこに皆さん感づいてほしいよね!




    逗子市立図書館

  • 地図のこぼれ話。
    確かに地図表現って少し変えるだけで、
    ものすごく印象が変わる。
    塗り分けの為の閾値を変えるだけで、
    分布の見え方が変わり、間違った判断をしてしまう可能性がある。

    色々貴重な地図とかがあって目の保養にもなる。
    個人的にはもっとデジタル化のところを突っ込んで書いてほしかった。

  • 地図に関するトリビア本である。
    へーと言うようなエピソードも多い。
    後半は政治的な思惑でウソの入った地図や,竹島・尖閣諸島のように関係国の主張により国ごとに変わる地図のことなど。
    中国から輸入された”毒”地球儀の話などは興味深い話であるし、このような地球儀を輸入する業者のセンスのなさにはあきれるばかりである。
    巻末に国土地理院地形図が危機的状態であること、googleマップなどのネットで公開されている地図の問題点などシリアスな話が興味深い。

  • 題名は面白い!!

  • 今でこそ地図はまあまあ信用できるが、発行元が改ざんすると確かめようがない。戦時中をはじめ、見せたくない地図というのがあることを知った。

  • フリーランスならではの各方面におもねらないネタ、書きぶりが痛快。
    マニアネタから国境問題まで、存外に含蓄は深い。

  • 子供の頃は地図を見るのが好きでした。社会や地理歴史が好きだった事もあり、世界地図、日本地図ともに熱心に見たものです。本書は地図に関するエピソード満載の本です。この本を読むと地図を見る目が変わるかもしれはせん。ただカラー図版が載っていないのが残念です。

  • 同類、同好の士といったところか?

    戦争、鉄道、歴史、地図・・・

  • 戦時中の地形図は軍事目的で改ざんされている、というのが驚き。京都の堀川、御池、5条通りは建物疎開の結果道幅が広いのだそう。

全20件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

1963年、愛知県生まれ。地図や近現代史をライフワークに取材・執筆を行う。著書に『重ね地図で愉しむ 江戸東京「高低差」の秘密』(宝島社新書)、『地図と愉しむ東京歴史散歩』シリーズ(中公新書)など多数。

「2019年 『ふしぎな鉄道路線』 で使われていた紹介文から引用しています。」

竹内正浩の作品

地図もウソをつく (文春新書)を本棚に登録しているひと

ツイートする