世界がわかる理系の名著 (文春新書)

著者 :
  • 文藝春秋
3.49
  • (14)
  • (56)
  • (56)
  • (10)
  • (3)
本棚登録 : 603
レビュー : 60
  • Amazon.co.jp ・本 (245ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784166606856

作品紹介・あらすじ

ファーブル『昆虫記』、ワトソン『二重らせん』、カーソン『沈黙の春』、ガリレオ『星界の報告』、ニュートン『プリンキピア』、アインシュタイン『相対性理論』等々、世界を変えた理系本を取り上げ、知っているようで知らないその中身、当時のエピソード、そして現代にどう役立てるかなどをわかりやすく解説。エデュケイション(教育)とエンターテインメント(娯楽)が合体したエデュテインメントな一冊。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • ダーウィン『種の起源』やレイチェル・カーソン『沈黙の春』、アインシュタイン『相対性理論』など、自然科学分野の礎を彩った14の作品が挙げられています。
    「著者の生い立ち」から始まり、「本書の概要」「その後の世界への影響」「著者や著書に関するエピソード」「著者の教訓」さらに「本文紹介(一部)」、さらにさらに「本書が関連する現代の本」まで、概要としてはなんとも丁寧なまとめです。

    読んでいる最中に“日本へヒアリ初上陸か”というニュースを聞き、ヒアリ(火蟻)に触れているレイチェル・カーソンの『沈黙の春』が再注目されていると耳にしました。この本を読む良いタイミングだったように思います。

    理系出身の方にとっては周知の情報かもしれません。しかし著者の名前とタイトル程度しか把握しておらず、原作に手を伸ばすのは少々敷居が高いなぁと思っていた生粋の文系育ちの私にとっては有難い一冊でした。本書で知ったふりをするのではなく、ちゃんと原作にも手を伸ばしたいと思います。

  • 誰もが名前を知ってる、でもあまり読んだ事はない、そんな名著とその著者を紹介した本。
    どの本も大変魅力的に紹介されているため、実際に原著を手にとって読んでみたくなりました。

    どの本をとってみても「意外と読みやすい」との事。時代の先駆者達が、自分たちの研究をどうやって伝えるか、苦心した結果と言えるそうです。
    天才の人間っぽさが感じられて好きですね。

    以下紹介図書のリスト。
    ダーウィン「種の起源」
    ファーブル「昆虫記」
    メンデル「雑種植物の研究」
    ワトソン「二重らせん」
    ユクスキュル「生物から見た世界」
    パブロフ「大脳半球の働きについてー条件反射学」
    カーソン「沈黙の春」
    ガリレイ「星界の報告」
    ニュートン「プリンキピア」
    アインシュタイン「相対性理論」
    ハッブル「銀河の世界」
    プリニウス「博物誌」
    ライエル「地質学原理」
    ウェゲナー「大陸と海洋の起源」

  • この14冊のうち、何冊読んだだろうか。

    目次

    はじめに

    第1章 生命の世界
    ダーウィン『種の起原』
    ファーブル『昆虫記』
    メンデル『雑種植物の研究』
    ワトソン『二重らせん』

    第2章 環境と人間の世界
    ユクスキュル『生物から見た世界』
    パヴロフ『大脳半球の働きについて - 条件反射学』
    カーソン『沈黙の春』

    第3章 物理の世界
    ガリレイ『星界の報告』
    ニュートン『プリンキピア』
    アインシュタイン『相対性理論』
    ハッブル『銀河の世界』

    第4章 地球の世界
    プリニウス『博物誌』
    ライエル『地質学原理』
    ウェゲナー『大陸と海洋の起源』

    あとがき
    本書で参考にした図書
    --

  • レファレンス資料として

  • ダーウィン「種の起源」
    ファーブル「昆虫記」
    メンデル「雑種植物の研究」
    ワトソン「二重らせん」
    ユクスキュル「生物から見た世界」
    パヴロフ「大脳半球の働きについて」
    カーソン「沈黙の春」
    ガリレイ「星界の報告」
    ニュートン「プリンキピア」
    アインシュタイン「相対性理論」
    ハッブル「銀河の世界」
    プリニウス「博物誌」
    ライエル「地質学原理」
    ウェゲナー「大陸と海洋の起源」

  • 1

  • サイエンス

  • サイエンスっぽくなるための、お手軽なブックガイド。

    ここから原典を当たるもよし、中で紹介されている現代の書籍に当たるもよし。そういう意味でもよくまとまっている。

    残念なのは、ここに挙げられている本は名著なのだろうが、その選定基準がよくわからないこと。

    [more]
    (目次)
    はじめに
    第1章 生命の世界
     ダーウィン『種の起源』
     ファーブル『昆虫記』
     メンデル『雑種植物の研究』
     ワトソン『二重らせん』
    第2章 環境と人間の世界
     ユクスキュル『生物から見た世界』
     パヴロフ『大脳半球の働きについてー条件反射学』
     カーソン『沈黙の春』
    第3章 物理の世界
     ガリレイ『星界の報告』
     ニュートン『プリンキピア』
     アインシュタイン『相対性理論』
     ハッブル『銀河の世界』
    第4章 地球の世界
     プリニウス『博物誌』
     ライエル『地質学原理』
     ウェゲナー『大陸と海洋の起源』
    あとがき

  • 読みたい本がいろいろ見つかった。
    この本書くから読んだと知ってがっかりではあるが。

  • 斎藤孝推薦本。

    理科の教科書や受験で耳にタコができるほど聞かされる、素晴らしい発見をした科学者の数々。
    しかし彼らの著書にまで目を通した人は、何人ぐらいいるのだろう。取っつきにくそうな彼らの著書を、分かりやすく、そしてエッセンスを解説してくれた一冊である。

    なるほど、と読んでいる内に1章に登場したダーウィンと13章に登場するライエルが結びついたことに感動した。
    科学者というのは個々で生きているように見えるが、横のつながりがあることも、この本では示してくれた。

  • 社会に影響を与えた科学者を何人も取り上げて次々と紹介している。個々の内容はそこまで踏み込んだものではなく、ここから更に読書を進めていくための道標が示されているような感じ。個人的には少し物足りなかったかな。

  • 世界の理系の名著14冊について紹介されています。
    理論などの内容だけでなく研究者の人生について書かれていたところが様々な発見がありよかったです。
    同じ分野の研究者同士でも人生を歩んできた道が全然違ったりするところに面白さを感じました。
    バランスよく情報がまとまっていて、予備知識があまりない私でもすんなり読めたので、入門としていいなと思いました。

  • 忙中閑あり。デューイ・ワトソン DNA 塩基糖リン酸基 マダニ 体温 条件刺激 発想が見方をかえる デカルト センスオブワンダー ガリレオ 星界の報告 木星 月山の高さを図る 死んだ年ニュートン 重力のデザイン 金色夜叉びっしり字 ニュートン奇跡の年微分、光学、引力 波打ち際で無邪気に遊ぶ 夜の物理学 アインシュタイン バイオリン 太陽の重力で光が曲がる 自分に合わない科目を切り捨てたのが劣等生として写った 才能とは頭を疲れさせないシステムを搭載すること。アインシュタイン奇跡の年 国連総会への公開状 湯川秀樹 頭が疲れない機能が天才 ビュリダンのロバ エネルギー=光の2乗×重さ ホーキング、宇宙のすべてを語る ウェゲナー パンゲア

  •  理系の書籍の中で古典とされるものを14冊取り上げ、どんなことが書いてあるか、書いたのはどんな人か、どんな影響を与えたか、などを簡単にまとめている。

     取り上げられた本は、ダーウィン『種の起源』、ファーブル『昆虫記』、メンデル『雑種植物の研究』、ワトソン『二重らせん』、ユクスキュル『生物から見た世界』、パヴロフ『大脳半球の働きについて──条件反射学』、カーソン『沈黙の春』、ガリレイ『星界の報告』、ニュートン『プリンキピア』、アインシュタイン『相対性理論』、ハッブル『銀河の世界』、プリニウス『博物誌』、ライエル『地質学原理』、ウェゲナー『大陸と海洋の起源』。

     私はどれもちゃんと読んだことがありませんので、この本の解説が正しいかどうか評価できませんが、いくつかの本については読んでみたいと思いましたので、いずれ挑戦しようと思います。

  • かなり読みやすかった。
    名前だけ知っていた科学者や理論、こういうことだったのかと思えた。知らないことって恥ずかしい。
    これまで読んだことのない分野で自分の世界が広がる感覚を味わえた。

  • ダーウィン/種の起源
    自然選択説: 周囲の環境に適したものが相対的に多く残り、全体の配置が変化したように見える。
    適者生存: 与えられた環境に適した生物は保存され、不利な生物は消えてゆく。
    ファーブル/昆虫記
    ファーブルの名は、実は本国ではあまり知られていない。
    メンデル/ 雑種植物の研究
    優性と劣性とは、内容の優劣ではなく、形質が現れるか、抑制されて現れないか、といこと。
    20世紀に半ばになって、遺伝子を運ぶのものの正体がDNAであることや、遺伝の情報伝達メカニズムがDNAのもつ二重らせん構造によることが明らかになった。
    ワトソン/ 二重らせん構造
    ユクスキュル/ 生物から見た世界
    環世界: 客観的な視点から環境をとらえるのではなく、生物が自分を中心として意味を与えたものが本来の環境である。動物を取り巻く時間や空間は、動物によってすべて違う。
    地球環境問題は、人類の環世界が作り出した問題に他ならない。
    パブロフ/ 大脳半球の働きについて
    犬の消化腺機能の研究。条件反射、学習、消去、回復。連続強化、部分強化。部分強化の方が、連続強化よりも消去されにくい。
    カーソン/ 沈黙の春
    食物連鎖の頂点にいる人間に取り込まれた残留農薬は、いずれ人間の健康を蝕んでいく。
    ガリレイ/ 星界の報告
    木星の衛星を発見した。地動説を支持する内容は、宗教裁判にかけられた。カトリックローマ教会は、天動説以外認めていなかった。
    ニュートン/ プリンキピア
    アインシュタイン/ 相対性理論
    ニュートンは、時間と空間は全く別の独立不変のものだと考えていた。アインシュタインは、これを否定。時間は伸び縮みするし、空間はゆがんでいる。時間と空間の両方を合わせた時空という概念を立てた。時間と空間が絶対的なものではなく、互いに相互関係にある、つまり絶対の反対であるため、相対性理論なのである。
    光速に近い速さで運動する物体の中では、時計の進み方や物体の長さが変化する。
    エネルギーは、重さに光の速さの二乗をかけたもの。
    クリエイティビティの高い仕事をする時に大切なのは、頭を疲れさせないこと。つまらないことで、頭を疲弊させてはいけない。ビュリダンのろば。

  • おそらく一冊も外すことのできない歴史的な名著ばかりを集め、その著者の人物来歴を踏まえて解説していく。なお、列挙した著者の他の著作も紹介。加えて、本書の挙げる名著に関連する書籍(小川洋子氏らの著作本)は、文系でも取り組める書と思われる。

  • 斉藤孝推薦。

  • 世界がわかる理系の名著

    バイト中、理系の話を盗み聞きすることは面白い。うちの大学には理系がいないので、新鮮な感覚を得られる。高校時代から理科系はさっぱりだったが、わからないのは何だがつまらないので、概説書を読んでみた。構成がとても良い。名著の著者のエピソード、本の内容、それが世界に与えた影響などなど、興味深い話ばかりでスラスラよめる。
    本書は生物・環境・物理・地学で分類されており、生物ではダーウィン・メンデル・ファーブル・ワトソンが紹介されている。学者にもモノ派とスジ派という二つのタイプがあり、オタクタイプがモノ派、啓蒙タイプがスジ派らしい。偉大な研究をしていても、オタクタイプは世間から忘れられがちである。面白かったのは、ユクスキュルの本だ。環境とは、主体的なものであり、私たちが普段環境というものは、人間の環境であるだけで、他の動物にとっては全く違うものであるという。本書にも書いてあったが、まさしくカントの認識論的な転回という哲学的なテーマを伺うことが出来る。
    そして、物理であるが、ガリレイと道元が比較されている。科学と宗教や権力は、お互いを補完しながら歩んできたが、ガリレイなどは典型的に宗教によって抑圧された人物の一人である。ガリレイは、啓蒙タイプで、簡易な文章で科学の研究成果を発表したからこそ、宗教裁判にかけられ、道元は、内容こそアウトだが、難解な書物に自分の思想をまとめたがゆえに安定した生活が出来たというのである。意識していようがいまいが、どんなに偉大な人物でも、自分の行動が他者にどのような影響を与えるかをしっかりと考えるべきであるという教訓がうかがえる。物理では、やはりアインシュタインンの相対性理論があった。時間と空間は別のものではなく、実は関連性がある。という理論らしいが、よくわからないので物理学科の友達に聞いてみたが、大方その通りのことが返ってきた。空間は3次元で、x、y、zの座標で表すが、そこにアインシュタインはt(時間)という新たな次元を考えたらしい。相対性理論でいわれている、時空の歪みなどは、どうやら理論的な話であって、人間レベルの大きな質量を持ったものでは適用されても誤差の範囲であるという。究極のところ、古典物理学の世界で説明できない、極小の世界での法則が、相対性理論や量子力学であるという。彼の話に脱線するが、量子力学を推し進めれば、人間が認識した瞬間に、世界は一つに定まるが、認識する前は、多世界が存在するという。これを多世界解釈というらしいが、東大などの高名な先生方がこんなにもSFのような夢のある話を真面目にしていると思うとなんだか面白そうである。
    古典物理学と量子力学の話、大岡昇平の野火や、中島義道の哲学書を読んでいると感じるのだが、全てに妥当する理論とは、往々にして9割に適用する理論とは全く異なる。私たちの生きている世界は、古典物理学のように大方のものは理解できるような理論で動いている。日ごろから、日本はクレームに対して敏感すぎると感じているが、1割に妥当するからと言って、それを全体に適用しようというのは本末転倒であるように思える。100%全員が満足できる方法を追い求めるのは学者の仕事であり、社会には一種のアバウトさも必要なのかなと感じた。
    ほぼほぼ脱線したが、この本は知的好奇心をそそる、良い本であった。

  • あとがきにある、「何と言っても本物はやはり優れている。」と言うのが、残った。
    原書は、まだまだ読めていないが、挑戦したい。

全60件中 1 - 20件を表示

著者プロフィール

1955年東京都生まれ。1979年東京大学理学部地学科卒業。通産省地質調査所、米国内務省カスケード火山観測所を経て、1997年より京都大学大学院人間・環境学研究科教授。理学博士。専門は火山学・地球科学。京大の講義は毎年数百人を集める人気で教養科目1位の評価。著書に、『理科系の読書術』『地球の歴史』(以上、中公新書)、『世界がわかる理系の名著』(文春新書)、『火山噴火』(岩波新書)、 『京大人気講義 生き抜くための地震学』(ちくま新書)、『地球とは何か』(サイエンス・アイ新書)など多数。

「2020年 『理学博士の本棚』 で使われていた紹介文から引用しています。」

鎌田浩毅の作品

世界がわかる理系の名著 (文春新書)を本棚に登録しているひと

ツイートする