1980─2009 完本 紳士と淑女 (文春新書)

著者 :
  • 文藝春秋
4.63
  • (5)
  • (3)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 33
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (375ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784166607167

作品紹介・あらすじ

オピニオン誌「諸君!」の巻頭を飾る名物匿名コラム「紳士と淑女」は一九八〇年一月号より連載が始まった。爾来三十年、時流におもねらず、深い洞察力とジャーナリスティックなセンスで数々の名文を書き続けた筆者は、雑誌の休刊にともない、ついに自らの名とがん闘病を明らかにした。30年に及ぶコラムから263本を精選。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • [ 内容 ]
    オピニオン誌「諸君!」の巻頭を飾る名物匿名コラム「紳士と淑女」は一九八〇年一月号より連載が始まった。
    爾来三十年、時流におもねらず、深い洞察力とジャーナリスティックなセンスで数々の名文を書き続けた筆者は、雑誌の休刊にともない、ついに自らの名とがん闘病を明らかにした。
    30年に及ぶコラムから263本を精選。

    [ 目次 ]
    昭和から平成へ(金正一から金正日に御改名(一九八〇年)
    原爆は悲惨だ、では平和は来ない(八一年)
    ハチは夜の銀座にもいる(八二年) ほか)
    世紀末の世界と日本(ベルリンの壁の一片を心の中に(一九九〇年)
    新聞記者はみな逃げていく(九一年)
    小田実より本田美奈子を信じる(九二年) ほか)
    21世紀のはじめに(トルストイさえ切り刻まれる(二〇〇〇年)
    二十世紀を一分で振り返る(〇一年)
    三国人とジャップ。どっちが蔑称(〇二年) ほか)

    [ POP ]


    [ おすすめ度 ]

    ☆☆☆☆☆☆☆ おすすめ度
    ☆☆☆☆☆☆☆ 文章
    ☆☆☆☆☆☆☆ ストーリー
    ☆☆☆☆☆☆☆ メッセージ性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 冒険性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 読後の個人的な満足度
    共感度(空振り三振・一部・参った!)
    読書の速度(時間がかかった・普通・一気に読んだ)

    [ 関連図書 ]


    [ 参考となる書評 ]

  • 30年にもわたり連載された名物コラム。こういう文章が書きたいな〜。

  • 『諸君!』に30年間に渡って匿名で掲載されたコラムの抜粋。
    徳岡氏の歯に衣を着せぬ関西弁も入り、ユーモアがあり辛辣、そしてこの国を憂える心が伝わるコラムが続く。
    30年間の日本の社会の変遷が年を追って読める本。

全3件中 1 - 3件を表示

徳岡孝夫の作品

ツイートする