生命保険のカラクリ (文春新書)

著者 :
  • 文藝春秋
3.78
  • (121)
  • (253)
  • (177)
  • (27)
  • (6)
本棚登録 : 1752
レビュー : 244
  • Amazon.co.jp ・本 (232ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784166607235

作品紹介・あらすじ

日本の約九割の世帯が加入しながらわかりにくい生保。保険業法の改正により、外資の波も押し寄せている。生保のしくみを知って、新時代の保険との付き合い方を身につけよう。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 某大手生命保険会社の自社ビルから大勢の人が出入りしているのを見ると、「あの人数に給料払うのって大変だよな。それって顧客が払う保険料から出てるんだよな」と考えずにはいられない。

  • 生命保険の商品は最近の携帯電話の料金プランに似ている。自分の支払いの内訳が複雑すぎてわからないし、判明している部分が適正なのかも判断しづらい。

    私が理解した範囲で本書の内容をまとめると、

    昔は保険会社はどこも横並びだったので、営業職員の人柄などで保険の加入を決めるのも合理的と言えたが、今は人海戦術をとらないネット生保もある。果たして安くない人件費まで負担して大手保険会社の保険にするか、そういった負担の少ないシンプルな保険にするか。

    また、日本では公的な社会保障もあるため、民間の保険はそれを補完するものとしてとらえるべき。あるいは、自分では貯蓄できない人が保険料という形で強制的に貯蓄できる、という効用はあるかもしれないが…あまり合理的とは言えない。

    死亡保障・医療保障・貯蓄について、それぞれどれだけのお金が必要なのか、どのように備えるのかを考えるようにする。保険で貯蓄を考えるというのは、低金利の時代には賢いとは言えず、再び金利が高くなって高利回りの貯蓄性商品が出てくれば、検討してもよいであろう。

    と、こんな感じかしら?

    外国では、健康優良体かどうか、喫煙者かどうか、で保険料に差が出てくることがある、というのは初めて知った。それだと、私なら結構安くできそうなんだけど。“日本的”っていうのも、いいことばかりじゃないんですね。

  • ライフネット生命副社長の岩瀬氏による生命保険のキホン。わかりやすい。面白い。

    「保険はよくわからないから入らない」と敬遠していたが、これを読んである程度、生命保険がどういう性格を持った商品であるか理解できたし、自分がどのタイミングで、どういう保険に入るべきかというイメージが持てた。
    (子どもができてから独立するまでの25年間で定期の死亡保険に入るのが最低限かな…とか)

    また紹介されてるいくつかのエピソードを読んで、生保業界の異常性が垣間見えた。
    セイホは業界内の人でもしっかり理解している人は少ない。

    営業の人件費がかかっていないネット通販型生保に惹かれてしまったのは、著者の策略か?

    -----

    ◆生保とは

    ・生保の2つの機能
    【保障性】 
     …万が一に備える。死亡保障や医療保障。かけ捨て。保険の本来的な姿。
    【貯蓄性】
     …将来の出費に備える。貯金に近い。満期が来たら帰ってくる。かけ捨てじゃない。


    ・生保が理解しにくい理由は2つ (p72)
     ①多種多様な内容の保障と特約をパッケージにしているから
     ②「保障」と「貯蓄」という二つの機能を内包してるから

    ※売り手にとって収益率が高いのは貯蓄性商品ではなく、保障性商品。(手数料が高い)


    ・「お得な保険」なんてものはなく、お得に見える商品(かけ捨てじゃない、割引、ボーナス付き…)は必ずその分、保険金が少なかったり、適用範囲が狭かったりでバランスが取られている。


    ・「何に備えるか」という視点でわけると、生保は3つの機能しかない。 (p81)
    ①いざという時に、残された家族のための所得保障→遺族保障(死亡保障)
    ②入院・手術のための保障→医療保障
    ③将来に備えるための保障→生存保障(貯蓄・年金)


    ◆どんな保険に入ればいいか

    ・企業の福利厚生制度や公的な社会保障を基礎に、足りない部分を補うのが民間の保険である。医療保障については公的な健康保険が手厚い。(p116)
    まず公的な社会保障、企業による保障の内容を理解してなければ、民間保険をきちんと選ぶことは難しい。
    (p106)


    ・加入する保険は特約はつけないで、シンプルな単品商品のみに加入すること。
    自分が100%理解できるものにとどめることで、保険金の受け取り漏れを防ぐ。(p144)


    ・保険にかしこく入るための七か条 (p192)

  • 必要最小限の保証範囲をカバーしていて、出来るだけシンプルな保険にだけ
    入る。結局のところ、これに尽きる。
    異業種からネット生保を立ち上げた筆者が、旧来の保険業界の歪みと保険選びに必要な知識をとてもわかりやすく説明している。必読。

  • ネット生保のライフネットの副社長が書いた生命保険の本


    考えれば当たり前だけど、
    「かけすてじゃない保険にも保険分の価格が上乗せされてる」
    って、見過ごされがちだ。

    かけた金額より多く戻ってくる設定になってるからお得感を感じてしまう。


    生保レディを大量投下するビジネスモデルが、
    消費者のためではないとバレてしまった今、
    旧態依然とした日本の「セイホ」がどう変わるのか、
    市場規模30兆を誇る生保業界の今後の動向に注目したい。

  • 生命保険業界の旧態依然とした高コスト体質を暴いた名著.「『日本の生保各社の用いている生保標準生命表の死亡率は実際よりも20%以上も高い』ところから生み出される莫大な死差益によって逆鞘が埋められている」,というくだりは圧巻.

  • 日本の全世帯の9割が加入し、「住宅についで、人生2番目に大きな買い物」といわれる生命保険。
    1000万円近い「買い物」をしているのに、加入者はあまりにその仕組みや内訳を知らされていないのではないか?
    「生命保険のカラクリ」を、ネット生保の副社長が解き明かす。
    かけ捨ては損ではない、保険料はどこも同じではない、保険にボーナスはない、途中でやめたら損とは限らない、などなど。

  • 生命保険の仕組みを分かりやすく書いてある
    Good for beginner

  • 実は過去に,ライフネット生命や共済の加入を検討したことがあって,実際に見積をしたことがあった。ところが,はっきり言えば,断られたのだ。結局以前に契約していた生保を更新した。この契約では,若い時に入らないと得られないだろう特約がついていて,そのまま更新できた。著者の言うことはなるほどだと思うものの,現実はなんだかなあ,という感じなのである。

  • 生命保険業界に新規参入した著者が、自らの経験を活かして、生保業界の実態を解説した本。

    生命保険の見直しをしなければならないと思いつつ買った本だったのだが、すっかり忘れていた。無料で配布していたPDF版を入手して、メディアマーカーに登録しようとして、本を持っていることに気付いた。

    読み終わった感想としては、漠然と感じていた生命保険業界に対する不信感が間違っていなかったということは確認できたが、どうすればよいのかはやっぱりよくわからないということ。もう少し勉強しないといけないらしい…

全244件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

ライフネット生命社長兼COO

「2014年 『楽しい仕事はない。だから楽しくやる』 で使われていた紹介文から引用しています。」

生命保険のカラクリ (文春新書)のその他の作品

生命保険のカラクリ Kindle版 生命保険のカラクリ 岩瀬大輔

岩瀬大輔の作品

生命保険のカラクリ (文春新書)を本棚に登録しているひと

ツイートする