体制維新――大阪都 (文春新書)

  • 文藝春秋
3.86
  • (127)
  • (293)
  • (148)
  • (23)
  • (5)
本棚登録 : 1415
レビュー : 276
  • Amazon.co.jp ・本 (264ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784166608270

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 大阪都構想について述べている本。
    住民ではないので今までわからなかったが、大阪市内の区長は大阪市職員(公務員)であり、選挙で選ばれた民間の代表ではなく、人事異動に伴って変わっていくこと。一つ一つの区(自治体)に権限も決定権も無いこと。府、市、区の大きさと自治。それを考慮して都という構想を持ち改革を起こしていく。仕組み、システム、体制を変えなければ物事は前に進まない。知らなかった大阪について学べた。

  • こうしてまとまった本のかたちで読むと橋下徹の主張することは具体的かつ明快であるが、彼はなぜ一方でTwitterなどで「バカ」だの「アホ」だの罵詈雑言を吐散らしているのだろう。本書のようにじっくりと説明すればいいのと思うのだが。

  • 二重行政。
    大阪府と大阪市。大阪市は基礎自治体にしては大きすぎる。それぞれの区長が役人なので、主体的な決定ができない。そして広域自治体としては大阪市だけでは視野が狭すぎる。なので、「大坂都」構想。
    成長戦略を国が作る時代では無くなってきた。日本には少なくとも東京の他にもう一つ大きなエンジンが必要だ。
    人事を変え、経営を変えても駄目なら体制を変えねばならない。納得。

  • 言いたいことはとてもよくわかった。言う通りのような気がする。

  • 何となく嫌いな橋下さんの、何が嫌なのかを知りたくて買った本。
    橋下さんのことがだいぶわかった気がする。

  • 私の中で道州制と大阪都構想のイメージが一致しないので、読んでみました。

    読んでみると、「国ありき」の発想ではなく「大阪の問題」から「日本の有り様」を見ているので、筋は通っているんだけど分かりにくいし、説明不足感が感じられます。

    ただ、大阪維新の会の動きの必然性がよく分かり、実際にこの本が書かれた後、知事選&市長選での動きがあったわけですが、そのままの動きとなっています。

    橋下さんが市長になってから、実際にドンドン明るみになる大阪市政のえいかげんだった仕事っぷりが、この本の正当性を証明してくれています。この本に書かれている市政は、犯罪に近いイメージでした。


    ただ、、、その後の国政への出方が、「?」だったので、★3です。この本を読んで橋下大阪市長の論理的な行動力がよく分かりました。

  • 主張はわかった。

  • 大阪で区議会選が無いとは知りませんでした。

  • 新しいことをするには、まず体制(システム)を変えないと物事が進まないことを大阪府知事時代の経験を基に本書は書かれている。確かに変革は様々な利害関係を壊すので抵抗勢力があるのはおかしくない。本書で大阪市と大阪府の利害関係もよくわかった。まずはやってみて、ダメなら修正すればいいとの考え方には賛成。

  • 政治と行政の役割分担。政策立案は専門家に任せられても、仕組みを変えることができるのは政治家だけ。という橋下氏の意見を理解できた気がする。と同時に、組織で孤高のリーダーとして発奮してるようす、こういうことかと面白かった。

著者プロフィール

タレント、作家、元大阪市長

「2019年 『実行力 結果を出す「仕組み」の作りかた』 で使われていた紹介文から引用しています。」

体制維新――大阪都 (文春新書)のその他の作品

橋下徹の作品

ツイートする