体制維新――大阪都 (文春新書)

  • 文藝春秋
3.86
  • (127)
  • (293)
  • (148)
  • (23)
  • (5)
本棚登録 : 1415
レビュー : 276
  • Amazon.co.jp ・本 (264ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784166608270

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • http://naokis.doorblog.jp/archives/osaka_capital_plan.html【書評】『 体制維新――大阪都』〜3年前に書いた書評

    これまで数多くの政治家の本を読んだが、政治哲学がしっかりしており、群を抜いて秀逸である。橋下徹氏が独裁者にならないか?という点を危惧をしていたが、政治と行政の役割をはっきりと述べ、行政に対する信頼・思いやりが感じられた。たとえば、都構想の政治決定は政治家、区割など精緻に練らなければならないものは行政の役割が大きいことを述べ、行政なくして大阪都構想は実行不可能であることを、しっかりと述べている。

    メディアでは、いかにも政治と行政が対立しているように報道されるが、視聴率稼ぎのためにメディアが煽っている可能性が高い(私は、そんなテレビ報道も新聞も見ないので、実のところよく知らない)。

    大阪都構想についても、本書を読む限り、全面的に賛成だ。日本全体、政策の変更だけでは行き詰っており、体制の変更こそが必要だと言っている。ここで言う体制変更とは、明治維新のような体制変更である。版籍奉還、廃藩置県、通貨切替(円の導入)等により、幕藩体制のしがらみを断ち切った。大名と武士の奉公関係が消滅したのだ。

    橋下氏は、今の行政官僚は身分制度になっていると断罪する。いったん、身分をゼロクリアし、適材適所ができれば、行政能力が格段に高まるだろう。

    そして、なぜ大阪都なのか?

    本書を読むまで、恥ずかしながら知らなかった。世界の大都市間の競争に勝ち抜くため、広域行政単位を大阪都に集約、また地域密着の行政は、区長選挙導入による特別区に集約させる。大阪市という行政単位は、通勤圏を含めた「大阪」を考えると狭すぎ、地域行政を考えると大きすぎる。

    区長は市長により任命され、しかもすぐに転勤してしまう。区民に選出された区長ではないため、区民のための仕事に本腰が入らず、柔軟で地域ごとの特徴をふまえた行政サービスができていない。

    また、大阪市内の施策は大阪府は口を出せないことにより、大学や水道局等、さまざまな公共施設がことごとく二重持ちになっている。東京都特別区を考えれば分かることだが、特別区には大学も水道局もない。すべて都が運営している。首都大学東京よりも、大阪府立大学・市立大学の運営コストのほうが大きいなど、いったい、大阪府民・市民は、いったいどれだけの負担を強いられているのだろうか?事実、大阪市は、東京都や横浜市より、圧倒的に一人当りの公債残高が多い。

    ここで述べられている体制変更は、大阪のみならず道州制の導入のように、日本全国で必要なのだろう。しかし、橋下氏も指摘のとおり、道州制の合意形成プロセスは、大阪都の非ではない。まず、大阪から体制変更を行い、その効果を国民全体が理解をすることにより、初めて、道州制の議論も本格化するのではないだろうか?

    明治維新もそうであったように、また橋下氏ご本人もそうおっしゃっているとおり、この体制変更は、とてつもなく大きな権力闘争を伴う。本書を読んでいて感じたのは、ひょっとして、橋下氏が暗殺されてしまうこともありうるのではないか?しかし、彼はすでに腹を括っているように感じる。

    橋下氏は大阪都の実現に政治生命をかけている。大阪から日本を変えるため、なんとしても橋下氏にがんばってもらいたい。

  • 内容紹介

    「よいことも悪いことも大阪からはじまる」といわれる。長引く経済の低迷、莫大な負債など、大阪を取り巻く情勢はまさに日本の縮図だ。そんな大阪が変われば、日本全体が変わる! いままでの改革はなぜ全て失敗してきたのか? どうして「大阪都」でなければならないのか。いま何をすべきか。橋下徹が掲げる「大阪都構想」は、大阪、そして日本革命の切り札となるか──その全貌を橋下徹と堺屋太一が論じ尽くし、衰退から成長への具体的な「オンリープラン」を提案する。

    内容(「BOOK」データベースより)

    「よいことも悪いことも大阪からはじまる」といわれる。経済の低迷、莫大な負債など大阪を取り巻く情勢は日本の縮図ともいえる。橋下徹知事が掲げる「大阪都構想」は、大阪、そして日本改革の切り札となるか―。その全貌を論じ尽くす。

    著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

    橋下徹 1969(昭和44)年、東京都生まれ。88年大阪府立北野高校卒。第67回全国高校ラグビー全国大会出場、ベスト16。94年早稲田大学政治経済学部卒業、司法試験合格。97年弁護士登録。98年橋下綜合法律事務所開設。その後テレビ等でコメンテーターとして活躍。08年大阪府知事就任

    堺屋太一 1935(昭和10)年、大阪府生まれ。東京大学経済学部卒業後、通商産業省(現・経済産業省)入省。70年の日本万国博覧会を企画、開催にこぎつける。78年退官、執筆・講演活動に入る。98年7月から2000年12月まで経済企画庁長官(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    本の感想

    この本は橋下徹市長(当時)と作家の堺屋太一氏との対談形式で、大阪府と大阪市の改革の必要性についての議論が展開されている。

    この本の最初に取り上げられていたセンチュリー交響楽団・国際児童文学館・ワッハ上方・槇尾川ダムの廃止問題について、橋下徹氏が大阪府知事に就任する直後に改革のメスを入れた問題で、当事のことを思い出した。大阪府だけでなく、大阪市の職員の厚遇問題も取り上げられていて当時の問題点を整理して、大阪府・大阪市の改革の必要性が述べられている。

    これから松井一郎大阪府知事・吉村洋文大阪市長の下で大阪都構想の住民投票があるかもしれない。大阪都構想について考え直すには良い本である。

  • 個人的に大阪都構想には賛成である。

    制度的にうまくいくかどうかは別にして、地域が独立して自治を行う気概を育てないと地域は沈没してしまう。
    国として取り組むべきこと、地域で取り組むべきこと、それぞれを見極めていくべきだ。

  • 著者の政策の賛否はともかく、考えた上で行動していることがよく解かった。
    ※それでもすべてを解決できる政策など無いと思うが。

    感心させられる記述が多く自分にとっては勉強にもなったので評価高め。

  • 大阪都構想がよくわかる1冊。HPも併せてみておくべし。

  • "日本"という大きな単位ではなくて、(個人、)街、地域、地方のプレゼンスを世界に発信していくんだという肚決めと、それを実現する機動的な社会システムが必要だと訴える一冊。

  • 大阪都構想の背景と考え方に関する本

  • 橋下さんのいう広域行政と基礎自治体の役割分担や
    大阪府の真ん中に大阪市があることによる二重行政の解消も
    理解できる。

    ただ、それが国政につながるのが分からない。

    権力を取らないと貫徹しない部分はあるだろうけど話が
    飛躍してると思う。

    この本の内容は完全に同意。

  • 大阪都構想について各政党の合意が得られた、とのニュースもあり今更ながら読んでみた。
    日本の行政システムが時代に合っていないとの主張は正しいと思う。
    日本人は現状にグチグチ言うクセに変化を嫌う。みんながベストと思う案など無いのだから、やってみてダメならまた新しく考えてどんどん変化していけばいい。大阪都構想だって30年後には時代に合わないものになっているかもしれないのだから。

  • 世間で話題の「大阪都」について説明されている。
    人事でもなく、やり方でもなく、システム(体制)を変革することが、
    今の大阪には必要と説く。

    ただ、これは別段大阪に限った事ではなく、
    業績回復を目指して苦戦苦闘している日本企業にも同じく必要なのだ、
    と感じられた。

    そういった訳で、夜中目をこすりながらでも、少しずつでも読み進め、その先が知りたいと感じる事が出来た本である。

    本は目指す姿を描いたのみに過ぎない。これから実際に、どのような形になっていくのか、橋下さんの手腕に注目したい。

著者プロフィール

タレント、作家、元大阪市長

「2019年 『実行力 結果を出す「仕組み」の作りかた』 で使われていた紹介文から引用しています。」

体制維新――大阪都 (文春新書)のその他の作品

橋下徹の作品

ツイートする