さよなら! 僕らのソニー (文春新書)

著者 :
  • 文藝春秋
3.40
  • (38)
  • (104)
  • (125)
  • (35)
  • (10)
本棚登録 : 824
レビュー : 162
  • Amazon.co.jp ・本 (292ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784166608324

作品紹介・あらすじ

ウォークマンに代表される「技術のソニー」ブランドはなぜかくも凋落してしまったのか。それを解くカギは大賀、出井、ストリンガーと続く経営陣の知られざる暗闘にある。そして、経営の失敗がいかに企業ブランドに影響を与えるか、その恐さが見えてくる。ソニーで起こっている経営問題は決して他人事ではない。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 非難ばかり

    結果から悪いところばかり取り上げて、たらればで責め立てるのは簡単

  • 日本を代表するメーカー、ソニー衰退の裏事情。
    かつてのソニーは、高品質な製品を作る代表的な企業として有名だったが、創業者亡き後、徐々にその評判が低下し現在では普通の電機メーカーになってしまった。長年ソニーを取材し続けてきた著者は、経営の度重なる方針転換が現在の状況を招いたと考える。時代をリードする技術を持ちながら、それを製品に生かせなかったこと。時代の流れを読み切れず、ユーザーの志向の変化についていけなかったこと。創業時の指針に反し、メーカーでありながら、コンテンツビジネスを重視したことで、核となる収益手段を失ったことが要因と指摘する。経営者が会社を纏めきれないことも原因としている。
    著者は、様々な問題を抱えて、昔のような優秀な製品を生み出すソニーは戻ってこないと考えている。
    若い頃、ソニーの製品を買った人達は、みんな誇らしげでした。ソニーは高性能の代名詞で、高価でなかなか手が出ないので、持っている人が羨ましかった記憶があります。
    また、優秀な企業として、多くのビジネス書に成功例として採り上げられていたのを思い出します。しかし、創業者が相次いで亡くなった頃から、革新的な製品が出なくなり業績が悪くなってきている印象があります。この本を読むとその理由が判るような気がしました。

  • ソニーの創業から現在に至るまでについて書かれた本。過去技術のソニーとしてエレクトロニクス業に特化した事業を展開し、ウォークマンなど画期的で人々の琴線に触れる商品を供給してきた。しかしながら、昨今ではストリンガー会長のエンターテイメント重視の経営より、技術力は衰退し、革新的な商品が生み出されなくなっている。またこれに伴い技術力の高い人材がサムソンやLGへ流出するという事態まで起きている。アメリカは元来製造業はうまくいかず、エンタメ重視の経営で評価されてきた。そのアメリカのストリンガー氏を会長に据えるのは技術のソニーの終焉を意味する。また、ストリンガー氏は日本のソニーの会長でありながら、日本には月に1週間程度しか滞在しない。さらに、重大な問題が起きたときにも自ら謝罪の場に立つのでなく、現場のトップに謝罪させる。このように現在のソニーは創業者である盛田氏による技術のソニーとしての面影はない。さよなら僕らのソニー。

  • これが現実なのか、と思ってしまうが大企業、グローバル企業はこういう問題をいつもはらんでいることだと思う。

  • 企業の衰退について。

  • ソニーの迷走を経営陣に焦点を当ててまとめた本。出井氏やストリンガー氏の経営方針が井深氏、盛田氏が創った古き良きソニーをどう変えてしまったかと切々と著している。

    ソニーファンであった著者のソニーへの愛を感じるが、ソニーとの別離(=ソニー復活の諦め)の宣言ともとれる。

    『週刊ダイヤモンド』の特集「さようなら!伝説のソニー」とセットで購入。

  • 小泉政権の三角合併の導入により日本企業の外国人株主が増え、会社は株主のものになった。これにより、実力がある者よりも株主の言いなりになる者が社長になり始めた。株主にとっては目先の利益が大事であり、会社がどうなろうと興味ないのである。

  • ソニーと聞いても、昔ウォークマンを作っていて、今はパソコンやゲーム機のメーカーというイメージしかない。
    映画や音楽のコンテンツを購入するにしても、ソニーだから買うのではない。

    そういう意味で、自分にとってはすでに単なる一企業でしかなく、実際この本で説明しているソニーの目指している将来がくれば、おそらくソニーは存在感のない単なる一企業になってしまうのだろう。

    果たして「盛者必衰」なのか、それとも「奇跡の復活」があるのだろうか。

  • ソニーの音質に魅せられていた著者。近年の迷走ぶりを嘆く。

    技術者流出
    ・DRCの近藤哲二郎 I3研究所に独立
    ・TVの徳原正春 サムソン
    ・辻野晃一郎 グーグル社長、2010より独立アレックス
    ・前田悟 JVCケンウッドでRYOMA、2011より独立
    ・アイボ天貝 2010独立モフィリア
    ・業務モニタ尾上 LG電子ジャパン

    出井批判
    ・大賀会長は後に後継者選びを後悔してた。
    ・EVA導入と25ものカンパニー乱立。
    ・後半は外に感心。サンバレー会議から。

    ストリンガー批判
    ・ピーク 2008/3 過去最高売り上げ、利益 資産売却1000億、為替3000億の下駄
    ・4人の腹心
     1.ウィーゼンソール ウォール街出身
     2.セリグマン 弁護士 不適切な関係 取締役会事務局 真崎氏を追い出す
     3.藤田 人事
     4.ハウス 英語教師から役員
    ・2つのこぶ 中鉢、井原
    ・報酬 8億6千万 セリグマン2億

  • 日本人として胸が熱くなる本。

全162件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

ノンフィクション作家、ジャーナリスト
 1950年、福岡県北九州市生まれ。中央大学大学院法学研究科修士課程修了。経済誌編集者や週刊誌記者を経て、1988年独立。
 92年に『覇者の誤算─日米コンピュータ戦争の40年』(日本経済新聞社)で第15回講談社ノンフィクション賞を、2000年に『魔術師─三原脩を西鉄ライオンズ』(文藝春秋)で99年度ミズノスポーツライター賞最優秀賞を受賞する。
 著書に、『ソニーと松下』(講談社)、『さよなら! 僕らのソニー』(文春新書)など多数。

「2017年 『日本企業が社員に「希望」を与えた時代』 で使われていた紹介文から引用しています。」

さよなら! 僕らのソニー (文春新書)のその他の作品

立石泰則の作品

さよなら! 僕らのソニー (文春新書)を本棚に登録しているひと

ツイートする