100歳までボケない101の方法 実践編 長寿者9人のアンチエイジング (文春新書)

著者 :
  • 文藝春秋
3.17
  • (1)
  • (2)
  • (1)
  • (1)
  • (1)
本棚登録 : 31
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (256ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784166608553

作品紹介・あらすじ

「見た目の若さ」が気になり始めたときこそ、アンチエイジングに取り組むチャンスです。見た目が若い人ほど、体も頭も健康なまま長生きできるからです。最新の研究結果を盛り込んだ国民的ベストセラー第二弾。百寿者への道も、今日の一歩から。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 長寿の秘訣(呼吸と瞑想で脳内ミトコンドリアを活性化―中曽根康弘・93歳
    ときめき脳と断食の効用―瀬戸内寂聴・89歳 ほか)
    長寿のための長期計画35の法則(食事篇(野菜ジュース、果物ジュースを日課にする
    血糖コントロールにも野菜・果物ジュース ほか)
    運動篇(便利に流されず、こまめに体を動かす
    運動は三日坊主にしない ほか)
    生活篇(今からでも遅くない禁煙
    声を出して読む、歌うことが脳を刺激する ほか))

  • 健康に長生きするには、生活習慣に留意し、いきいきと毎日を過ごすこと。
    それほど目新しいことが書いてあるわけではありませんが、実際に長生きしている方々の体験が書いてあるだけに、説得力があります。

全2件中 1 - 2件を表示

著者プロフィール

●白澤 卓二[著]……お茶の水健康長寿クリニック院長。医学博士。専門は、寿命制御遺伝子の分子遺伝学、アルツハイマー病の分子生物学など。日本のアンチエイジング研究の第一人者。著書は『100歳までボケない101の方法』(文藝春秋)など300冊を超える。テレビの健康番組では、わかりやすい老化防止解説が好評を博している。

「2019年 『階段を「下りる」人はなぜ寝たきりにならないのか?』 で使われていた紹介文から引用しています。」

白澤卓二の作品

ツイートする