あなたは生まれたときから完璧な存在なのです。 (文春新書)

著者 :
  • 文藝春秋
3.23
  • (2)
  • (3)
  • (5)
  • (2)
  • (1)
本棚登録 : 50
感想 : 8
  • Amazon.co.jp ・本 (220ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784166609789

作品紹介・あらすじ

なぜ、こんなに生きづらいのか。「どんなに弱い人でも、どんな苦しみの中にいても、人はたった一つのことを知るだけで必ず幸せに生きることができるのです」スタンフォード大で教鞭をとり、世界中から講演の依頼がたえない82歳の「伝説のシスター」はこう語ります。60年もの間、人々の心を危機から救ってきた魂のことば。あなたを幸せに導く「自分軸」のやさしいレッスン。「ありのまま生きる」といいますが、「ありのまま」とはいったいどういう意味なのでしょう。・人と自分をいつも比較したり、人の目ばかり気にしてしまう・周囲への不満でイライラしてばかり・今の自分が好きになれないそんなときにこそ、この本を手にとってみてください。著者は、カトリックの修道院で8年間塀の外に一歩も出ない厳しい修行生活を送ったのち、ある体験をきっかけに死にゆく人のそばに寄り添うことを続けてきました。エニアグラムという人間学・心理分析の手法を日本に初めて紹介したことでも知られ、著書は44万部のベストセラーになり、人間学の専門家、セラピストとしても多くの人の心の支えとなっています。「あなたは、あなたのままでいいのです。あなたのままでいなくてはいけないのです」心をそっとやさしく溶かすシスターの温かなメッセージ。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 悩んでいたときに、知人が貸してくれた一冊。
    ありのままの自分を受け入れるということ。
    筆者が言うように、生まれたときから完璧だ、とまでは思えないが、背伸びせず、今の等身大の自分を受け入れることの重要性は理解できる。
    途中の様々な体験談等については色々と思うところはあったが言及はしない。
    考えさせられる内容だった。

  • 気持ちが穏やかになる一冊。

    誰かと比べずにそのままの自分を愛すこと。
    辛いことがあっても人生には意味がある。

    今日から今日あった良いことを実践していこうと思う。

  • S159-ブン-978 300426285

  •  大きなピースを使って、人生を描く。ジグソーパズルの美しさは、著者の臨死体験や多年にわたるカウンセリングの経験が後押ししていると思う。オーソドックスな無難な人生を応援する啓蒙書といったところか。

  • どう あっても いい
    こう あっても いい

  • 本当に世の中にはなんでこんな残酷なことが…と思うようなことが書かれてあった。
    そこへの捉え方もあったが、そこはまだしっくりこない。自分がその立場になったら、そう考えられない気がする。
    それよりも、シスターは所有しないという生き方が気になった。

  • 【シスター鈴木の「幸福の処方箋」】数多くの人々の心を危機から救ってきた聖心会のシスターの魂の言葉。なぜあなたは幸せでないのか? 自分軸の感覚を鍛えるメソッド。

  • 自分を幸せにしてあげるためには、自分が本当はどのようにありたいと願っているのかを知る必要がある。
    神の愛のもとでは、この世に勝ちのない人など1人もいない。
    ボロボロになってもくしゃくしゃになっても、自分は変わらない。
    あなたは生まれたときから、すでに完璧なのです。自分の価値を信じましょう。信じるとは頭で理解できたり心で感じられたりしなくとも、確信を持つこと。

全8件中 1 - 8件を表示

著者プロフィール

鈴木秀子(すずき ひでこ)
東京大学大学院人文科学研究科博士課程修了。
フランス、イタリアに留学。聖心女子大学教授を経て、国際コミュニオン学会名誉会長。聖心女子大学キリスト教文化研究所研究員・聖心会会員。文学博士。
1980年代 後半に、日本にはじめて、エニアグラムを紹介し、以後日本におけるエニアグラムの第一人者として、高い評価を得ている。
全国および海外か らの頻繁な招聘、要望に応えて、「人生の意味」を聴衆と共に考える講演会、ワークショップで、さまざまな指導に当たっている。
著書に『死にゆく者からの言葉』(文藝春秋)『愛と癒しのコミュニオン』(文春新書)『9つの性格』(PHP文庫)、『シスター鈴木秀子の愛と癒しの366日 新装版』(海竜社)『機嫌よくいれば、だいたいのことはうまくいく。』(かんき出版)『人はいつか死ぬのだから 小さな「気づき」は人生の恵み』(PHP研究所)などがある。

「2022年 『子どもを「傷つける」のも「癒す」のも親次第』 で使われていた紹介文から引用しています。」

鈴木秀子の作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×