「ドイツ帝国」が世界を破滅させる 日本人への警告 (文春新書)

制作 : 堀 茂樹 
  • 文藝春秋 (2015年5月20日発売)
3.33
  • (15)
  • (74)
  • (100)
  • (21)
  • (6)
  • 本棚登録 :692
  • レビュー :101
  • Amazon.co.jp ・本 (232ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784166610242

作品紹介

冷戦終結と欧州統合が生み出した「ドイツ帝国」。EUとユーロは欧州諸国民を閉じ込め、ドイツが一人勝ちするシステムと化している。ウクライナ問題で緊張を高めているのもロシアではなくドイツだ。かつての悪夢が再び甦るのか?

「ドイツ帝国」が世界を破滅させる 日本人への警告 (文春新書)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 現在のドイツについてこの視点はなかった。政治・経済の優等生で、いちはやく脱原発に向かう、国民の意識の高さと民主主義。EUの経済を牽引する勤勉さとその成果。おしなべて良いイメージを持っていた。

    しかし人口学者エマニュエル・トッドの見方は違う。

    ソ連の崩壊の予測を人口の推移データから的中させ、グローバリズムをアメリカニズムと切り捨ててその帝国の衰退を予言するフランス人の彼が見るドイツは、EUを事実上牛耳り、新たな経済圏を東へと拡張してロシアに迫らんとしている、無邪気にして尊大な帝国の復活である。

    ウクライナ問題にしても、西側の報道には現れない、別の側面が存在する。EUが肩入れする現政権がナチスに親しい極右勢力であることも、今は問題視されていない。

    あまりに強大になったその力を押さえる勢力はもはやEU内には存在しない。その脅威を論じる人間は少ないようだ。


    物事には必ずカウンターとなる意見があり、それを丁寧に読むことはきっと大切なことなのだと思う。

  • トッド氏が、最近インタビューで述べた言説をまとめたもの。
    内容は、フランス民主主義の崩壊、ドイツの覇権の浮上、ロシアとの紛争の激化などです。
    歴史家、人類学者、人口学者の立場で、ヨーロッパ社会の過去、現在、未来を論じており、ところどころで、日本のことにも触れている。
    内容ですが、
    1 ドイツがヨーロッパ大陸を牛耳る
     自ら進んでドイツに隷属するようになったフランス
     ウクライナ問題の原因はロシアではなくドイツ
     ドイツがヨーロッパ大陸を牛耳る
     アメリカとEUの産業上の不均衡
     アメリカと「ドイツ帝国」の衝突
    2 ロシアを見くびってはいけない
    3 ウクライナと戦争の誘惑
    4 ユーロを打ち砕くことができる唯一の国、フランス
    5 オランドよ、さらば!――銀行に支配される
                  フランス国家
    6 ドイツとは何か?
    7 富裕層に仕える国家
    8 ユーロが陥落する日

    この本が出てから、イギリスのEU離脱があり、オランドの再選不出馬表明があったり、トッド氏の未来予測はとっても興味深いものであります。

  • ちょっとトリッキーに喋り過ぎて、暴論ぶちまけた感がある。寡頭金融支配層が世の中を都合良く動かしている現状を打破するには、輪転機を回すこと。つまり、国家の負債先は金持ちであり、血税が金持ちに回るメカニズムが出来上がっている。それを直すには、政府債務のデフォルトなのだろうか。

    金持ちが世の中を支配する構図は、我々誰しもが気付いている。いや、我々が金に支配されていて、その金が自動的に与えられる階級が存在するという事実がある、と言うべきか。お金の暴走を防ぐために、一応の法律が設けられてはいる。そのため、我々は、完全にお金の奴隷になるわけではない。お金があっても、今すぐ人を立ち退かせたり、その人の妻を奪う事は許されない。あくまでも、法律上は。

    しかし、この限界を超える方法がある。政治に介入し、法律を変えたり、軍事介入、国家間バランスの操作…。民間の生きやすさの指標は、人口統計しかないのか?ドイツという国を通じ、考えさせられる一冊である。

  • 普段とは畑の異なる本をと思い、買い求めましたが、あまりにも畑が違いすぎました。
    書いてあることがさっぱりわからない。
    しかしながら、決して著者にも非はありません。
    単に私の理解力不足によるものです。
    以上の理由から、評価の星はつけることはいたしません。
    己の教養のなさを痛感する2015年最後の読書でございました。
    付箋はわずか二枚のみつきました。

  • 筆者はフランスの歴史人口学者、家族人類学者さん。
    プーチンのロシアをすごく評価しているように感じた。ドイツという国、国民をとても警戒していて、そして母国フランスの理念(私は「自由と平等」を重んじてるのだなと感じた)を実行できずにいる政府へ失望している。
    家族人類学者というだけあって、話題の中で家長父制についても言及してる。ドイツと日本にあてはまると。
    人口学的なデータは他のデータよりも捏造しにくいという話は興味深かった。

  • 正直、ユーロ巡る問題でドイツは嫌いだけどドイツの有権者が意図してるわけでも
    ドイツ国民自体がドイツ拡大の恩恵をさほど受けてはいない点は勉強になった

  • EUの中心で勢力を拡大するドイツ。過去を反省し補償を厭わないことで、日本もドイツに学べと息巻く向きも多いようだが、勤勉さや家族体系に共通点はあっても、日本とドイツはやはり異なる国家なのだと改めて感じた。著者はフランス人であり、ヨーロッパ大陸の中央から世界を見ている。ロシアは戦争の機会を狙っているのか。アメリカは強さを取り戻せるのか。そしてフランスはドイツの独走を止めることができるのか。歴史人口学者の穏やかだが確固とした言葉に、物事を別の視点から見ることの大切さを感じた。

  • ドイツというか、ドイツが中心になったEUか。
    ロシアへの考えも面白い。なんつっか、途中からどうでもよくなって、果てた。

  • 欧州情勢を扱ったニュース番組なんかでの際立ったメルケルの登場数を見るにつけ、ドイツがEUの主人になりつつあるのかな、と感覚的にはわかっていたけど、つまりそれは、ユーロを守るためにといっては各国に緊縮財政を強いることでリアルにEUを実効支配している今のドイツの姿だってことだった。そしてそのドイツに隷属している母国フランスへの、著者の嘆き節を読むと、やはり日本での見え方とはちょっと違うヨーロッバ諸国の姿が見えてくるのが面白い。ドイツはもともとが家父長制度の国で、規律を受け入れ全体のためにひとつにまとまろうという意志が強く、また持ち前の産業技術力と旧東欧諸国の低賃金労働をとりこんでいく一方で、自由と平等を第一とするフランス始め、ドイツのようには緊縮財政も給与の引き下げも国民性として受け入れられず、かといってEUから抜けられないため平価の引き下げも許されないという他のEU諸国との相対で、とびぬけた貿易黒字をあげ一人勝ち状態になっているという著者の分析は明快だ。西側から見ると脅威といえばロシアとイメージしがちだが、それが過去のイメージにとらわれたもので事の本質ではない。そういった目でウクライナ問題をながめてみると、だいぶ認識が変わってくるのだ。

  • 著者はフランスの歴史人口、家族人類学者。
    最近の欧州の混乱は一体なんだろうと思ったのがきっかけで、本書に辿りついた。
    欧州はドイツ帝国の支配下にあるというのが、最初のインタビューの趣旨だが、これが一番ユニークで興味深い。
    EUで東欧に拡大したドイツには、社会主義国家で高水準の教育を受けた労働力が手に入り経済復活に拍車がかかった。
    フランスはドイツに頭が上がらなくなってるし、事実上の被支配国としては昨今の危機に陥ったギリシャ、イタリア、スペインなどが取り込まれ、ロシア嫌いの国々(スウェーデン、バルト三国、ポーランド)も寄ってくる。。。
    そしてドイツ帝国を一つとしてみた時の国力と、米国のそれとはほぼ拮抗する状況にまで迫っているという。
    ここを学者らしく、いくつものデータで示しているのが面白い。
    日本との類似性として、長子を優遇してきた家族構造を取り上げているのが独特。
    それがいくつもの価値観を産み出し、産業社会へと繋いでいったとか、そこが両国の経済活動の類似点にも通じているのだそうな。
    ついでに高齢化社会という点でも似ているらしい。
    ただ権威の分散性が異なる点で、両国は大きく違うという。

    ドイツ文化には二つの危険性があるとの主張。
    一つはメンタルな硬直性。
    欧州金融危機でも散々発揮されてきたように、徹底的に財政規律を守らせようとしてきた姿勢は硬直性そのものかもしれない。
    もう一つはリーダーの心理的不安。
    組織構造内はスムーズに進むも、頂点に立つリーダーだけは煩悶にさらされるつらさ。
    ドイツの持つ硬直性に欧州各国をも従わせようとするとき、ある種の内政干渉になりかねない運営への責任が、リーダーだけにのしかかる時の不安さ。
    それがドイツをあらぬ方向に走らせると感じているような。

    他ではあまり見たことないようなドイツの捉え方は、家族制度こそが社会の価値観を産み出すとする著者独特の視点によるものだろう。
    この考え方にそった理論展開は面白かったのだが、フランス内政の話(オランド批判)は少々ローカルすぎて分かり難いのが玉に瑕。

全101件中 1 - 10件を表示

「ドイツ帝国」が世界を破滅させる 日本人への警告 (文春新書)のその他の作品

エマニュエル・トッドの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
トマ・ピケティ
ジェイコブ ソー...
有効な右矢印 無効な右矢印

「ドイツ帝国」が世界を破滅させる 日本人への警告 (文春新書)はこんな本です

「ドイツ帝国」が世界を破滅させる 日本人への警告 (文春新書)を本棚に登録しているひと

ツイートする