天才と名人 中村勘三郎と坂東三津五郎 (文春新書)

著者 : 長谷部浩
  • 文藝春秋 (2016年2月19日発売)
3.88
  • (3)
  • (8)
  • (5)
  • (0)
  • (0)
  • 本棚登録 :51
  • レビュー :1
  • Amazon.co.jp ・本 (255ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784166610662

作品紹介・あらすじ

歌舞伎界屈指のサラブレッド、名門の天才坊やとして早くから注目された勘三郎と、渋い脇役の家に重い期待を背負って生まれた三津五郎。相次いで世を去った二人の名役者は、奇しくも同学年に生まれた──。勘三郎と三津五郎が並んで踊っていると「フジテレビとNHKが踊っている」と三津五郎の叔母に冷やかされたという。明るくてひょうきんな持ち味の勘三郎がフジテレビ、端正で基本に忠実な美しさを湛えた三津五郎さんがNHK、というわけだ。生い立ちも、性格も、藝も、すべてが対照的だった二人は、しかし、他人には窺い知れない絆で固く結ばれていた。「名人はどんなに曲がった形になっても、お尻の穴から頭の上へ、一本の棒が通ってますよ。寿さん(三津五郎)がそうで、僕もそれを心がけてる」(勘三郎)「幼い時から切磋琢磨してお互いに競ってきました。もう二度と一緒にやれないかと思うと、人生の半分をもぎ取られたような、何とも埋めようのない喪失感に襲われています」(勘三郎が亡くなったときの三津五郎のメールより)天真爛漫な天才が人生ではじめて抱えた鬱屈、謙虚な名人が覗かせた譲れない意地。宿命の星の下に生まれた二人は、藝の世界で、短くも激しく火花を散らしてこの世を去った。生前、親交の深かった劇評家が明かす不世出の役者たちの知られざる物語。

天才と名人 中村勘三郎と坂東三津五郎 (文春新書)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 初読。図書館。勘三郎と三津五郎が亡くなった後に書き始められたためか、「もう二人の芸を見ることはできないのだ」という無念さや悲嘆が通奏低音のように全編に流れていて、その思い入れに引きずられるように涙する。人はいつかは死ぬものだが、二人にはまだまだこれからの未来が楽しみであったし、また伝えるべき芸が伝えきれなかったという心残りもあり、はやり「早すぎた」としか言いようがない。ここ数年、襲名、初お目見え、初舞台と華やかな話題には事欠かない歌舞伎界。大きな星を失いながらも連綿と続いていく歌舞伎の底力を信じている。

全1件中 1 - 1件を表示

天才と名人 中村勘三郎と坂東三津五郎 (文春新書)のその他の作品

長谷部浩の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
中村 文則
原田 マハ
西 加奈子
三浦 しをん
國重 惇史
有効な右矢印 無効な右矢印

天才と名人 中村勘三郎と坂東三津五郎 (文春新書)はこんな本です

ツイートする