僕たちが何者でもなかった頃の話をしよう (文春新書)

  • 文藝春秋
3.76
  • (17)
  • (35)
  • (27)
  • (2)
  • (2)
  • 本棚登録 :437
  • レビュー :45
  • Amazon.co.jp ・本 (208ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784166611188

作品紹介・あらすじ

どんな失敗をしてもいい。学生時代にやった失敗は絶対に無駄にならない。――第一章・山中伸弥ある種の小さな挑戦とか、冒険、あるいは身近で未知なるものに出会うという機会を求めていくことは、非常に大切なのではないかと思います。――第二章・羽生善治僕はこの仕事を始めたころ、なぜ撮るんだろうという、すごく根本的なことで悩んだことがありました。――第三章・是枝裕和自分にしかできないことは何だろうと、思っていたほうがいい。あなたというのは、この世にひとりしかいないんだから。――第四章・山極壽一あんな偉い人でも、なんだ自分と同じじゃないかということを感じ取ってほしい――永田和弘

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 久々にワクワクする新書

  • 歌人の永田和宏氏がホストで私の好きな是枝監督、ipsの山中教授、(他将棋の羽生氏、山極氏)との対談集。
    ここまで一角の人物になるにはいろいろな苦労や下積みがあったからこそ。そこであきらめたり腐ったりしてたらそこで終わりだものね。
    あきらめない才能ってあるんだね。

  • 何においても、まず、とても読みやすい。
    新書とは疎遠の人間でもサラサラ〜っと読めてしまう。特に聞き手や対談相手に生物寄りの研究者の先生が多いこともあって、高校生物程度の知識がある人ならなおさら読みやすいのではないかな(少なくとも生化学をかじった私にはストンとくる話が多かった)。
    あと、帯の先生方の笑顔がとても良い。私はタイトルよりも、聞き手よりも、対談相手よりも、なによりも帯に惹かれて買ってしまった。いい買い物だった。

  • 各界を代表する人物がそれぞれの人生を振り返り語った講演の記録。

    羽生氏や是枝氏の章を読んでいて、先入観を捨てて、思考の枠組みを限定しないで物事を考えることの重要性を感じた。しかし、それは自分の中にしっかりとした思考の軸があるからこそ可能になるわけだが。

    そして「何者」でもないということは、逆に言えば「何者」にでもなれる可能性があるということだから、それを実現するために、自分のやるべきことを見極め一つずつこなしていこうと思った。

    「クリエイティブなことをしようと思ったら、先入観を完全に頭の中から消し去るのが理想です。それが難しくても思い込みはとりあえず脇に置いて、様々な可能性を排除することなく、まっさらな状態になってどう見えるかを考える。それが、新たなものを生み出す第一歩になるのではないでしょうか。」
    「先入観が崩れないとワクワクしないんです。映画監督がそういうものなのかどうかはわかりませんが、今、何かおもしろいことが起きた、おもしろいことが生まれていると感じる反射神経や動体視力がカメラマンに必要なのは当然ですが、実は監督にこそもっとも求められる能力ではないかと思っています。」

  • 「若い人に贈る読書のすすめ2018」で紹介の本。
    iPS細胞の山中氏の話。意外とこの人、フランクなんだなあと思った。研究者って発想豊かだから、あんがい、こういう人が多いのかも。

  • 159

  • 159.7||Y34

  • 「どこかで聞いたようなタイトルwww」と、最初はちょっと侮っていたけれど、とてもおもしろくていろんな示唆に富んでいた。なるほど、このタイトル以外あり得ないよなぁ。永田先生の思いが伝わってくるようだ。
    図書館で借りて読んだけど、買おうかな。

  • 講演会を聞いているイメージで、読み進められた。
    仕事に悩んだ時に読み返したくなる。

  • 山中さんと羽生さんの部分を読んだ。本のテーマとしては、この人たちも同じ人間なんだ、と親近感を持ってもらうところに目標があったようで、確かに、山中さんは偉人伝を読んだ時のような別次元感はなく、自分も、、、という気持ちになったが、羽生さんはやっぱり異次元だった。

    両者とも、それぞれの専門領域で見つけた勘所を語っていて、とても勉強になった

全45件中 1 - 10件を表示

僕たちが何者でもなかった頃の話をしよう (文春新書)のその他の作品

山中伸弥の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
宮下 奈都
三谷 宏治
恩田 陸
メンタリストDa...
本谷 有希子
村田 沙耶香
有効な右矢印 無効な右矢印

僕たちが何者でもなかった頃の話をしよう (文春新書)はこんな本です

僕たちが何者でもなかった頃の話をしよう (文春新書)を本棚に登録しているひと

ツイートする