コロナ後の世界 (文春新書)

制作 : 大野和基 
  • 文藝春秋
3.57
  • (10)
  • (31)
  • (35)
  • (5)
  • (0)
本棚登録 : 353
レビュー : 34
  • Amazon.co.jp ・本 (202ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784166612710

作品紹介・あらすじ

新型コロナウイルスが国境を越えて感染を拡大させる中、現代最高峰の知性6人に緊急インタビューを行い、世界と日本の行く末について問うた。このパンデミックは人類の歴史にどんな影響を及ぼすのか?これから我々はどんな未来に立ち向かうのか?世界史的・文明論的な観点から、冷静かつ大胆に2020年代を予測する。[主な内容]・ジャレド・ダイアモンド「21世紀は中国の時代にはならない」(カリフォルニア大学ロサンゼルス校地理学教授。著書『銃・病原菌・鉄』)・マックス・テグマーク「AIで人類はもっとレジリエントになれる」(マサチューセッツ工科大学教授。著書『LIFE3.0 人工知能時代に人間であるということ』)・リンダ・グラットン「ロックダウンが日本人の新しい働き方を生んだ」(ロンドン・ビジネススクール教授。著書『ライフシフト 100年時代の人生戦略』)・スティーブン・ピンカー「人間の認知バイアスが感染症対策を遅らせてしまった」(ハーバード大学心理学教授。著書『21世紀の啓蒙 理性、科学、ヒューマニズム、進歩』)・スコット・ギャロウェイ「パンデミックでGAFAはますます強大になっていく」(ニューヨーク大学スターン経営大学院教授。著書『the four GAFA 四騎士が創り変えた世界』)・ポール・クルーグマン「経済は人工的な昏睡状態。景気回復はスウッシュ型になる」(ノーベル経済学賞受賞者。著書『格差はつくられた 保守派がアメリカを支配し続けるための呆れた戦略』)

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • タイトルから、コロナによって世界がどう変わるか書いてあるのかと思いましたが、コロナだけでなく、各インタビュアーの専門分野の世界がどうなっていくのか、簡単に要点が述べられていました。

    一番心に残ったのはジャレド・ダイアモンド氏が「危機を乗り越えるために最も効果的なことは、まともな政治のために投票に行くことである」と述べられていたことです。

    今ほど政治家の手腕の重要性が問われる時代もそう多くないと思います。

    以下、要点をまとめました。

    第1章 独裁国家はパンデミックに強いのか
    ジャレド・ダイアモンド(82)
    『銃・病原菌・鉄』著者

    ●方策の第一は私たちが家にいること。
    (集団免疫を獲得するべきだという考え方もある)
    ●21世紀が中国の世紀になることはない。
    ●危機を乗り越えるためにできる最も効果的なことは、まともな政治の投票に行くことである。

    第2章 AIで人類はレジエントになれる
    マックス・テグマーク(53)
    マサチューセッツ工科大学教授

    ●パンデミックと戦うことは情報戦。
    AGIは、完成すれば人類の歴史上もっとも影響が強いテクノロジー。
    ●AGIの一回のエラーが「人類の終焉」を引き起こすこともあり得るし、AGIを手に入れた独裁者が地球のすべてをコントロールするために使うことも考えられる。

    第3章 ロックダウンで生まれた新しい働き方
    リンダ・グラットン(65)
    ロンドンビジネススワーク教授
    『ワーク・シフト』『ライフ・シフト』著者

    ●「働き方改革」を成し遂げる絶好の機会を得た。
    ●「healthy aging」(健康を保ちつつ歳を重ねることの重要性)
    ●「年寄り」と言っていいのは80歳以上。
    ●日本は世界各国と比べて「健康寿命」が非常に長い。
    ●テクノロジーが発達した未来では、我々の仕事により、”人間らしい力”が求められている(共感力、創造力、理解力、交渉力、英語力)

    第4章 認知バイアスが感染症対策を遅らせた
    スティーブン・ピンカー(65)
    ハーバード大学心理学教授・進化心理学
    『暴力の人類史』『21世紀の啓蒙』著者

    ●原発やAIよりも懸念すべきは核兵器。
    我々は格差よりも「アンフェアネス(機会の不公平性)」に重点を置くべき。

    第5章 新型コロナで強力になったGAFA
    スコット・ギャロウェイ(55)
    ニューヨーク大学スターン経営大学院教授
    『the four GAFA』著者

    ●GAFAの中で最も生き残る可能性のあるのはアマゾン。
    ●今回(コロナ禍での)最大の驚きは二流大学の混乱。
    ●GAFAは何十億人もの生活の価値を高めていますが、彼らの目的はがんの撲滅や貧困の根絶ではなくつまるところ金儲け。

    第6章 景気回復はスウッシュ型になる
    ポール・クルーグマン(67)
    経済学者

    ●これから感染症対策が問題となっていくのは、地方の貧しい地域。経済を回すことを優先させることよりも、まずは感染症対策の最前線にいる医療機関と経済的シャットダウンで打撃を受けている人たちをサポートすべき。
    ●日本経済にとって最大の懸念材料だったのは、2019年10月の消費税引き上げ。
    ●パンデミックで最も大きなダメージを受けたのはアメリカ。トランプ大統領の再選によりアメリカは格差拡大。民主主義の危惧。

  • とても読みやすく示唆に富んだ本。

    特に心に残った部分は、スコット・ギャロウェイ氏が新型コロナウイルス感染症の経済への影響について、「変化の担い手」ではなく「促進剤」と述べていたこと。つまり、コロナが経済を変化させたのではなく、コロナがなくても必然的に起きていたであろう変化のスピードを速めただけ、ということである。

    変化はゆっくりの方がいい。変化のスピードが速くなるのはやはり怖い。コロナに感じる底知れぬ恐怖の原因は、そういうところにもあるのかな、と思った。

  • コロナ禍という切り口で、6人の知識人が持論を展開する。

    「ライフ・シフト」のリンダ・グラットン 「銃・病原菌・鉄」のジャレド・ダイアモンド 「the four GAFA」のスコット・ギャロウェイ そして経済学者のポール・クルーグマン...など。

    なんともすごい面子だ。

    内容については、それぞれが得意とする領域について書かれる。これからの世界情勢、AIと人工知能、働き方、GAFAの行く末、経済動向など…。たいへん知的好奇心をくすぐるラインナップ。

    すべてのパートは20〜30ページほど。さらっと読めてしまう。しかし確実にエッセンスが詰まっているのは、さすがその道のエキスパートと言ったところ。

    もし気になったパートがあれば、彼らの著作を読んで深堀りするのも良いかもしれない。そういう意味では、パンフレット的な1冊でもあった。

    無粋な言い方だけど、非常にコスパが良い一冊。幅広い読者におすすめ。

    (引用や抜粋は、書評ブログの方に書いてありますので良かったらそちらもどうぞ)
    https://www.everyday-book-reviews.com/entry/%E4%B8%96%E7%95%8C%E3%81%AE%E7%9F%A5%E6%80%A76%E4%BA%BA%E3%81%8C%E6%9C%AA%E6%9D%A5%E3%82%92%E5%8D%A0%E3%81%86_%E3%82%B3%E3%83%AD%E3%83%8A%E5%BE%8C%E3%81%AE%E4%B8%96%E7%95%8C_%E3%82%B8%E3%83%A3%E3%83%AC

  • ジャレド・ダイアモンドなら読まなきゃと思って購入したけど、他の人の話もかなり面白くて良かった。

    コロナのニュースは日夜流れているものの、一時期よりは世界的にどうなっているかを目にする機会が減ったように思う。
    中国が独裁国家であることの、ディスアドバンテージをダイアモンドは強く主張するのだが、コロナ禍にあって大胆な封じ込めが出来たのは、独裁国家であるからだという一方、隠蔽によって感染を拡げてしまったのも同じ理屈に基づくと。

    文化大革命のように教育をゼロにしてしまえるような一手を打てること、想像すると恐ろしい。

    AIについては、この本の中でも色々な視点で触れられているポイントだが、第2章では「生物兵器」と肩を並べたAIの脅威が語られているのが印象的だった。

    メディア面では、第4章の「利用可能性バイアス」の話が面白い。
    「認知心理学では、人は危険が起きる確率を、客観的な統計やデータよりも、身近なイメージや、よく聞くストーリーに基づいて判断することが知られて」いるということらしい。

    また、第5章では「怒り」によって「つながり」をもたらすビジネスモデルが挙げられていて、フェイスブックやグーグルのアルゴリズムでは、いわゆる炎上した記事は、オイシイ記事であり、無用に目立ってしまうということだった。

    二つとも、よく考えれば当たり前の話なのだけど、私たちのネットモラルを心配する声は多くあれど、炎上というシステムそのものを非難する声は、意外にも目にする機会が少ないように思う。

    確かに、私たちの自覚によってモラルというのは変えられる。
    けれど、単純に人間性に訴えるだけではない、別の角度からの切り込みが必要なのかもしれない。

  • 世界の知性も今回の事態はよくわかっていないということが改めて確認された。クルーグマンがアベノミクスをボロクソに言ってるのが凄かった→ https://twitter.com/lumciningnbdurw/status/1293683731400503296?s=21

  • だれか 助けてください !

    • 猫丸(nyancomaru)さん
      三密を避けましょう
      三密を避けましょう
      2020/08/07
    • りまのさん
      え なんでわかるの ?
      え なんでわかるの ?
      2020/08/07
    • goya626さん
      コロナはいつ収束するのか。いや終息してほしいですね。「紙背に微光あり」は極上の読書体験を約束してくれます。
      コロナはいつ収束するのか。いや終息してほしいですね。「紙背に微光あり」は極上の読書体験を約束してくれます。
      2020/08/07
  • 来年の今頃、再読。

  • 日本の問題は高齢化よりも、定年退職というシステム。まだ働くことのできる人間を市場から強制退場させるのは効率的でない。
    危機を乗り越えるためにできる最も効果的なことは、まともな政治のために投票に行くこと。

    人間は自らの文明を、もっと強靭で柔軟なものにしなければならない。

    このまま技術の進歩が続けば、それほど遠くない未来においては、AIは何かを学習するのに大量のデータを必要としなくなる。システムそのものが、自分で学習アルゴリズムを作り出す。

    発達したAIは人間の危機になる可能性もある。どうすればいいか?→私たちと同じ価値観を持ち、人間を大事にするAIを安全工学的に作ってしまう。早めに戦略や倫理基準を定め、AIを利用する際に越えてはならない一線を明確にルール化する。

    「どの分野のスキルを身につければ、将来役に立つのか?」→何を学ぶかはそれほど重要ではなく、人生を通して絶え間なく学び続ける姿勢が大切。強いて言うならば、「人間らしい力(共感力、想像力、理解力)」が付くもの。

    ポスト・コロナの人生百歳時代にあたって、重要になる要素は、「透明性」「共同創造」「忍耐力」「平静さ」

    コロナ禍で必要性が強調されたもの「サイエンス、公衆衛生、責任ある主流メディア、専門的な技能と組織、グローバルな国際協力」

    人はなぜ理性や科学による進歩を正しく認識できないのか?
    1 ジャーナリズム
    →ジャーナリズムは、どんな日でも、この惑星で起きている最悪のことを選んで報道するから。人は危険が起こる確率を、客観的な統計やデータよりも、身近なイメージに基づいて判断するから。
    ジャーナリストの責任は、世界の正確な状況を伝えること。

    格差は問題だが、格差よりも「不公正」に目を向けるべき。人間は、国が能力主義社会である限りは経済的不平等を受け入れるが、能力主義社会だと感じられなくなったときには怒りを覚える。

    フェイスブックやGoogleのアルゴリズムは中立であるが、「中立であるからこそ」問題が起こっている。それは、記事の内容に関わらず広告収入を収益源とするビジネスモデルなので、記事が見られているか?を基準に優先度をつける。では一番みられやすい記事は何かといえば、対立と激怒を煽る投稿だ。その投稿は多くの分断を生むものの、アルゴリズムからすれば「いい記事」である。

    こうした現状に対してフェイスブックは、「我々はメディアではなくプラットフォームだ」という態度を貫くことで、社会的責任を回避している。

    GAFAはパンデミックでもパワフルになる一方、全体の70-80%の企業は弱体化し、格差が拡大する。
    株価は実体経済を表しているのではなく、富裕層トップ10%の経済的繁栄を反映しているから。その10%の人々が株式の80%を保有しているため。

    NEXT GAFAとなる企業は、「時間を節約」してくれる企業になるだろう。

    EUも日本に通ずる構造的な問題を数多く抱えている。人口増加率の低さとインフレ率の低さだ。中央銀行の金融政策に効果が見られないときは、政府が行う財政政策が二人三脚になって立ち向かう必要があるが、EUには独自の政府がないため深刻な危機。
    これを解決するにはリーダー格のドイツの働きが重要だが、ドイツは財政拡大に取り組もうとする意思がない。


    まとめ

    コロナ後の世界 を読んで

    コロナは我々の生活様式を変えたものの、社会の在り方を根本的に変化させるには至らないだろう。
    ロックダウンや行動自粛で人々の生活様式は大きく変わり、仕事においては在宅勤務、オンライン会議が普及した。働き方にある程度融通が利く会社員の間では地方移住も起こっている。テクノロジーが「物理的距離」を埋めるための主要因となり、それに後押しされる形で、人々の生き方も「距離」を前提にした形にシフトしつつある。
    こうした中で、大勢の人々の人生観にも変化が起こった。働き方を見つめ直し、家族と過ごす時間を優先し、いつ仕事を失うか分からぬ世の中に備えてキャリアを見直すことも起こった。
    しかし、人々の生活様式を変えるには至ったものの、民主主義国家が社会主義国家に変わり、グローバル化を進める国が他国との繋がりを絶ちナショナリズムに傾倒するといった、国家基盤自体のシフトは起こりえないだろう。

    何故ならば、コロナ後の社会においてはなお一層、協力関係を維持しなければならないからだ。
    コロナが浮き彫りにしたのは、「社会に住む人々は、危機下では団結よりも分断の道に進むこと」である。
    全世界が均等に被害を受けたにも関わらず、国のリーダーによる対応の違いが地域による医療格差を広げた。
    また、ロックダウンによる経済停滞は貧困層から職を奪ったが、GAFAに代表されるトップ企業は業績を伸ばし続けており、経済格差の拡大が生じている。
    しかし、コロナ後の社会を持続可能なものにしていくためには、異なる立場の人々とより一層協力していかなければならない。
    何故なら、われわれは文明を、今よりも強靭で柔軟にしなければならないからだ。
    自然災害、気候変動、核戦争など、コロナよりも強力で差し迫った悲劇に世界は直面している。これらはコロナと違って、初動をミスしたら挽回することができない。危機管理の面から言えば、失敗から学ぶことのできないこれらの事象に対しては、受ける被害とその規模を「世界的スケール」で予測し、対策に織り込まなくてはならない。
    それは一国でできるものではなく、民主主義、社会主義各国が協調し取り組まなければならない課題であるのだ。

  • ノーベル経済賞受賞者、「銃、病原菌、鉄」
    「ライフシフト100年人生の戦略」、「GAFA」
    「暴力の人類史」、「LIFE3.0」
    などの著者、権威6人にアフターコロナを訊いて
    みたが、皆さん自分の著書の説明や
    ご意見だけで全然参考にならず予想できない出来事には
    世界の知性を持っても無力なんだなあと
    困惑してしまった。

  • それぞれ一家言ある方々の充実のラインナップ。一応コロナ本なんだけど、コロナを真正面から扱うと思うと肩透かしに合う。あくまでも自分の自論が語られた本。特にクルーグマン。

全34件中 1 - 10件を表示

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
リンダ グラット...
ジャレド・ダイア...
有効な右矢印 無効な右矢印

コロナ後の世界 (文春新書)を本棚に登録しているひと

ツイートする
×