新装版 竜馬がゆく (3) (文春文庫)

著者 :
  • 文藝春秋
4.07
  • (905)
  • (597)
  • (723)
  • (12)
  • (3)
本棚登録 : 5359
レビュー : 300
  • Amazon.co.jp ・本 (430ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784167105693

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • やっと勝海舟に出会う。

    この辺りからさらに、物語が転がりだすのだろう。
    いままでは長い助走に過ぎないのかもしれない。

    志を高く持つ龍馬に心が熱くなる。そして、そんな龍馬も女には弱いその落差に、人間を感じる。

    剣の道場の塾頭である長太郎とのやりとり。
    「何にでも賛成して何にでも命を投げだしてしまうのか
    (中略)
    しかし竜さん、薪は薪屋に行けば何束でもあるが、命はひとつしかないんだぜ」
    「一つしかないからどんどん投げ込むんだ。一つしかないとおもって尼さんが壺金でも抱いているように大事にしていたところで、人生の大事はなるか_」

    震えるほどかっこいい。しびれる。

  • 勝海舟の登場でいよいよ竜馬らしい展開になってきた。他の尊王攘夷志士とは違うアプローチで動き始める。やはり、坂本龍馬は凄い。

  •  浪人となった竜馬は、幕府の要職にある勝海舟と運命的な出会いをする。勝との触れ合いによって、竜馬は日本は開国して、海外と交易しなければならない、とひそかに考える。そのためにこそ幕府を倒さなければならないのだ、とも。
     自分のすべきことが明確になった瞬間だと思う。
     世の中はそんな竜馬の迂遠さを嘲うように騒然としている。反動の時代―長州の没落、薩摩の保守化、土佐の勤王政権も瓦解した。が、竜馬はついに一隻の軍艦を手に入れたのであった。

  • 竜馬の人生を大きく変える…竜馬が唯一師と仰いだ幕臣、勝海舟登場。
    海育ちで船好き、自分の軍艦と艦隊を率いて外国を討つ事こそ竜馬の掲げる攘夷。
    勝が見てきた外国の政治 産業 市民権…それは正に竜馬の想い描く日本の或るべき姿。
    海舟の師事の下、海事を学び竜馬の夢 私設海軍学校設立の為に東奔西走駆け巡る!
    そして運命の女性おりょうさん登場です。

  • 2015/1/22読了

  • 勝海舟と出会い面白くなってきました。
    「世に生を得るは事を成すにあり」良い言葉です。

  • 攘夷=勤王、開国=佐幕という風潮の中、竜馬は独自の道を歩き出した。
    勝海舟やおりょうなどが新たに登場し、続きが早く読みたい!

  • 2014.11.25
    竜馬の活躍が始まる。但し、機が熟すのを待ちながら。そして、おりょうとの出会い。
    海軍をつくり、日本を列挙から守るという竜馬独自の攘夷が始まる。

  • 竜馬がゆく(一)ご参照。

  • 30年以上前に書かれたのに全く色褪せず、読み応えはバッチリあるのにサクサク読めちゃう。ともすれば当たり前のもんとして受け入れてしまうけど、実はこれは凄すぎることですね。血なまぐさい場面も増えてきて、いよいよ乱世に突入って感じです。

全300件中 51 - 60件を表示

著者プロフィール

1923年大阪市生まれ。大阪外国語学校蒙古語学科卒業後、産経新聞社に入社。59年「梟の城」で直木賞受賞。独自の史観を駆使し、戦後の歴史小説に新風を吹き込んだ。代表作は『竜馬がゆく』『坂の上の雲』『翔ぶがごとく』など。93年に文化勲章を受章。96年に72歳で死去。

「2008年 『豊臣家の人々 新装版』 で使われていた紹介文から引用しています。」

新装版 竜馬がゆく (3) (文春文庫)のその他の作品

竜馬がゆく(三) (文春文庫) Kindle版 竜馬がゆく(三) (文春文庫) 司馬遼太郎
竜馬がゆく (3) (文春文庫) 文庫 竜馬がゆく (3) (文春文庫) 司馬遼太郎
竜馬がゆく〈3〉 (1981年) 単行本 竜馬がゆく〈3〉 (1981年) 司馬遼太郎

司馬遼太郎の作品

ツイートする