新装版 坂の上の雲 (1) (文春文庫)

著者 :
  • 文藝春秋
3.95
  • (1124)
  • (874)
  • (1115)
  • (59)
  • (17)
本棚登録 : 8703
レビュー : 808
  • Amazon.co.jp ・本 (350ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784167105761

作品紹介・あらすじ

明治維新をとげ、近代国家の仲間入りをした日本は、息せき切って先進国に追いつこうとしていた。この時期を生きた四国松山出身の三人の男達-日露戦争においてコサック騎兵を破った秋山好古、日本海海戦の参謀秋山真之兄弟と文学の世界に巨大な足跡を遺した正岡子規を中心に、昂揚の時代・明治の群像を描く長篇小説全八冊。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 中学生以来に読む司馬遼太郎作品。
    当時「燃えよ剣」を、飽きながらも頑張って読了し、そのしんどかった思い出からなんとなく避けていた彼の小説。
    最近になって近現代に興味を持ち、この本を手にとってみたところ、まさか読み易くて面白い。
    立身出世目指して幼いころから野心を滾らせ、ひたむきに疾走していく登場人物たちの姿はシンプルで良いなぁと思った。

  • 幼少期、学生時代

  • ドラマも見てみたいと思った。

  • 数年前に購入して読み始めたものの、何故か途中で挫折してそのままになっていた。。。

    久しぶりに本棚から取り出して読んだら、面白かった。

    正岡子規は教科書にも出てくるし大概の日本人なら、知っているだろう。
    でも、この物語のもう一人の主人公、秋山 好古、真之兄弟が日露戦争時に活躍した事を知らなかった(お恥ずかしいが)

    一巻は、まだまだ走りといった感じ。
    高校や大学で勉強しながら自分の将来について悩んだりしている姿は、今現在もこの明治時代の若者達も変わらない。

    物語の途中で、正岡子規と弟の真之が江ノ島まで友人と無線旅行にいく場面があるのだがそこのやり取りが面白くて、ずっと笑ってしまった。俳人になる前の正岡子規は、とても面白い人間だ。

    引き続き、二巻以降も読み進めて行く予定。

  • 今さら坂の上の雲を読んだ。

    これをよんだら正岡子規が好きになる。

    一回一回標題の説明から入るので、とてもわかりやすい。

    • 猫丸(nyancomaru)さん
      「正岡子規が好きになる」
      NHKのドラマは見ました。確かに正岡子規は人間臭くて良い感じでした。
      いつか「仰臥漫録」や「病牀六尺」を読んでみた...
      「正岡子規が好きになる」
      NHKのドラマは見ました。確かに正岡子規は人間臭くて良い感じでした。
      いつか「仰臥漫録」や「病牀六尺」を読んでみたいです。
      「坂の・・・」は、悩むところです。
      2012/07/07
  • 時の流れをいち早く汲み、そして行動する。これが正義かな。いつの時代も。

  • 人生3度めの「坂の上の雲」。「まことに小さの国が、開化期をむかえようとしている。」で始まる、司馬遼太郎氏の代表作の一つ。明治維新をとげ、近代国家の仲間入りをした日本は、息せき切って先進国に追いつこうとしていた。四国松山出身の3人の男達の物語。

  • 190523
    正岡子規、秋山好古、秋山真之 エネルギーに満ちている
    死ぬことに覚悟を決めている人たち。
    覚悟を決められる、そんな人になりたい。
    親と離れているが、家族との暮らせてることが幸せだと思う。

  • これほどまでの情報量を持ち合わせているのは神業に思えるし、時系列でうまく整理されていて感心するばかり。

  • 「楽天家たちは、そのような時代人としての体質で、前をのみ見つめながらあるく。上って行く坂の上の青い天に、もし一朶の白い雲が輝いているとすれば、 それのみを見つめて、坂を上っていくであろう。」
    明治を生き抜く人間を題材にした小説は数あれど、その全てに共通する力強さを表すには、この一文以上のものは無いと思う。
    秋山好古、秋山真之、正岡子規の三人が秘める信念を、明治という激動の時代で其々に燃やし尽くす様を、凄まじく緻密な取材に裏打ちされた司馬遼太郎の名文が見事に彩る。最近の小説には出てこない様な難しい単語が沢山現れるが、文章がとても巧みで、慣れてしまえば、長編小説といえどダレる事無く一気に読み切れる。
    今までの生き方を振り返り、今の自分を見つめ直せるような、最強の人生の教科書だと思う。

全808件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

1923年大阪市生まれ。大阪外国語学校蒙古語学科卒業後、産経新聞社に入社。59年「梟の城」で直木賞受賞。独自の史観を駆使し、戦後の歴史小説に新風を吹き込んだ。代表作は『竜馬がゆく』『坂の上の雲』『翔ぶがごとく』など。93年に文化勲章を受章。96年に72歳で死去。

「2008年 『豊臣家の人々 新装版』 で使われていた紹介文から引用しています。」

新装版 坂の上の雲 (1) (文春文庫)のその他の作品

坂の上の雲 (1) (文春文庫) 文庫 坂の上の雲 (1) (文春文庫) 司馬遼太郎
坂の上の雲 <新装版> 1 単行本 坂の上の雲 <新装版> 1 司馬遼太郎
坂の上の雲 1 単行本 坂の上の雲 1 司馬遼太郎

司馬遼太郎の作品

新装版 坂の上の雲 (1) (文春文庫)に関連する談話室の質問

新装版 坂の上の雲 (1) (文春文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする