新装版 坂の上の雲 (2) (文春文庫)

著者 :
  • 文藝春秋
3.90
  • (589)
  • (527)
  • (673)
  • (39)
  • (6)
本棚登録 : 5136
レビュー : 295
  • Amazon.co.jp ・本 (413ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784167105778

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  •  日清戦争、そして日露戦争直前期の時代となる二巻。

     歴史考証の部分が本の半分近くを占めているので、その点は読んでいてちょっとしんどかったです……。日本のことだけでなく、西南戦争やロシアの民族性、日清戦争の戦術のかなり細かい部分にも触れているのはすごいとは思うのですが、ぶっちゃけそこまで細かく書かなくても…、と思わなくもなくて……。

     そちらに話が持って行かれているので、秋山兄弟や子規のエピソードが飛び飛びになってしまい、イマイチ彼らに感情移入しにくく感じました。

     子規の死が近づいてきている描写もあり、彼が最期をどう迎えるのか、日露の対決が近づく中、そうしたところも気になります。

  • 中国メチャクチャされてますやん。
    ロシア強行すぎ。今と変わらん笑

    ナショナリズムって大事なんやね。

  • 時代の王者は国民性が時代にマッチさたから。スペインの情熱、イギリスの組織的。アメリカの善意による戦争は多い。スペイン、ベトナム、日本。
    インディアン同志で戦い滅びた。

  • 日清戦争開始前~北清事変まで。
    正直、話が壮大でどこから感想を綴れば良いのか解らなかった。しかし決して助長では無く、全く飽きずに引き込まれる点が改めて凄い作成だと思った。

    メモ… 真之「人の頭に上下などない。要点をつかむという能力と、不要不急のものを切り捨てるという大胆さだけが問題」

    要点の発見法 →過去のあらゆる型を見たり聞いたり調べ、重要度を考えた後、不必要な点を切り捨てる

    真之「人の頭はどんどん古くなり、固定観念がまとわりつく。一番怖いのは固定観念に気付かずに権力のある位置に居ること。」

  • ドラマが始まる前に、
    さっさと読み終えてたかったのに、集中力と理解力が乏しいので
    いまいち読み進めないでいる。

    子規がかっこいい。
    戦時色が強くなっていく物語の中で
    子規が出てくると、ホッとする。

    ホッとするけど、当人は病なので
    実際はハラハラなんだけど。

    文中に余談が多いけど、それはそれでおもしろい。

  • 史実にもとづきながらも登場人物のやりとりに人間味を感じる。また、とても開花期の日本の外交や内交の様子を知ることができる。当時の人間の世の中の見方も分かり、良書。

  • 230ページ
    要点の発見法は、過去のあらゆる型を見たり聞いたり調べることであった。かれの海軍兵学校時代、その期末試験はすべてこの方法で通過したことはすでにのべた。教えられた多くの事項をひとわたり調べ、ついでその重要度の順序を考え、さらにそれに出題教官の出題癖を加味し、あまり重要ではないか、もしくは不必要な事項は大胆にきりすてた。精力と時間を要点にそそいだ。

  • 全部読み終えるまで評価しない
    今の時点で面白いか面白くないかと言われると、あんまり面白くない。

    既に主人公の一人である正岡子規が死んだ。

  • NHK放送に前後して読みました

  • 日清戦争での戦いから日露戦争へ突入するまでのくだり。
    秋山兄弟の生活・軍人としての変化が分かりやすく
    そして正岡子規がどんどん弱っていく姿が儚い。
    けど、それでも正岡子規。
    吐血しながらでもすごいやる気
    これはまぢでびっくりした。
    サラッと日清戦争が終わり
    いよいよ日露戦争へと。
    日本の開国から文明化・近代化への道のりと
    中国人もそうだけどロシア人が
    なぜ日露戦争まで行き着くことになったのかを
    分かりやすく説明してある。
    秋山兄弟では好古より、真之の登場が多く
    登場のアメリカは
    まだまだ海軍としては最先端ではなかったということ。
    今まで知らないことだらけで、あぁ!なるほど!
    と頷ける第2巻。

全295件中 81 - 90件を表示

著者プロフィール

1923年大阪市生まれ。大阪外国語学校蒙古語学科卒業後、産経新聞社に入社。59年「梟の城」で直木賞受賞。独自の史観を駆使し、戦後の歴史小説に新風を吹き込んだ。代表作は『竜馬がゆく』『坂の上の雲』『翔ぶがごとく』など。93年に文化勲章を受章。96年に72歳で死去。

「2008年 『豊臣家の人々 新装版』 で使われていた紹介文から引用しています。」

新装版 坂の上の雲 (2) (文春文庫)のその他の作品

坂の上の雲 2の詳細を見る 単行本 坂の上の雲 2 司馬遼太郎
坂の上の雲 (2) (文春文庫) 文庫 坂の上の雲 (2) (文春文庫) 司馬遼太郎
坂の上の雲(二) (文春文庫) Kindle版 坂の上の雲(二) (文春文庫) 司馬遼太郎

司馬遼太郎の作品

ツイートする