新装版 坂の上の雲 (3) (文春文庫)

著者 :
  • 文藝春秋
3.95
  • (584)
  • (461)
  • (615)
  • (20)
  • (4)
本棚登録 : 4576
レビュー : 274
  • Amazon.co.jp ・本 (361ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784167105785

作品紹介・あらすじ

日清戦争から十年-じりじりと南下する巨大な軍事国家ロシアの脅威に、日本は恐れおののいた。「戦争はありえない。なぜならば私が欲しないから」とロシア皇帝ニコライ二世はいった。しかし、両国の激突はもはや避けえない。病の床で数々の偉業をなしとげた正岡子規は戦争の足音を聞きつつ燃えつきるようにして、逝った。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • これを言ってしまうと元も子もないのかもしれないけど、そもそも秋山兄弟と正岡子規を、敢えて一つの作品にまとめる必然性って、果たして何なのでしょう。そんなに交流が深かったようにも思えないし、同時代を生きた同郷の人物っていう以上の意味合いが、正直見出せないのです。そうこうしているうちに、まだ物語の序盤だというのに、子規は早々と退場してしまったし。もっと言うと、日清戦争の描写にしても、ところどころ件の兄弟の話題も交えつつ、総合的には色んな人物を登場させながら進めざるを得ない訳で、いっそ主人公なしでも良かった気がしなくもないのです。もちろん、筆者の中でも名作の誉れ高いだけはあって、物語そのものは面白いと思うのですが。これから先の展開についても、そこまでワクワクしない自分がいるのも、これまた事実なのであります。

  • とうとう日露戦争に突入。
    ロシアという超大国に戦争を挑まなくてはならなくなった日本人の気持ち、恐怖や決意、様々な感情が、現在を生きる僕の胸にもつき刺さります。
     
    この時の日本人の感情は、真之と同期で、生涯の友人だった森山慶三郎の言葉にあらわれています。
     
    「私はただうつむいてだまっていた。涙がこぼれて仕方がなかった。この時脳裏を去来したのは、ロシアに負けるかもしれぬということであった。
    二年前に公用で渡欧し、そのときポーランドを過ぎてその亡国の状を見た。戦勝者のロシア人が、どの町でもその町の主人のような態度でポーランド人を追いつかっているのを見たが、その光景が思い出されてならず、日本もあのようになるのではないかと思うと、感情の整理がつかなくなり、涙がとめどもなくなった。」 
     
    この戦争に負けたら、日本がなくなるかもしれない。
    そんな覚悟を持った当時の日本人の姿からは、多くの勇気や教訓を与えてくれます。
    決して戦争を肯定する訳ではありませんが、このような覚悟をもった人々がいたことによって今の日本があることは、日本人として知っておくべきだと思います。

  • 190919 中国大連出張行く前に読んだほうがよい。
    歴史がわかるとすごく、その国の文化が興味深く味わえる。

  • 【あらすじ】
    日清戦争から十年・・・
    じりじりと南下する巨大な軍事国家ロシアの脅威に、日本は恐れおののいた。
    「戦争はありえない。なぜならば私が欲しないから」とロシア皇帝ニコライ二世はいった。
    しかし、両国の激突はもはや避けえない。
    病の床で数々の偉業を成し遂げた正岡子規は戦争の足音を聞きつつ燃え尽きるようにして、逝った。


    【内容まとめ】
    1.明治には、国民所得の驚くべき低さという宿命的な暗さが付きまとう。
    2.ロシアと日本の戦争に対する準備は正反対。「Giant Killigno」の理由は準備の怠りと相手の軽視
    3.この頃の人物たちは、当たり前だが「武士道」や「反骨精神」を心に持って生きている。


    【感想】
    ようやく物語は日露戦争に突入!
    しかし、今はまだ8分の3巻しか終わっていない・・・
    この物語はこの後どう続くんだ?
    長い。長すぎる!
    長いのは良いけど、わき道にそれてばっかりじゃキツイぜ?!笑

    上記にもあるが、この頃の日本人はしがみ着く思いを持って外国に対峙しているように思える。
    負けるかもしれない、でも祖国のために負けるわけにいかない。
    そんな緊張感と焦りを持ちつつ、現実から決して目を背けずにこの無謀な戦いに挑んでいる。

    それに比べ、今の日本はどうなのか?
    何故か高飛車な態度で生きて、中国やアジア諸国にツバを吐きつつアメリカや欧米国にはヘイコラよろしくやっていて、謙虚というよりもはや卑屈な態度で日々生きている人が多い。
    時代が変わって人が変わるのは仕方ないとは言えども、こんな世の中になるために昔の人は血を流したのか?
    この頃の人間が今の日本を作る為に奔走したことを思うと、今の自分たちを見ると、どう思うだろう?
    日本人である事に些かの情けなさすら感じてしまうな・・・

    話が逸れたが、、、
    戦国モノと違って近代の戦争はスケールが大きい!
    1人の力や戦略ではなく、色んな策略・謀略に富んでいて、面白い!
    が、文字で読むのが難しい!!笑

    これは小説で読むにはもう少し根性が要るな?
    あと5巻!楽しみだぜ。


    【引用】
    p9
    「秋山の天才は、物事を帰納する力だ。」
    あらゆる雑多なものを並べてそこから純粋原理を引き出してくるのが真之の得意芸。
    熱心さも度はずれたもので、「一生の大道楽」と人には言っていた。


    p42
    明治28年に日清戦争が終わり、1年間の総支出は9160万円ほどだった。
    しかし、翌年明治29年は当然民力を休めねばならないのに、総支出は2億円あまりである。
    軍事費が占める割合も、32%→48%に。
    明治の悲惨さはここにある。
    我々が明治という世の中を振り返るとき、宿命的な暗さが付きまとう。
    つまり国民所得の驚くべき低さがそれに原因している。


    p68
    要するに、日露戦争の原因は、満州と朝鮮である。
    日露戦争にもし日本が負けていれば、朝鮮はロシアの所有になっていたことは疑うべくもない。

    ただ、日本は海ひとつへだてているために、所有まではされなかったに違いない。


    p96
    ・ロシア陸軍大佐ワンノフスキーの日本観
    「日本陸軍がヨーロッパにおける最弱の軍隊水準にまで辿り着けるだけの道徳的基礎を得るまでに、あと100年はかかるであろう。」
    日本陸軍の装備や作戦能力ではなく、軍隊道徳的について論じている。
    当時の日本軍隊において過剰すぎるほどの要素は忠誠心と服従心でしかないのに、そのごく明白な事実すら、観察する能力を欠いていた。

    またこのワンノフスキー報告が、その後のロシア軍部の日本観の基礎となった。
    →ロシアは日本をクソ舐めてた


    p139
    好古の日記
    「ロシア帝国というのは、外交ひとつにしても嘘が多くて、何をしでかすか得体の知れぬ国であるが、しかしロシア人はその国家とは全く違った好人物だけである。
    特に酒宴でのロシア人の気分のよさは、世界一かもしれない。」


    p180
    ・戦前の日露間の外交について
    劣等民族である黄色人種へのサディスティックな外交は、この時だけでなく太平洋戦争やむしろ現代でもくすぶっているのでは?
    日本が調子に乗っちゃいけない、今もなお白人たちは劣等民族と思っている。

    日露戦争というのは、世界史的な帝国主義時代の一大現象。
    窮鼠猫を噛むかの如く、追い詰められた者が生きる力ギリギリのものを振り絞ろうとした防衛戦であった。

    そんな用意周到な日本に対し、ロシアの準備不足は日本を舐めてかかりすぎたから。
    大東亜戦争では、日本はこの頃の気持ちを忘れてやや哲学的に作戦を立てすぎていた。


    p317
    「これが、日露騎兵の第1戦なのだ。
    常に最初の戦いが大事であり、ここで負ければ日本の騎兵の士気に影響し、悪くゆけば負け癖がついてしまうかもしれない。
    ここで退却すればロシア騎兵に自信をつけさせ、今後の戦闘で彼らはいよいよ強くなるだろう。」
    戦術的に退却が妥当であることはよくわかった上で、この局面この段階での退却が全てを失う事になることを案じていた。

    「旅団長閣下が、最前線の機関銃陣地で不貞寝をしている。」

    「もう戦闘は1時間半も続いている。
    敵がやがてくたびれるはずだ。」
    とにかく自分や兵隊の体がちぎれようと吹き飛ぼうと、この現場から退かないというのが、好古の唯一無二の戦法だった。

    戦場での司令官は、あまり鋭敏であってもいけない。
    反応が鋭敏すぎると、かえって事を誤る。
    こういう極所には、わざと鈍感になるしかなかった。

  • 日露戦争が始まる。

    戦争の細かな描写があり、だれだが何した何された、あの船がどうしたこうした。
    自分的にはそこまで細かな描写は興味ないため、斜め読み。

    そんな中で、絶対に勝てそうもない状況です。
    歴史の教科書で、日露戦争を勝ったとした学んでなかった為、ここまで力の差があったのかと愕然をした。

    長引けば負ける。
    そりゃそうだ。物の量が違うのだよ。太平洋戦争でもそうだったけど。そりゃそうだよ。

    戦争の基本は、倍以上の兵力で臨む。
    ナポレオンも信長もそうだったと。
    それが、日露戦争で勝てちゃったから、また勝てるんじゃないって太平洋戦争へ。奇跡は二回も三回も続きません。
    信長は、桶狭間は少人数で買ったけど、その後は、兵力を大量に投入したそうな。

    さてさて、どうしたら日露戦争を勝っちゃうのか。
    続きを読みましょう。

  • 秋山兄弟と正岡子規の友情話……と思っていたのに、3巻目にして、はや子規退場(´ェ`)ン-…。
    そもそも、そういう個人個人の情感を描きこむたぐいの小説ではなく、主役は「時代」「歴史」「人類」なんだね( ´ ▽ ` )ノ。いまごろ気づくのもどうかと思うけど( ´ ▽ ` )ノ。

    つぎつぎ登場する人名、地名、艦船名、とうてい覚えきれるものではないけれど、物語の底流に流れる歴史の要請というか必然というか、「運命」に弄ばれる人々の姿に目くらみ(@_@)。
    女性がほとんど描かれないのも「時代」だね( ´ ▽ ` )ノ。

    まあ、基本は小よく大を制す、一寸法師の鬼退治だ( ´ ▽ ` )ノ。
    大ロシア帝国の憎たらしさ( ´ ▽ ` )ノ。
    小国日本の健気さ( ´ ▽ ` )ノ。
    後の太平洋戦争と地続きだということを度外視してしまえば、痛快な講談絵巻・遠いお国のお伽話として楽しめるんだろうけどね( ´ ▽ ` )ノ。
    日本が宣戦布告を余儀なくされた事情というものを頭では理解できたけど、心情的にはやっぱりちょっとね……(´ェ`)ン-…。戦場で兵隊さんがまるでゴミのように散っていくしね……(´ェ`)ン-…。
    ボライソーシリーズみたいに純粋な海洋冒険小説の素材とするには、まだ100年くらい早いのかも……(´ェ`)ン-…。

    ともあれ、これでやっと3/8( ´ ▽ ` )ノ。
    これからどうなっていくんだろうね( ´ ▽ ` )ノ。

    2016/07/05


    しかし、ブックオフの司馬遼本はどれもこれも汚いな(´ェ`)ン-…。
    司馬遼太郎、松本清張、村上春樹に美本はない……ブックオフあるあるだ(>_<)。
    逆に桐野夏生、奥田英朗、伊坂幸太郎あたりは108円落ちしたものでも美本が多いように思う( ´ ▽ ` )ノ。
    これはなんだ、読者層の違いなんだろうかね?( ´ ▽ ` )ノ。誰か大学の卒論ででも取り上げればいいのに( ´ ▽ ` )ノ。

  • 正岡子規の死と日露戦争開戦の第三巻。日露両国様々な登場人物を描くことで、戦争の様々な側面が見えてきます。外交、財政、国民の士気まで、近代戦争というものが国家の総力戦であることがよく分かります。

  • 三度目!

  • 正岡子規の死、そして日露戦争。戦争に至るまでの両国の様子が詳しく書かれており、勉強になる。のみならず、人間的な魅力に溢れた主人公たちの姿は猛烈に格好良い。両面を描ききる司馬の筆の巧さが際立っている。

  • 三冊目。
    いよいよ日露戦争である。
    個人的に日露戦争は思い入れが深いので、一気に読んでしまった。
    続きが楽しみ。

全274件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

1923年大阪市生まれ。大阪外国語学校蒙古語学科卒業後、産経新聞社に入社。59年「梟の城」で直木賞受賞。独自の史観を駆使し、戦後の歴史小説に新風を吹き込んだ。代表作は『竜馬がゆく』『坂の上の雲』『翔ぶがごとく』など。93年に文化勲章を受章。96年に72歳で死去。

「2008年 『豊臣家の人々 新装版』 で使われていた紹介文から引用しています。」

新装版 坂の上の雲 (3) (文春文庫)のその他の作品

坂の上の雲 (3) (文春文庫) 文庫 坂の上の雲 (3) (文春文庫) 司馬遼太郎
坂の上の雲(三) (文春文庫) Kindle版 坂の上の雲(三) (文春文庫) 司馬遼太郎
坂の上の雲 3の詳細を見る 単行本 坂の上の雲 3 司馬遼太郎

司馬遼太郎の作品

新装版 坂の上の雲 (3) (文春文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする