新装版 坂の上の雲 (3) (文春文庫)

著者 :
  • 文藝春秋
3.95
  • (585)
  • (461)
  • (615)
  • (19)
  • (4)
本棚登録 : 4587
レビュー : 274
  • Amazon.co.jp ・本 (361ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784167105785

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • やる側にならなきゃやられる。全く迷惑な時代だな。

  • 日露戦争海戦

  • 日露戦争が始まる。
    正岡子規も逝く。

    時代の変化が人々を巻き込んで、変化していく。

  • 少しも長いと思わせることもなくサクサク読める。作中に出てくる通り話が逸れることもあるが、不要な情報は無いと感じる

  • 5

  • 1~2巻と、この巻も途中まではさくさく読めるのだけども、戦闘が始まってから混乱しております。特にロシア側の名前。

  • 2016/01/12

  • ついに戦端が開かれた日露戦争。
    日本としては、避けては通れない超大国ロシアとの戦争。
    ロシア側は、完全に日本をみくびっていた。
    軍事大国に対して、一進一退の攻防を繰り広げる日本。
    秋山兄弟の活躍がクローズアップされる。
    この物語の主役の一人である正岡子規が早々と病気で亡くなってしまう。
    正岡子規をこの物語に登場させる意味があったのか。

  • 日露開戦。戦艦ペトロパブロフスクの触雷沈没と旅順艦隊司令官マカロフの死の描写は、非常に映画的で、この巻で最も印象的なハイライトであろう。

  • 安部晋三 現 内閣総理大臣が歴史上の人物で部下にしたいと上げていた児玉源太郎。
    日清戦争から日露戦争の勝利までの戦略立案・実行を指揮した立役者。

    一方、ロシアに目を向けると、ウィッテやクロパトンキンといった名将なども名を連ねる。

    正岡子規の死に直面した河東碧梧桐なども描かれている。

    意外と伊藤博文 初代内閣総理大臣は臆病な人だと感じた。

全274件中 31 - 40件を表示

著者プロフィール

1923年大阪市生まれ。大阪外国語学校蒙古語学科卒業後、産経新聞社に入社。59年「梟の城」で直木賞受賞。独自の史観を駆使し、戦後の歴史小説に新風を吹き込んだ。代表作は『竜馬がゆく』『坂の上の雲』『翔ぶがごとく』など。93年に文化勲章を受章。96年に72歳で死去。

「2008年 『豊臣家の人々 新装版』 で使われていた紹介文から引用しています。」

新装版 坂の上の雲 (3) (文春文庫)のその他の作品

坂の上の雲 (3) (文春文庫) 文庫 坂の上の雲 (3) (文春文庫) 司馬遼太郎
坂の上の雲(三) (文春文庫) Kindle版 坂の上の雲(三) (文春文庫) 司馬遼太郎
坂の上の雲 3の詳細を見る 単行本 坂の上の雲 3 司馬遼太郎

司馬遼太郎の作品

ツイートする