新装版 坂の上の雲 (3) (文春文庫)

著者 :
  • 文藝春秋
3.95
  • (585)
  • (461)
  • (615)
  • (19)
  • (4)
本棚登録 : 4587
レビュー : 274
  • Amazon.co.jp ・本 (361ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784167105785

作品紹介・あらすじ

日清戦争から十年-じりじりと南下する巨大な軍事国家ロシアの脅威に、日本は恐れおののいた。「戦争はありえない。なぜならば私が欲しないから」とロシア皇帝ニコライ二世はいった。しかし、両国の激突はもはや避けえない。病の床で数々の偉業をなしとげた正岡子規は戦争の足音を聞きつつ燃えつきるようにして、逝った。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 主人公の一人、正岡子規が亡くなりました。
    そして、日露戦争開戦。国同士が対立していても、互いの国民同士の間には友情なんかもあった話が意外でした。
    それにしても、登場人物が多くて難しい。

  • 190919 中国大連出張行く前に読んだほうがよい。
    歴史がわかるとすごく、その国の文化が興味深く味わえる。

  • ”年末から読み始め、徐々にのめりこんできた。物語は、いよいよ日露戦争へ向けて進んでいく…。


    ---
    T:
    P:明治人の気概を知る
    O:
    ---

    ・就寝前フォトリーディング→済(110504夜)

    <読書メモ>”

  • 日清戦争から10年、南下してくるロシアの脅威に恐れおののく日本。その時代俳諧の世界に数々の偉業を成し遂げた正岡子規が、逝った。

  • やる側にならなきゃやられる。全く迷惑な時代だな。

  • 日露戦争海戦

  • 日露戦争が始まる。
    正岡子規も逝く。

    時代の変化が人々を巻き込んで、変化していく。

  • 少しも長いと思わせることもなくサクサク読める。作中に出てくる通り話が逸れることもあるが、不要な情報は無いと感じる

  • 5

  • 1~2巻と、この巻も途中まではさくさく読めるのだけども、戦闘が始まってから混乱しております。特にロシア側の名前。

全274件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

1923年大阪市生まれ。大阪外国語学校蒙古語学科卒業後、産経新聞社に入社。59年「梟の城」で直木賞受賞。独自の史観を駆使し、戦後の歴史小説に新風を吹き込んだ。代表作は『竜馬がゆく』『坂の上の雲』『翔ぶがごとく』など。93年に文化勲章を受章。96年に72歳で死去。

「2008年 『豊臣家の人々 新装版』 で使われていた紹介文から引用しています。」

新装版 坂の上の雲 (3) (文春文庫)のその他の作品

坂の上の雲 (3) (文春文庫) 文庫 坂の上の雲 (3) (文春文庫) 司馬遼太郎
坂の上の雲(三) (文春文庫) Kindle版 坂の上の雲(三) (文春文庫) 司馬遼太郎
坂の上の雲 3の詳細を見る 単行本 坂の上の雲 3 司馬遼太郎

司馬遼太郎の作品

新装版 坂の上の雲 (3) (文春文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする