新装版 坂の上の雲 (4) (文春文庫)

著者 :
  • 文藝春秋
3.94
  • (553)
  • (465)
  • (579)
  • (20)
  • (9)
本棚登録 : 4955
感想 : 262
  • Amazon.co.jp ・本 (414ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784167105792

作品紹介・あらすじ

明治三十七年二月、日露は戦端を開いた。豊富な兵力を持つ大国に挑んだ、戦費もろくに調達できぬ小国…。少将秋山好古の属する第二軍は遼東半島に上陸した直後から、苦戦の連続であった。また連合艦隊の参謀・少佐真之も堅い砲台群でよろわれた旅順港に潜む敵艦隊に苦慮を重ねる。緒戦から予断を許さない状況が現出した。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 日露戦争 中盤
    陸軍→遼陽、沙河、旅順要塞攻撃
    海軍→黄海海戦

    常にハラハラしながら読んでた。日露戦争って勝利した煌びやかな歴史のみ語られがちだが、そんなに簡単に言い表せるものでもない。
    また、組織統率者の重要性、部下に与える影響を教えられた一冊。

  • どうも長い。勧める人は多いけど。全体で2冊ぐらいになりそうな。

  • 近代戦争を初めて経験する日本は、あらゆる面で後手後手に回ってしまう。
    中でも物資不足は、深刻だった。
    初めての近代戦争に臨むにあたって見通しが甘かった。
    お金が無い中での開戦。
    正に綱渡りの戦争であった。
    そして、度々、議論がある司馬遼太郎による『乃木希典愚将説』
    名将か愚将かは、各個人それぞれに考え方があると思う。
    だから、司馬遼太郎が乃木希典は愚将だと思うならそれはそれで、いいのではないだろうか。

  • 日露戦争の描写がえぐくなっていく。。。だよね、そう描かないといけないんだよねと。戦争は、悲惨で、とても騎馬戦のようなもんじゃない、体が木っ端みじんになって死んだり、腕や足がもげたり、体が縦に割れて死ぬ、大量の人間が死ぬ世界。それぞれに、親が必ずいて、人によっては、子もいただろうに・・・
    戦艦対戦艦じゃない、大砲の数や火薬の強さでもない、悲惨さ。見ようとしなければ、見なくていい部分が戦争にはあるんだなということがわかる。

    そして、旅順攻略において指揮をとった乃木とその参謀に対して、相当の紙幅を使って、これでもかと痛罵している。

    色々な立ち位置、見方ができると思うが、指揮系統の混乱、現場から離れた所で指揮、戦術的な検討の不備、相手に予測された定期的な攻撃、多数の死者、戦争の悲惨さへの筆者の怒りが巻末に向けて増していっていることを感じた。

    乃木については、wikiなどで調べると違う側面がある事も分かる。多数の死者を出した事への悔恨もあったようだが、自死によって幕を閉じた人生は、否定したい。





  •  旅順攻撃が中心となる4巻

     印象的なのは旅順攻撃の際の日本軍のグダグダっぷり。

     旅順の要塞に無策の正面突破を繰り返し、多くの兵士たちを犬死にさせながらも、攻撃方法や作戦を一向に変えようとしない、大将の乃木とその参謀、伊地知の頑迷さ、無策っぷりに呆れかえりました。

     そして彼らの更迭案を何度も出しながらそれを実行できない大本営にも読んでいてイライラ。こういう上層部のグダグダや無理解で被害を被るのは現場の人間、この場合は兵士たちなのですが……。太平洋戦争の際もそうですが、いつの時代も日本軍は兵士たちを駒としてしか見ていなかったのかもしれないなあ、と思いました。

     ロシア軍も日本海軍に恐れをなして、イギリスの漁船を間違って攻撃してしまうという、とんでもない失態をしてしまう場面が描かれます。

     戦争という極度の責任や恐怖がのしかかる局面になると、その人の本当の姿が表れてくると思います。そしてそれが大将だとか将軍だとか、責任のある立場になるとなおさらそうです。

     乃木・伊地知やイギリス漁船を攻撃してしまったロジェストヴェンスキー提督は、そうした状況の中で周囲の状況が見えなくなったり、冷静な判断が出来なくなった人間の姿だと思います。その姿は愚かと言ってしまえばそうなのですが、そうした状況下で冷静な判断が出来なくなってしまう人の哀しさ、というものも少し感じてしまいました。

     また日露戦争を続ける上での海外からの資金援助に苦労する日本軍の上層部や、人種問題から日本に援助するユダヤ人の存在など日本が対外的にいろいろ動いている姿も印象的でした。

     そして資金援助を得るために戦争の結果を海外にアピールしたり、人種問題の存在を実際に肌で感じたりと、日本が海外に出ていく中で新たな価値観にぶつかっていく姿も読んでいて面白かったです。

     こういうのは教科書では全然教えてくれないところなので、こういう裏側的なところが読めるのが歴史小説のいいところだよなあ、と改めて思いました。

  • 3巻と比較して、戦況に大きな変化がなかったためか、人間味のある話題が少なかったためかわかりませんが、極端に読むスピードが遅くなりました。6日かかりました。

  • 司令官 乃木希典は尊敬する人物だったのに日露戦争でこんなにも無能だったと初めて知った。
    参謀長 伊地知幸介はさらに輪をかけた人物。

    無能であることをわかりながら交代させない大本営は無責任。
    人命の尊厳さを無視している愚かな人々。

    絶対服従するしかない兵士にとって上層部がどんな方針をたてるかがいかに大事か。

    陸軍は太平洋戦争でも同じ過ちを犯した。
    学習していない。

  • 4作目。
    主に日露戦争の話。
    非常に興味深く、いかに激戦であったかが伝わってきた。
    続きが早く読みたい。

  • いよいよ本格的に日露戦争に突入。最初から最後まで戦場でのおはなし。司馬さんの視点は比較的マクロ的かつ上から(将校)のものであるため下士官を単なるコマとしてしか扱ってないように少しかんじた。実際そうでもしなければ耐えきれないほどの内容であるとは思う。コマとして描いているだけでも十分に悲惨さは伝わってきた。
    今回は陸軍についての記述が特に多いのだが、陸軍編成や地形を知らない自分にとって読むのは今までよりかなり骨が折れた。
    また、例の司馬史観の一つといわれる乃木さんに関する批判的な記述が大半を今回は占めていた。実際によんでみると乃木司令官に対してはフォローをたびたび行っているがその参謀長伊地知に対してはいっさいのフォローがなく批判的であった。彼ら二人が主だって行っていた旅順攻めに対する戦闘の記述が最も激しく悲惨さが感じ取られた。
    そしてその中においても下士官達は逆らう事なく命令に従った(100%死ぬ事がわかっていても)明治軍人たちの心というものが今からすれば異様なものにしか感じ取る事ができなかった。
    その中でロシアを含めたリーダーの葛藤というものも描かれていた。
    命と士気が天秤にかけられていたのが印象的だった。

  • 日露戦、黄海海戦、旅順の攻防など。著者の旅順戦に対する参謀伊地知へのこれでもかという批判はややくどいという感を持つ。

全262件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

司馬遼太郎(1923-1996)小説家。作家。評論家。大阪市生れ。大阪外語学校蒙古語科卒。産経新聞文化部に勤めていた1960(昭和35)年、『梟の城』で直木賞受賞。以後、歴史小説を次々に発表。1966年に『竜馬がゆく』『国盗り物語』で菊池寛賞受賞。ほかの受賞作も多数。1993(平成5)年に文化勲章受章。“司馬史観”とよばれ独自の歴史の見方が大きな影響を及ぼした。『街道をゆく』の連載半ばで急逝。享年72。『司馬遼太郎全集』(全68巻)がある。

「2020年 『シベリア記 遙かなる旅の原点』 で使われていた紹介文から引用しています。」

司馬遼太郎の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
司馬 遼太郎
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする
×