新装版 坂の上の雲 (5) (文春文庫)

著者 : 司馬遼太郎
  • 文藝春秋 (1999年2月10日発売)
3.92
  • (479)
  • (358)
  • (536)
  • (15)
  • (6)
  • 本棚登録 :3685
  • レビュー :205
  • Amazon.co.jp ・本 (413ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784167105808

作品紹介・あらすじ

強靱な旅順要塞の攻撃を担当した第三軍は、鉄壁を正面から攻めておびただしい血を流しつづけた。一方、ロシアの大艦隊が、東洋に向かってヨーロッパを発航した。これが日本近海に姿を現わせば、いま旅順港深く息をひそめている敵艦隊も再び勢いをえるだろう。それはこの国の滅亡を意味する。が、要塞は依然として陥ちない。

新装版 坂の上の雲 (5) (文春文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 二百三高地の激戦の話は聞いたことがあったが、日露戦争において、日本軍がいかに分不相応な戦をしようとし、いかに多くの日本兵を無駄死にさせたか、改めて思い知った。

  •  ようやく旅順陥落の5巻

     乃木に代わってやってきた児玉の漢っぷりがかっこよかった巻に尽きるかなあ、と個人的には思います。師団の参謀たちを叱り飛ばし、それでいて長年の友である乃木への気遣いを忘れない。そんな姿がかっこよかったです。

     旅順陥落後の日本軍とロシア軍の会談の場面も印象的でした。戦時下の将軍同士の会話なんて、もっとぎすぎすしたものかと思っていましたが、
    お互いに相手のことを認め合っている節があって、兵器が戦争の主軸になり始めた近代の戦争と違ってまだわずかながらも、戦争に情のあった時代だったのかもしれないですね。

     また停戦後日本兵とロシア兵が抱き合ったり酒を酌み交わしていた、という記述が印象的でした。勝利も敗北も関係なく、戦闘が終わったという解放感からの出来事と書いてあるのですがそれが真実だとすると、改めて戦争って何なのかな、と思ってしまいます。

     説明的記述がまた増え始めてきたのが少し辛いところですが、ロシアの石炭事情や外交事情などいろいろな見方がされていてそちらも興味深かったです。

  • …かわいそう、バルチック艦隊…!


    私の中では、今までバルチック艦隊は絶対無敵だったので、どうやって日本軍は勝ったんだろう!と思っていたのですが…


    結構、ぐずぐずな組織…!



    あと、「国家」「兵隊」「指揮官」を司馬遼太郎がどのように考えているか、一番現れている(5巻までしか読んでいないので、あれですが)のではないかと思いました。

  • やっと五巻目読了

    司馬遼太郎の作品はこれが初めてなんだけどいったいどこまでが史実に基づいているのだろうと思うくらい司馬史観がダイナミックに描かれている。

    中学高校の歴史で少々触れた程度の日露戦争がどれほど重要な国防戦争であったのかまじまじと実感させられます。

  • 坂の上の雲〈5〉 読了。
    遂に旅順開城。一万人以上の戦死者を出した激戦のやりとりがよく分かる。児玉源太郎、乃木希典、伊地知幸介…様々な考えが交錯しながら作戦が進行していく。司馬遼太郎の考えと、実際は異なる部分もある(賛否両論あるようだ)のだろうが、明治の軍人たちの考えが伝わってくる。

    この巻で印象的だったのは、ステッセルの降伏から戦場に攻撃停止命令が出たとき、

    「狂うがごとく、この開城(厳密にはまだ開城ではない)をよろこんだ」

    というシーン。ロシア兵も日本兵も抱き合いながら喜び、酒を酌み交わしたという描写が描かれている。

    実際に戦場で戦っている人間にとって、戦争は利益などないのだろう。凄惨な戦争を早く終えたいと願いながら戦う。国家の感覚と戦場の感覚は大きく異なるのだと思う。

  • おすすめ度:90点

    旅順攻略をしたことから日露戦争の英雄とされている乃木希典が、実は全くの無能であったことがよくわかる。
    乃木軍のあまりの無策さから、児玉源太郎が一時的に秘密裡に指揮をとったことで、二〇三高地の奪還を成し得ることができた。
    むしろ、乃木の、鉄壁を正面から攻るというその無能さによって、日本軍はおびただしい血を流しつづけてしまっているのである。
    それにしても、名も無き兵士たちの、その純粋なまでの日本人にとっての武士道、ロシア人にとっての騎士道の精神が身に染みる。

  • 日露戦争も佳境。
    これだけ詳しく日露戦争についての記述があるということに感激した。
    いよいよ終盤に入っていくのだろうか・・・?
    続きが楽しみだ。

  • ついに旅順要塞が陥落。
    思うに乃木さんは、武人としての精神は明治軍人の典型であるし、一軍を率いる器に足る人物である。一軍の司令官は日頃はドンと構え、部下に完全に任せ、部下がやりやすい環境を作ることある。旅順攻略で悪かった点として、参謀長の伊地知があまりに無能である点、戦局が悪くなったときにも参謀長に任せっきりになったことであると思う。大山厳が言った通り、負け戦になったら自分が全ての責任を負うべく、その決定指揮をすべきであった。

    この時期の日本が良かったのは、強国ロシアに向かい合うときに、事実を事実として受け入れ、戦略に賭博的作戦を極力排したことであるだろう。それは設立まもない軍隊と当時の弱小国ならではであり、対するロシアのように全てが官僚的腐敗がなかった。
    皮肉なことに日露戦争後には初期の旅順攻略のような精神性に頼った作戦遂行を重視するようになり、軍の体質も官僚的に腐敗することになった。

    ここにはどこか日本人の民族的な性質の弱点があるような気がする

  • 旅順陥落。壮絶な戦闘が繰り広げられる中、勇気、驕り、臆病、妬み、自己の立場を守る姿勢などによって戦績が大きく変わった。

  • ついに旅順が堕ちる。児玉源太郎による指揮権の借用によって数万人の犠牲者を出した旅順作戦が。どうしても今回の東日本大震災でお亡くなりになった方と数を比較してしまう。それを遥かに上回る人為的な死者の数であった。
    203高地での激戦、旅順略奪までの話は非常に読みやすかったし、熱くもなった。児玉と乃木の指揮権委託に関する話、203高地から眺める旅順港、水師営でのステッセルの早すぎた降伏、そして念願の日本の艦隊の帰港。
    以後、バルチック艦隊の喜望峰、マダガスカル島への航海の話に展開していく。そこにおいてはじめて日英同盟の威力を目の当たりにする結果となった。
    そして黒溝台で秋山騎兵の活躍へと移っていく。主人公が当初の三人から日露戦争そのものに移り変わっていっている。司馬遼太郎の目で日露戦争を遠くから観ている気持ちに陥った。学校の授業では学ぶ事のできなかった戦争の悲惨さ、明治の日本人の考え方を感じ撮る事ができる。少なくとも現代とは死の考え方が全く違うという事。たった100年と少し前の話であるというのに。
    また、今と違って情報というものがそう簡単に伝わらない、その中で個人個人が動いていかねばならない、そして情報が伝わらないからこそ生まれる戦後になってからわかる奇蹟の積み重ねが何ともいえない神秘的さをこの戦争から感じた。
    しかしながら第5巻は少し読むのがしんどかった。。。

全205件中 1 - 10件を表示

新装版 坂の上の雲 (5) (文春文庫)のその他の作品

坂の上の雲 5 単行本 坂の上の雲 5 司馬遼太郎
坂の上の雲(五) (文春文庫) Kindle版 坂の上の雲(五) (文春文庫) 司馬遼太郎
坂の上の雲 5 単行本 坂の上の雲 5 司馬遼太郎

司馬遼太郎の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
三島 由紀夫
宮部 みゆき
有効な右矢印 無効な右矢印

新装版 坂の上の雲 (5) (文春文庫)に関連する談話室の質問

新装版 坂の上の雲 (5) (文春文庫)に関連するまとめ

新装版 坂の上の雲 (5) (文春文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする