ムツゴロウの少年記 (文春文庫 は 1-17)

著者 :
  • 文藝春秋
3.88
  • (5)
  • (7)
  • (3)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 48
感想 : 5
  • Amazon.co.jp ・本 (211ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784167108175

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • あまり覚えていないのですが、ムツゴロウさんの本結構読んだんですよね。覚えているのは少年記と青春記だけ。天然記念物のやつも読んだ気がするし、どんべえの話も確か読んだ。少年記はどんなっだったか思い出せないので全然レビューにならず・・・。

  • たまたま花粉が飛び、どこか分からぬ花に付き、実を結ぶ。
    これに連なる行の素晴らしさに動物王国でしか知らない著者の人生観が垣間見えて、感銘を受けた。
    そして、戦争という最大の不幸の中、たまたま生き残ったからにはというジレンマを感じた。
    戦中を生きた方々の貴重な経験は、間違いなく後世に役立つだろう。

  • 01.8.13

  • 文章が読みやすく、面白いので、
    時代背景もあまり気にせずに読めた。

    人生を一生懸命生きる勇気を与えてくれる本だ。

全5件中 1 - 5件を表示

著者プロフィール

畑正憲(はた・まさのり)1935年福岡県生まれ。作家。動物研究家。

「2015年 『戦後70年 わたしの戦争体験』 で使われていた紹介文から引用しています。」

畑正憲の作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×