片想い (文春文庫)

著者 :
  • 文藝春秋
3.41
  • (429)
  • (993)
  • (1868)
  • (267)
  • (48)
本棚登録 : 9477
レビュー : 820
  • Amazon.co.jp ・本 (624ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784167110093

作品紹介・あらすじ

十年ぶりに再会した美月は、男の姿をしていた。彼女から、殺人を告白された哲朗は、美月の親友である妻とともに、彼女をかくまうが…。十年という歳月は、かつての仲間たちを、そして自分を、変えてしまったのだろうか。過ぎ去った青春の日々を裏切るまいとする仲間たちを描いた、傑作長篇ミステリー。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 2004年発刊の文庫なので、もう10年以上前の作品ですが、
    ここのところのガリレオor加賀恭一郎ばかりではなく、
    こういう書き下ろしにも力が入っていた時期かな、
    と勝手に思っている頃の作品です。
    (この前くらいには秘密を上梓しています)

    おそらく2005年ごろに人からお借りして読んだような記憶があるのですが、
    ほぼ内容を忘れていたため今回買って読むことにした次第です。

    一応東野さんらしく、殺人事件が軸になっていて、
    そこを中心にストーリーが展開していくわけですが、
    やはりここも東野さんらしく、その登場人物たちの抱えている事情が
    殺人事件以上に物語を彩っています。

    主人公は元アメフト部のクオーターバック、
    その奥さんは当時の美人マネージャーです。
    そこへ当時一緒にマネージャーをやってた
    日浦美月という女性が男性になって姿を現した、
    というようなところから話が始まり、
    殺人事件に深く関わっている美月をどうにかして守ろうと、
    主人公たちが奔走していくことで物語が進んでいきます。

    途中で美月が抱える性同一性障害に関連して、
    色々な登場人物からジェンダーに対する意見・見解が出てきます。
    この物語で一番の肝は多分ここだったのかなと思いました。

    男とは何か?そして女とは何か?

    ただの性染色体のXXとXYの違いということではなく、
    心が男、心が女というのは一体なんなのか?

    そういう問いに対しての、
    現在の日本社会の許容性の低さへの警鐘や
    実際に自らの性へ違和感を持っている人たちの声を届けるため、
    この小説を書き上げたんじゃないかなと思いました。

    その中で男と女の関係を評して、ある人物が言います。
    「男と女ってのはメビウスの輪みたいなもの。
     普通は表はどこまで行っても表、裏はどこまで行っても裏だけど、
     このメビウスの輪は表だと思って進んでいたらいつの間にか裏にいる。
     そういう風に繋がっているのが男と女なんじゃないか」
    (かなり短くまとめてます)

    言いえて妙だな、と思いました。
    自分の中の男性性と女性性は否応無く存在しています。
    男だから男らしいことしかしないわけじゃない、考えないわけじゃない。
    でも、表面上は男らしさという社会が作ったレッテルに
    合わせて生きている部分はあるように思います。
    これ、それぞれは違和感なく同居してるんですよね。
    マーブル模様のように存在してるんです。

    だから男が男として存在しているのは
    その90~95%程度男っぽく出来ているから。
    女が女として存在しているのは
    その90~95%程度女っぽく出来ているから。
    ただそれだけのことなんですよね。
    そのバランスが偏ってなかったり、
    自らの身体の性とは違う方に偏ってしまったりする人が、
    性同一性障害となってしまうんだと思います。


    社会が作ったレッテルというものの多くは、
    こういう小説や映画、テレビなどから学んできたと思いますが、
    その小説からまたそれを考えさせられるというのは
    なかなかに面白い体験でした。

    単純に東野圭吾ファンでなくとも、
    こういうテーマに興味がある人ならおススメの一作です。

  • この小説で学んだことは、

    「人は表か裏か、白か黒かなどのように簡単に切り離せるものではない」

    ということ。

    私たちはすぐに誰かに対し「切れ目」を探して、そこから何かについて納得したり解決したりする。
    しかし、自分という存在はあらゆる要素でグラデーション状に構成されているので「切れ目」は存在しない。

  • 東野圭吾の長編はいいですね。テーマ、人間関係、題名、読みやすく楽しみました。

  • 一年に一度行われる大学のアメフト部の同窓会。会のあとで10年ぶりに会った女子マネは男の姿になっていた。
    タイトルから想像していた恋愛ものではなくて、個人個人の持つジェンダーへの意識にまで話は広がる。
    個人的には、理沙子がとても好きになれなかった。サバサバしているようでいて、でもすごく女であるところとか、うるさいところとか。そして、美月の夫と子供はこれからどうなるのだろう。後半、美月が交換しようとしてるのは中尾だとばかり思ってたらぜんぜん違ってた。

  • いやいや凄い本。今から18年も前に性同一性障害というテーマを扱った東野圭吾の慧眼。最近でこそ、LGBTという言葉が聞かれるようになったが、当時はそういう趣味くらいの扱いではなかったかと思う。半陰陽なんて、これを読んで初めて知った。意外なストーリー展開、随所にある伏線など本当に凄い。もの悲しいラストは胸を締め付けられる。容疑者Xの献身と並ぶ名作だと思う。

  •  まずこれが1999年に書かれた小説だということに驚く。今でこそ一般に認知されているとはいえ、17年前に性同一性障害に正面から斬りこんだ著者の思いきりというか目的意識がすごい。今さらながらこの多作家の懐の深さよ。起こる事件自体は単純なのだが、その背景の人間関係というか人間そのものが複雑なのと、それがガチガチの秘密主義に守られているのでなかなか先が見通せない。意外な人物の関与が浮かび上がってからは一気呵成に終末のカタストロフへとなだれ込み、悲しくはあるがこうなるしかなかったのだと納得させて終わる。片想いとは誰の誰への想いだろうか。いくつもの片想いがあるようでいて、実はそれは両想いの二側面に過ぎないのではとも思う。それはもちろん互いに思いあうアメフト部の仲間たちの絆のことでもあるが、それだけに留まらず物語的には端役に過ぎない猫目の野末真希子や金童の嵯峨正道の凛とした心遣いにもあらわれている。それがこの作品を今読んでもホットな話題というだけでなく奥行きのある人間のドラマに仕上げている。

  • トランスジェンダーを題材に、男女の友情を描く。

    生物学的に見たら、男女は当然、別々の存在だと思う。科学の発達はこの限りではないかもしれないですが。
    男女をひとつの人格として見たときに、その境界線は難しいと思う。それをうまく表したメビウスリングの表現は見事に納得させられました。
    男らしさとか、女らしさって、一言では表せないものだなと思いました。料理をするのは、女みたいなことを言うひともいたけど、今は料理をする男の方がもてたり。結局、時代と共に変わって行くものなのかなと思いました。

    何の偏見もない世界は理想だと思う、まぁ、理想が話されている間は、なにも解決しないのでしょうね。行動するって大切。

  • 何度も読む機会はあったのに読まないまま、ふとバンコクの紀伊國屋で購入。裏表紙のあらすじでは分からなかったけど、タイで生活している今、このタイという国で手に取って読んだというこのタイミングに言い様のない縁を感じた。自分の好きな人が自分を好きになってくれるというのは奇跡なんだろうな。

  • 重いね…性について新しい概念を得ることができたと思う

  • 3分の1くらいまでは、読んでいてとにかく胸糞が悪く感じられた。「殺人を犯したので自首をする」と言っている性同一性障害者の美月に対して、「刑務所では戸籍上の性別でしか扱われないから、性同一性障害を持つあなたは辛い思いをする」という理由で自首を思い留まらせるという主人公たちの行動も、そういった理由で自首を思い留まらせたにも関わらず「警察の目を誤魔化すため、女性の姿になれ」と声高に主張する理沙子の押し付けがましさにも。
    作中で描かれている「男とは」「女とは」という描写に関しても、ガチガチに凝り固まった一昔前の男女観としか感じられず、「今更何を」としか思えなかったし(注:この点に関しては、この作品が書かれたのが10年以上前とまさに一昔前であることを考慮する必要があるだろうが)。
    とにかく、魅力的だったり興味を掻き立てられる点が何一つとしてなく、読んでいて気分が悪くなるだけだったので読むのを止めようかと何度も思ったほど。

全820件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

東野圭吾(ひがしの けいご)
1958年大阪市生野区生まれ。大阪府立大学工学部電気工学科卒。大学在学中はアーチェリー部主将を務める。1981年に日本電装株式会社(現デンソー)にエンジニアとして入社し、勤務の傍ら推理小説を執筆する。1985年『放課後』で第31回江戸川乱歩賞を受賞し、小説家としてのキャリアをスタート。2006年『容疑者Xの献身』で第134回直木三十五賞を受賞。2013年『夢幻花』では第26回柴田錬三郎賞を受賞、2014年『祈りの幕が下りる時』で第48回吉川英治文学賞受賞。現在、直木三十五賞選考委員を務めている。代表作としてガリレオ・新参者シリーズに加え、映画化された『手紙』『ラプラスの魔女』。ほかにもテレビドラマ・映画化された作品が多い。2018-19年の作品では、『人魚の眠る家』、『マスカレード・ホテル』、『ダイイング・アイ』、そして今後の映画化作として玉森裕太、吉岡里帆、染谷将太らの共演作『パラレルワールド・ラブストーリー』(2019年5月31日映画公開)がある。なお、中国で『ナミヤ雑貨店の奇蹟-再生-』が舞台化・映画化され、映画はジャッキー・チェンが西田敏行と同じ雑貨店店主役で出演する。2019年7月5日、「令和」初の最新書き下ろし長編ミステリー『希望の糸』を刊行。

片想い (文春文庫)のその他の作品

片想い 単行本 片想い 東野圭吾

東野圭吾の作品

片想い (文春文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする