ガリレオの苦悩 (文春文庫)

著者 :
  • 文藝春秋
3.57
  • (338)
  • (1310)
  • (1336)
  • (155)
  • (13)
本棚登録 : 10549
レビュー : 841
  • Amazon.co.jp ・本 (384ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784167110130

作品紹介・あらすじ

"悪魔の手"と名のる人物から、警視庁に送りつけられた怪文書。そこには、連続殺人の犯行予告と、帝都大学准教授・湯川学を名指して挑発する文面が記されていた。湯川を標的とする犯人の狙いは何か?常識を超えた恐るべき殺人方法とは?邪悪な犯罪者と天才物理学者の対決を圧倒的スケールで描く、大人気シリーズ第四弾。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 湯川先生のガリレオシリーズ4作目。「ガリレオの苦悩」です
    これも、章毎の短編のようになっています。

    面白かった。東野さんの持つシリーズもので、
    「加賀恭一郎シリーズ」
    「ガリレオシリーズ」
    この二つは、最高におもしろいですね。

    2013年の春ドラマは、1話も観れてない(泣)

    次!5作目になる「聖女の救済」は長編らしい。すぐに読みたいです。

  • 湯川教授のシリーズ第4弾、連作短編でいうと3冊目になります。
    文庫に落ちてくるまで3年かかりました、、長かったです。

    内容は相変わらずに小気味よくまとめられていて、一気読み。

    前作の容疑者Xも好きでしたが、短編の方が好きだなぁと思うのは、
    ホームズとか北森さんとも、どこか相通ずるところを感じるからでしょうか。

    で、テレビドラマで柴咲さんが演じられた”内海薫さん”がこちらにも登場してます。
    草薙さんからバトンタッチされた感じでしょうか、大分華やかになった感じです。

    ドラマのセカンドシーズンは無いんですかねぇ、、

  • ガリレオの中では中途半端かな。短編だし、仕方ないのかも。

  • 安定の面白さ
    やっぱり、短編じゃ物足りなさもある…

  • 全部面白かった。

  • 本作から内海薫が初登場する。彼女はドラマの企画で生まれたキャラクターであるが、小説版に逆輸入された形となる。どうしても柴咲コウのイメージが刷り込まれてしまうのは致し方ないであろう。

    全部で5章から成る短編集であるがどれも物語としてのクオリティーは高い。特に第5章の「攪乱す」はこれだけをピックアップさせても一つの文庫本として成り立つのではないかというスケールだ。

  • 湯川博士の短編集。
    トリックも面白く、展開が早いので毎回読みやすい。

  • 2019.01.15 読了

    「ガリレオ」シリーズ、本当に面白い。
    五つの短編ながらも、一つ一つの話が濃いのでお得感がある。

    最後の「撹乱す」が印象深かった。
    というか、完全に「デスノート」をオマージュしている話。
    短編なので内容的には駆け足だけど楽しめた。

  • 好きですねー。ガリレオシリーズ。科学的論理的な思考に、人間の複雑さが絡む感じが。

  • ガリレオこと湯川が難事件の苦悩しながら謎をとく。だんだんと人間味のあるキャラになってきます。クールに見えても実はとても熱い人なんですね。

全841件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

東野圭吾(ひがしの けいご)
1958年大阪市生野区生まれ。大阪府立大学工学部電気工学科卒。大学在学中はアーチェリー部主将を務める。1981年に日本電装株式会社(現デンソー)にエンジニアとして入社し、勤務の傍ら推理小説を執筆する。1985年『放課後』で第31回江戸川乱歩賞を受賞し、小説家としてのキャリアをスタート。2006年『容疑者Xの献身』で第134回直木三十五賞を受賞。2013年『夢幻花』では第26回柴田錬三郎賞を受賞、2014年『祈りの幕が下りる時』で第48回吉川英治文学賞受賞。現在、直木三十五賞選考委員を務めている。代表作としてガリレオ・新参者シリーズに加え、映画化された『手紙』『ラプラスの魔女』。ほかにもテレビドラマ・映画化された作品が多い。2018-19年の作品では、『人魚の眠る家』、『マスカレード・ホテル』、『ダイイング・アイ』、そして今後の映画化作として玉森裕太、吉岡里帆、染谷将太らの共演作『パラレルワールド・ラブストーリー』(2019年5月31日映画公開)がある。なお、中国で『ナミヤ雑貨店の奇蹟-再生-』が舞台化・映画化され、映画はジャッキー・チェンが西田敏行と同じ雑貨店店主役で出演する。2019年7月5日、「令和」初の最新書き下ろし長編ミステリー『希望の糸』を刊行。

ガリレオの苦悩 (文春文庫)のその他の作品

ガリレオの苦悩 単行本 ガリレオの苦悩 東野圭吾

東野圭吾の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
東野 圭吾
東野 圭吾
東野 圭吾
東野 圭吾
有効な右矢印 無効な右矢印

ガリレオの苦悩 (文春文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする