槍ケ岳開山 (文春文庫)

著者 :
  • 文藝春秋
3.61
  • (5)
  • (10)
  • (15)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 72
レビュー : 9
  • Amazon.co.jp ・本 (365ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784167112103

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 播隆上人は笠ヶ岳と槍ヶ岳を開山しました
    という歴史からこのストーリーが紡ぎだされたんだろうが、面白い。
    開山って単なる初登頂ではなく、頂上に仏像を設けることも含むよう。
    「登山と禅定とは同じようなもの、苦行ではなく悟りへの道程」という播隆上人は山登りの意義を「一心不乱になることで浄土に近づく」ところに見出す。
    でも同じ岩松が山を登る目的は頂上で出会える幻の亡き妻への懺悔の気持ちだった。
    最後のオチは最近の小説の安い種明かしみたいでちょっと残念。

    地図を片手に地名見比べながら読むとさらに面白い。
    「播隆」の名前のつく地名があったりするともう山登りたいと思わずにはいられない。
    槍ヶ岳とか穂高のあたり長期で行きたいなあ。まずは蝶ヶ岳から。
    ほんとにそんな装備で登ったり夜を越したりしたのか、と思う現代人はいろいろ恵まれすぎているのかもしれない。

  •  百姓一揆の混乱の中で妻を誤殺し、修行僧となった主人公播隆が笠ヶ岳、槍ヶ岳を開山する。

     その筋だけならあまりおもしろくないが、やはり新田次郎。蘭学医の言葉を借りて頂上に出現する弥勒菩薩をブロッケン現象と切り捨てるあたり心地よい。

     主人公と訳ありの支援者の暗い影、そして亡き妻が死の直前に見せた憎悪の表情の理由などが一気に語られるラストは主人公の死とともに読み応えがあるクライマックスとなっているが、主人公の弟子の裏切りが筋の上で不要だった気がするのは読み方が足りなかったからだろうか。

  • 映画、『剱岳』を見て、この『槍ヶ岳開山』を読んでみた。

    どちらもはじめての登頂を目指すのだが、中身はちょっと違う。

    高校生のとき、登山競技ではペーパーテストがあった。その問題で、播隆上人の名前が確か出てきた記憶がある。しかし、この本は読んだことが無かった。

    農民が百姓一揆を経て僧侶になり、笠ヶ岳の再興、槍ヶ岳開山へ取り組んでいく、播隆上人の半生の物語です。心に迷いがある人、自殺を考えてしまう人にお薦めの一冊です。一心不乱にいきることが大事です。

  • またまた山つながりで。未読。

  • 今も昔も、山の頂からは何かが見えるらしい…。きっと形は変えても、人の心の奥底にあるものが映し出されているのだろうなあ。

  • 高山奥地にある槍ヶ岳周辺の地図を作る人の話。

    淡々とした言葉を積み上げて情緒を高めていくのが新田作品らしくて好きです。

  • 現在では多くの人が登る日本有数の名山、その登頂の道を開いてくれた名僧播竜上人の生涯を描いた作品
    彼はなぜこの偉業をなしえるに至ったのかを出家以前から語られる
    槍ヶ岳を目指すなら読んでおきたい名作

  • 槍ヶ岳を開山した播隆上人の伝記的小説。

全9件中 1 - 9件を表示

著者プロフィール

新田 次郎(にった じろう)
1912年6月6日 - 1980年2月15日
長野県諏訪郡上諏訪町(現:諏訪市)生まれの日本の小説家、気象学者。本名は藤原 寛人(ふじわら ひろと)。電機学校(現:東京電機大学)卒業。次男に研究者・作家の藤原正彦。
終戦後で生活が困窮しているところ、作家である妻の兩角(もろすみ)ていの刊行した『流れる星は生きている』がベストセラーになったことから作家を志し、執筆活動を兼業する。
1956年『強力伝』で第34回直木三十五賞受賞。1966年に専業作家。1974年に吉川英治文学賞、1979年に紫綬褒章。
気象職員としても富士山気象レーダー建設という大きな業績で名を残しており、退職時には気象庁から繰り返し強い慰留を受けた逸話が残る。

槍ケ岳開山 (文春文庫)のその他の作品

槍ヶ岳開山 単行本 槍ヶ岳開山 新田次郎
槍ヶ岳開山 (文春文庫) Kindle版 槍ヶ岳開山 (文春文庫) 新田次郎

新田次郎の作品

ツイートする