新装版 劒岳 ―点の記 (文春文庫)

著者 :
  • 文藝春秋
3.77
  • (105)
  • (174)
  • (167)
  • (21)
  • (2)
本棚登録 : 1493
感想 : 165
  • Amazon.co.jp ・本 (407ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784167112349

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 前人未踏といわれ、地元でも長らく登ってはならない霊山とされてきた劔岳。それまで、越中奥山の地図には立山以外の山は等高線すら入っていなかったが、日露戦争後、その空白地域の地図を完成させるため、測量官の柴崎芳太郎が三等三角網完成の仕事の命を受ける。
    陸軍の陸地測量部に属する柴崎は、国の年度予算に縛られるなか、優秀な案内役、宇治長次郎らとともに、1年のうちごく限られた時期にしか登れない劔岳に挑み、多くの苦労の末、初登頂に成功する。

    当時は今のような山登りの装備があるわけでもなく、時に命がけとも言える挑戦をしなければならない、測量官の仕事のハードさに驚き、改めて尊敬の念を抱いた。

    当然のように目にする地図も、最初にそれを完成させるときには並々ならぬ苦労があったことを思いながら眺めると、もっと細部まで見なければいけないような気持ちになってくる。

  • 点の記:三角点設定の記録
    明治40年に測量隊柴崎芳太郎らによって成し遂げられた剱岳初登頂の小説。
    長い間本棚に積読になっていたのを、この春は剱岳を目前に滑ったのをきっかけに色んなところで剱岳のことを目にすることがあって読んでみた。

    当時まだ日本では山岳会という民間の会は発足しておらず、ほとんどの山は役所の測量部によって登頂されていたそう。しかも道なき道を行っていたのだからすごい。先人は偉大です。立山は何度か行ったことのある山域で山の名前や地名も知っていたから、割にするする読み進められた。物語としてもとても面白い。

    三角点ってほとんど興味なかったんだけど、今度見かけたらタッチしたくなりそう。

    2021.5.24

  • 今では剣沢からの南稜ルートでアプローチは楽になっているが、それでも前剣、やっと剣とピークを乗り越えて、剣岳山頂に至る真夏の道は厳しかった記憶が残る。頂上から北は日本海側に開け、眼下には急峻な尾根が連なる。 映画が放映された後新田次郎の原作を読んで、初期の登攀ルート開拓の困難さを思い知るにいたった。

  • 立山の山小屋にて読了。
    その後劔に登り、感慨深いものがあった。

  • 測量方法、山の名前がなかなか頭に入ってこず読了するのに時間がかかったけど、ようやく読み終わりました。劔岳をどう踏破するかという面白さもあるけど、測量するまでの過程を知ることができて、過去の人々の努力によって自分が今地図を見ながら登山することができてるんだなと実感でき良かった。映画も見てみようと思う。

  • 明治40年に剱岳に有史以来の初登頂を達成した柴崎隊の記録.柴崎隊,といっても登山隊ではない.参謀本部直属の測量部が,三角点設置のために登頂するのである.日本における登山はまだ黎明期で,山岳会がようやく数年前に結成されたばかりであった.測量のためなので,登山は手段でしかなく,測量機器を背負って登るのである.しかも山岳会に先を越されては軍隊の沽券に関わる.柴崎氏自身は文官であるが,軍の体面にも振り回されながら,前代未聞の難題を成し遂げた,その記録である.

  • 山岳小説の白眉といわれる本書をついに手を取りました。柴崎芳太郎らの測量班により明治40年7月に登頂に成功した剣岳と立山連峰周辺の測量記録に基づく小説であり、山の厳しさと地図の奥深さに一層の興味を抱かせてくれる一冊でした。

    明治時代には測量の基本であった三角測量についての知識(選点・造標作業)やその過酷さを理解することができました。常に危険と隣り合わせで山の中で天幕を張って数週間過ごさないといけないのは、想像を絶します。

    さらに物語を楽しむためには剣岳周辺の詳細な地図や何より実際に上ってみることが一番だと感じました。

  • 日本の歴史

  • 山を歩く時当たり前のように手にする山地図。登頂記念にタッチする三角点。これらがここにあることのありがたみを噛みしめました。

  • 数日前に読んだ井上靖の氷壁と比べると、とても淡々としている。氷壁の解説を読んで、恋愛小説と紹介されているのをみて…恋愛小説ぅ?と思ったものだけど、比べてみれば確かに氷壁は恋愛小説だと思う。一方で劒岳点の記では、人間関係に対してはシンプルだった。妻に関して一点の曇りもなく愛情を注いでいるところが心地よい。基地では嫁のことを思い出すことも多いけれど、いざ登山がはじまると心の中の葉津よにしばしの別れを告げるところなどはとても潔い。
    社会的葛藤もちろんあって、競争相手だと思っていた山岳会が唯一純粋に柴崎の功績を称える手紙をよこしたところなどは涙が出た。
    山の描写はいちいち素晴らしく、劒の不思議な魅力に惹かれっぱなしになった。かつて見た別山からガスの合間に一瞬だけ姿を表した剱岳が記憶の中から蘇った。
    文中ではないけど、巻末の山行記のみどりのモルゲンロートという表現も心に残った。
    それにしても私のやってる夏山登山なんてまじでお遊びなんだなぁと思い知らされる。劒岳を通して測量の努力と苦心、地元山村の素朴さと頑固さ、はるか昔の信仰登山まで想いを馳せることができて、日本の登山文化に対してちょっとだけ理解が深まったと感じる。これから山に行くにあたってさらに山を楽しめると思う。

全165件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

新田次郎
一九一二年、長野県上諏訪生まれ。無線電信講習所(現在の電気通信大学)を卒業後、中央気象台に就職し、富士山測候所勤務等を経験する。五六年『強力伝』で直木賞を受賞。『縦走路』『孤高の人』『八甲田山死の彷徨』など山岳小説の分野を拓く。次いで歴史小説にも力を注ぎ、七四年『武田信玄』等で吉川英治文学賞を受ける。八〇年、死去。その遺志により新田次郎文学賞が設けられた。

「2022年 『まぼろしの軍師 新田次郎歴史短篇選』 で使われていた紹介文から引用しています。」

新田次郎の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
伊坂 幸太郎
村上 春樹
村上 春樹
宮部みゆき
有効な右矢印 無効な右矢印
  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×