火の国の城 (下) (文春文庫)

著者 : 池波正太郎
  • 文藝春秋 (1983年8月発売)
3.71
  • (3)
  • (4)
  • (7)
  • (0)
  • (0)
  • 本棚登録 :50
  • レビュー :3
  • Amazon.co.jp ・本 (379ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784167142117

火の国の城 (下) (文春文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 継父遺品。池波作品の中でも特に読み易い忍びモノ。ノッケからテンポも上々 スルリと読破出来る。けれども もしも彼等に超人的完璧無比な働きを期待するなら一寸注意は要るやも知れぬ:主人公自ら 私事から仲間を死に追いやるという失態を演じて隠さない。情に負け 色に負け 窮地に嵌り 仲間を巻き添えに戻って 尚赦される――機械的/サイボーグ的忍者とは正反対の 謂わば “池波忍者” の特質が色濃く著された作品と言えよう。熊本城が清正の精神の象徴として作品の根底に静かに横たわる様は いつもながらの安定感にて美事。

  • 95年29刷本

  • 清正好きはマストバイ

全3件中 1 - 3件を表示

池波正太郎の作品

火の国の城 (下) (文春文庫)はこんな本です

ツイートする