新装版 幕末新選組 (文春文庫)

著者 : 池波正太郎
  • 文藝春秋 (2004年1月10日発売)
3.76
  • (103)
  • (153)
  • (196)
  • (8)
  • (1)
  • 1003人登録
  • 150レビュー
  • Amazon.co.jp ・本 (432ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784167142841

新装版 幕末新選組 (文春文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • H30.1.15 読了。

    ・『「幕末新選組」には、江戸っ子剣士・永倉新八の生き方を通じて「かつて日本人はどうであったか」が生き生きと描かれている。』と解説に記されているが、まさにその通りの作品である。幕末の動乱期から明治まで生き抜いた人生がありありと描かれていて、面白い小説だった。

  • 永倉新八の生涯が淡々と描かれている。それでも単純で退屈な中身にはならず、人間永倉新八を堪能できた。当初不仲だった藤堂。その理由が“女”だってのも人間くさくて良い。

  • 第三回毎週ビブリオバトル
    チャンプ本

  • 『近藤勇白書』でも主役(近藤勇)を食う勢いで大きな存在感を見せていた、思い定めれば一直線の剣術バカ:永倉新八を主人公に据えた新選組ストーリー。最初から最後まで、政治的野心とは無縁に、己の信ずる清い道を進まんとする新八の気勢が爽やかに描かれている。「日本人を見損なっちゃいけねえな、藤堂さん??徳川にしろ薩長にしろ、互いに喧嘩はしていても、外国に色眼をつかいすぎて、ドジをふむようなまねはしないよ」。

  • 永倉新八の目線で新選組の興亡を見る。手の付けられない悪戯者の新八が剣術に目覚めた時、時代は幕末の激動期に入ってしまった。近藤勇に付き従い壬生浪と半ば蔑まれても、幕府のために京の治安維持に没入する。『竜馬がゆく』を読めば新選組に悪印象を抱くが、当然彼等も日本を良くしたいという思いがあったことが伝わってくる。新八が鳥羽伏見、甲府、会津と動乱の中を転戦していったにも関わらずに生き抜き、明治から大正を生きて天寿を全うできたことは奇跡的だ。

  • やっぱりおもしろい、新選組
    永倉 新八の視点から書かれた新選組
    時代は変わっても組織というのは変わらないものだと思った。最後までぶれなかった新八が、77歳まで生きて時代の変化を見届けたのもまた運命だろうか

  • 新選組と言えば近藤、土方、沖田を思い浮かべる。
    この小説は「永倉新八」の目線で、新選組のこと、幕末の様子、そして明治初期のころの日本の様子が描かれている。
    時代的にも興味深い時期であり、永倉の目線で書かれていることから、非常に時代背景もあまり難しいと思うことも少なく読み進められました。新選組に興味あるなら、この本から!と言いたい作品だと感じました。

  • 久しぶりに読み直してしまった。池波正太郎氏のこの新選組の長編は近藤でも土方や沖田ではなく、主人公に永倉新八をおき明治維新を語らせている。
    「明治維新とは何だったのか?」を読むほどに感じられる作品です。

  • 新撰組二番隊隊長永倉新八の生涯を描いた作品。
    歴史小説というより伝記小説かなあ。

    史実にも当然ふれているけど、全然難しいところがなく、さらさらと引っかかりなく読むことができました。
    永倉さんは戦場で命を落とすことなく、長生きして天寿を全うされた方なので、悲しい気持ちにならずに読み終えられるのが良い。

  • 事情があって少々中断してしまった本、やっと読了 ・・・永倉新八、格好良いではないか! まさに江戸っ子、同士を見るような思いである!(コラコラ) 少々中断してしまった・・・というのは、やはり敗走してゆく彼らを読んでいるのが辛くなってしまったから・・・ 池波先生の筆力で、まるでこれが事実でもあるように感じられてしまったから、が大きい さらに心残りなのは、永倉新八という名前に戻さなかったことかな、確か彼の子孫の方も「永倉」であって欲しかった、とおっしゃっていたような・・・と、これは本の感想ではないなw

全150件中 1 - 10件を表示

新装版 幕末新選組 (文春文庫)のその他の作品

幕末新選組 (文春文庫) 文庫 幕末新選組 (文春文庫) 池波正太郎

池波正太郎の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
秋山 香乃
大内 美予子
有効な右矢印 無効な右矢印

新装版 幕末新選組 (文春文庫)に関連するまとめ

新装版 幕末新選組 (文春文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする