あるシネマディクトの旅 (文春文庫)

著者 :
  • 文藝春秋
3.47
  • (2)
  • (6)
  • (10)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 54
レビュー : 9
  • Amazon.co.jp ・本 (317ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784167142933

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 2013/07/13完讀

    池波的三趟法國旅程。第一趟從巴黎到地中海岸南法、馬賽。第二趟甚至到西班牙格瑞那達再折回。第三趟則是羅亞爾河城堡巡禮,以及布列塔尼、諾曼第。

  • 「江戸の味が食べたくなって」の後半に掲載されていた
    <第三部 パリで見つけた江戸の味>に出てきた
    フランスの居酒屋〔B・O・F〕の老店主 セトル・ジャンと池波正太郎氏が
    表紙の写真を飾っていたので、思わず手に取りました。

    フランス紀行三作をまとめた本です。
    池波氏の描いたフランスで出会った風景も収録されていて、
    なんとも言えない雰囲気のエッセイです。

    日本での作家としての忙しい中、なんとかやりくりして時間を作り
    フランスへの旅を楽しむ池波氏。
    同行者は日本人のカメラマンや編集者など。
    あとは、フランス在住の日本人が現地で案内してくれるという
    なんとも羨ましい限り。

    しかし、ツアー旅行ではないので大変なこともありますが
    それはそれ、楽しんでしまうことの寛容さに脱帽です。

    フランスの歴史や映画に詳しいので、行く先々の場所の
    文中に織り交ぜることによって
    読む側も想像しながら読み進めることができます。

    こんな、ゆとりある旅行は、ほんとう贅沢な気がしますが
    池波氏のエッセイを読んでいると嫉妬すら感じず、
    むしろ、いっしょに旅をしてる気になるので不思議です。

    作中でも池波氏が、世界情勢が変われば、こういうのんびりした旅も出来なくなるだろうと書かれてましたが、今の世界はこの頃より変化が激しくなってるだろうと私も思いました。

    池波氏は〔異国で病気にかかることをおそれ、腹七分目の食生活をするので〕と体調も気遣っていることがすごい。
    それでも、何か美味しいものを食べることに専念してるわけれども、
    行く先での居酒屋やレストランで、時折「うまい!」と思う出会いがある。
    しかも「うまくなかった」「うまかった」とはっきり記載てるのが気持ちいい。

    最後のセトル・ジャンとの章を見ると、人間と人間が繋がることの素敵だなと感じる。

    この本に出てきた売店の人、牛追いの男性。
    シャトーホテルのオーナーやマダム。
    給仕たち。
    みんな、もう、この世にいなかったりするのだろうな。
    ああ、池波正太郎氏ももう、あちら側に旅立ったのでした。
    今頃は、セトル・ジャンとペルノーとモーゴンの地酒を酌み交わしているのかもしれない。

  • こんな旅をしてみたい。

  • フランス紀行のまとめ版。

    買うかどうか迷いましたが、まとめて読めるから、まぁいいかと。

  • フランスで食べてるものばかりが気になった。

  • 「そこ自分でやらないと、旅が面白くないでしょ!」とつっこみたくなってしまう場面が何回もあるけど、そこは世代が違うということで仕方がない。
    フランスの田舎って、いいんだなぁ。

  • 流石に内容が被っていたのもありましたが。
    憧憬に霞む彼の地へと。良いねぇ。

全9件中 1 - 9件を表示

著者プロフィール

1923年東京浅草生まれ。60年「錯乱」で直木賞受賞。77年「鬼兵犯科帳」「剣客商売」「仕掛人藤枝梅安」の三シリーズで吉川英治文学賞を受賞した。90年没。

「2017年 『西郷隆盛 新装版』 で使われていた紹介文から引用しています。」

池波正太郎の作品

ツイートする