ニードフル・シングス 上 (文春文庫)

  • 文藝春秋
3.59
  • (18)
  • (22)
  • (51)
  • (3)
  • (0)
本棚登録 : 242
感想 : 23
  • Amazon.co.jp ・本 (631ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784167148157

作品紹介・あらすじ

平穏な田舎町キャッスルロックに骨董屋が開店した。店主は素性の知れぬよそ者、でも客はみな目を見張る。欲しくてたまらなかった品々が格安で手に入るのだ。条件はひとつ、店主に頼まれた「いたずら」を実行すれば…。キング作品でおなじみの町に、またも怪異が襲い来る。かつてないスケールと破壊力をそなえた大破局が。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • あの作品やその作品の人物が登場してくる、キングユニバースのクロスオーバー作品。
    じわじわとキング特有のディテールの積み上げ巻。
    この精緻に積み上げられた積み木をどう豪快に崩してくれるのか楽しみだ。

    ささ、下巻へ。

  • 内容
    平穏な田舎町キャッスルロックに骨董屋が開店した。店主は素性の知れぬよそ者、でも客はみな目を見張る。欲しくてたまらなかった品々が格安で手に入るのだ。条件はひとつ、店主に頼まれた「いたずら」を実行すれば…。キング作品でおなじみの町に、またも怪異が襲い来る。かつてないスケールと破壊力をそなえた大破局が。

  • 読んだときはピンと来なかったけど、いま関節炎っぽくて身につまされます。

  • 不思議な店が田舎の町に開店して、どのようになるか、ワクワクしましたが、しかし、...

  • 感想は下へ。

  • キングの中では最も好きな作品。早く電子書籍化しないかな……。
    主人公のアランがキング作品内1、2位を争うレベルの行動イケメンなところが好き。1F文庫
    最後がバッドエンドではないところも。

  • 読み終えるのにえらく日数がかかってしまった。
    上・下を1週間かけてようやっとゴール。

    これの前に読んだF・ポール・ウィルスンやマイケル・クライトンの小説は、
    ジェット・コースターに乗っているかのごとくストーリー展開が速かった。
    読み終えるのもあっという間。
    これらに比べると今回のキング作品は亀の歩みのごとくなかなか進まない。
    登場人物ひとりひとりの心理が動いていく様がびっしりと書かれている。
    事件が本格的に動き出すのは、、、(ネタバレのため略)。

    この作品の舞台はキャッスルロックという架空の田舎町。
    『スタンド・バイ・ミー』、『クージョ』、『ダーク・ハーフ』、『デッド・ゾーン』などの作品でもおなじみの町。
    これらの作品に登場した人物やエピソードもたびたび出てくる。
    なので、この町が登場する作品を一通り読んでからの方が、
    より楽しめるだろう。

    いつもいろんな意味でやりたい放題のスティーヴン・キングだけど、
    翻訳のほうもやりたい放題やっているので気持ちがいい。
    こちらもぜひご注目!

    教訓は「物欲は身を滅ぼす」??
    それとも「タダほど高いものはない」??
    あるいは「好奇心がネコの命取り」??
    書きたいことは山ほどあるのだが、
    ぜんぶネタバレになってしまいそうなので、このへんで止めときます。

    ちなみに、この小説はエド・ハリス主演で映画化されているそうだが、
    ストーリーがずいぶんといじられているようだ。

    以上は上下巻とも読んだ感想です。

  • くどいほどに色んな描写を積み上げて物語を組み上げていく所がキングの真骨頂なのよね、と実感する上巻。ちょこっとアメコミキャラの名前が出てきたりする。

  • 噂話と他人の悪口くらいしか娯楽の無い、極々平凡な小さな街(個人的にすげぇ嫌いな平凡だけど)に、一軒の古道具屋が出来た。
    その名も

    「ニードフルシングス」

    少年が、そこで大好きなベースボールカードを見つける。
    しかも本人のサイン入りだ!

    どうしてもソレが欲しいと少年は云う。
    店主は少年の思いに負け、条件付きでカードを譲る事にした。
    その条件とは
    「誰にも云わない事」
    そして
    「ほんのちょっとした悪戯をして欲しい」

    小さな街の平穏な日常。
    何の娯楽も無い退屈な街。
    しかし、不思議な事にニードフルシングスには、彼女彼らが望む全てのモノがあった!

    店の名はNeed Full Things(必需品)。

    店主は彼女彼らの望むモノを与える。
    条件は二つ。
    「誰にも云わない事」
    「ほんのちょっとした悪戯をして欲しい」

    街中の人々に必需品がまわり
    街中の人々が秘密を持ち
    街中の人々が条件を達成した時

    惨劇が起きた。

    自分では事を起こさず
    人々の業を操り
    にこやかに微笑む店主。

    さぁ、貴方の望むモノ(業)は何ですか?
    私が与えましょう。
    でも、守って欲しい事が二つだけあるんだ。
    それは

  • キングの小説の中でも読みやすくエンターテイメント性が高い作品。

    とある田舎町に新しい店が開店した。
    その店は住民がほしがる全てのものを格安で提供する。
    その条件はたった一つ、「何かのいたずらをする」こと。

    些細ないたずらがピタゴラスイッチのように連鎖し
    雪ダルマ式に悲劇が拡大していくパニックホラー。

    町が舞台の群像劇なので登場人物は多いけど
    登場人物の描写・掘り下げが細かく、
    各パートの引きが抜群に強いので全然飽きない。

全23件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

1947年メイン州生まれ。高校教師、ボイラーマンといった仕事のかたわら、執筆を続ける。74年に「キャリー」でデビューし、好評を博した。その後、『呪われた町』『デッド・ゾーン』など、次々とベストセラーを叩き出し、「モダン・ホラーの帝王」と呼ばれる。代表作に『シャイニング』『IT』『グリーン・マイル』など。「ダーク・タワー」シリーズは、これまでのキング作品の登場人物が縦断して出てきたりと、著者の集大成といえる大作である。全米図書賞特別功労賞、O・ヘンリ賞、世界幻想文学大賞、ブラム・ストーカー賞など受賞多数。

「2017年 『ダークタワー VII 暗黒の塔 下 』 で使われていた紹介文から引用しています。」

スティーヴン・キングの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
スティーヴン キ...
スティーヴン キ...
スティーヴン キ...
スティーヴン キ...
スティーヴン キ...
スティーヴン キ...
スティーヴン キ...
スティーヴン キ...
スティーヴン キ...
スティーヴン・キ...
有効な右矢印 無効な右矢印

ニードフル・シングス 上 (文春文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする
×