秘本三国志 (2) (文春文庫 (150‐7))

著者 :
  • 文藝春秋
3.73
  • (22)
  • (18)
  • (35)
  • (4)
  • (0)
本棚登録 : 175
レビュー : 8
  • Amazon.co.jp ・本 (280ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784167150075

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • (1983.02.08読了)(1982.10.31購入)
    (「BOOK」データベースより)
    洛陽に火を放ち、長安に遷都した董卓は、己の欲望を剥き出しにして恐怖政治を布いた。反董卓連合軍の諸侯は、虎視眈々と中原を窺うが、足並みは揃わない。そのなかから擡頭したのは、青州黄巾軍三十万を手中に収めた曹操だった。乱世を壮大なスケールで描く、陳舜臣版「三国志」第二弾。

    ☆陳舜臣さんの本(既読)
    「秘本 三国志 一」陳舜臣著、文春文庫、1982.07.25

  • 董卓の専横、呂布の裏切りと流浪が始まった。
    孫堅は地道に戦を重ねて基盤を築くが、不慮の死を遂げる。
    曹操は寡兵で苦労するが、道教との繋がりを持ち大きな力を手に入れた。
    劉備は少し触れられただけ。
    第三者の視点から描かれているため、客観的で史実に忠実な感じがします。

  • 神戸などを舞台とした作品です。

  • 仏教や五斗米道の方々がなかなかに強か。

  • 三国演技をベースとした物語が多い中、この小説は『正史三国志』をもとに書かれた名作である。蜀の劉備陣営ではなく、魏の曹操陣営を中心に描かれている点も面白い。
    第2巻は、曹操が青州黄巾軍を支配下におくあたりまで。


  • 三国志モノで、目から鱗、陳 舜臣氏にはまるキッカケとなったシリーズ。
    曹操のファンになり始めたのも、これがキッカケ。
    でも、孔明一番は変わらず〜

  • 平成19年2月2日読了

全8件中 1 - 8件を表示

著者プロフィール

1924年-2015年。神戸市生まれ。大阪外国語大学印度語部を卒業し、終戦まで同校西南亜細亜語研究所助手を務める。61年、『枯草の根』によって江戸川乱歩賞を受賞し、作家活動に入る。その後、93年、朝日賞、95年には日本芸術院賞を受賞する。主な著書に『青玉獅子香炉』(直木賞)、『玉嶺よふたたび』『孔雀の道』(日本推理作家協会賞)、『実録アヘン戦争』(毎日出版文化賞)、『敦煌の旅』(大佛次郎賞)、『茶事遍路』(読売文学賞)、『諸葛孔明』(吉川英治文学賞)、『中国の歴史』(全15巻)などがある。

「2018年 『方壺園 ミステリ短篇傑作選』 で使われていた紹介文から引用しています。」

秘本三国志 (2) (文春文庫 (150‐7))のその他の作品

陳舜臣の作品

ツイートする