斜陽 人間失格 桜桃 走れメロス 外七篇 (文春文庫)

著者 :
  • 文藝春秋
3.75
  • (142)
  • (124)
  • (244)
  • (10)
  • (3)
本棚登録 : 1503
レビュー : 143
  • Amazon.co.jp ・本 (558ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784167151119

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 太宰は好きな作品は好きだけど、嫌いなのは嫌い;
    走れメロスとか何度読んでも嫌い。
    初めて斜陽を読んだけど、結構鬱になりますね。

    駆け込み訴えはやっぱり好きだなー

  • 内容は暗いのに何故か気分が落ちることはない。

  • 初めて読んだ太宰治の本。今まで何となく(人間失格というタイトルや、太宰治の顔の雰囲気から)他人を寄せ付けず、他からどう思われていても平気そうな人と勝手に思っていたが、作品を読んでそのイメージが一変した。
    こんなに他人の目におびえ、苦悩を抱えた人だったんだな。

  • 斜陽、人間失格、走れメロスのみ
    斜陽の弟の遺書にあった言葉、
    「人間は、みな、同じものだ。なんという卑屈な言葉であろう」
    が印象的。たしかにね。

  • 鬱になる

  • 斜陽
    初めて読んだ太宰治の作品。
    文章の美しさに感銘を受けた。

  • だったらしい、太宰治(実娘の太田治子氏いわく)。

    『人間失格』、『斜陽』……学生時代に、手に取ったけど、どこがいいのかまったくわからず、面白いとも思えず挫折した(実家に行けば、両方とも文庫本があると思う)。「恥の多い人生を送って来ました」と言われてもねえ、ってかんじだったもんね、あの頃のワタシ。『走れメロス』は、学校で読まされた気がするけど、「ローマ時代の謂われのパクリ」と勝手に解釈したことしか覚えていない。

    今回は、森見登美彦の『新釈 走れメロス他四篇』を読みたいがために、まず本家に弟子入りした次第。かなり動機が不純。あ、あとは、上記の太田治子のインタビューを聞いて、関心を持ち直した、というか。

    で。

    いまの時代の若者に支持されているらしい、太宰。なるほど、生きることへの執着のなさ、人生の意味が見いだせないことへの絶望に近い日常的な失望感と虚無。「もう死んでしまいたい」。分からなくもない。それをここまで書けるのもすごいと思う。

    けどさあ、「なに眠いこと言ってんだ」ってかんじ。

    最近気づいたのだけど、男性作家の文芸作品、もっと狭めていうとエンターテインメントものには、面白いものが多い。だけど、ほとんどがそれどまり。ムラカミくんしかり、ケンザブロウ先生しかり。外国の作家も似たり寄ったりではないかと思う(ドストエフスキーは別格)。

    生きることについては、女のほうがよく知っていて、それをうまく表現できるのも女である。と、ものすごい差別的な考えを持ってしまった(ことに、いま気づいた)けど、アトウッドを、須賀敦子を、吉野せいを、読め。そうすれば、わかる。

    これが今年の読書から得た最大の収穫かも。


    いや、けれど。こんな偏見と差別でくくってしまって、いいのか…たぶん、だめ。なので、来年は、これを覆すような作家と出会いたい。男女も時代も国籍も関係ないって思えるような、作品に。

  • まさに、厭世的ながらも、とても生命力を感じる。「人間失格」でも、どこか「人間失格か・・・」と気を取り直し、開き直って、とにかくそれでも生きてみよう。
    こんな生命力を感じる作品である。斜陽も、どこか皮肉であり、厭世的ではあるものの、生命力を感じる文章と内容である。

  • 高校時代に読みました…。
    人間失格よりもむしろ斜陽が気になる…。

  • 『人間失格』は
    読めば読むほど気分が沈む沈む・・・
    でも読む価値はある。

著者プロフィール

1909年6月、青森県生れ。学生時代から小説の創作を始める。東大仏文科入学を機に上京。在学中に非合法運動に従事するもやがて転向し、以降、本格的な執筆活動を開始する。1935年に「逆行」が第1回芥川賞の次席となり、翌年、第一創作集『晩年』を刊行。1939年に結婚し、「富嶽百景」や「女生徒」、「走れメロス」などを発表。戦後には『斜陽』がベストセラーとなり、流行作家となる。「人間失格」を発表した1948年の6月に、玉川上水で入水自殺。織田作之助、坂口安吾らと共に「新戯作派」「無頼派」と呼ばれた。

「2019年 『太宰治 女性小説セレクション 誰も知らぬ』 で使われていた紹介文から引用しています。」

斜陽 人間失格 桜桃 走れメロス 外七篇 (文春文庫)のその他の作品

太宰治の作品

ツイートする