斜陽 人間失格 桜桃 走れメロス 外七篇 (文春文庫)

著者 :
  • 文藝春秋
3.75
  • (142)
  • (124)
  • (244)
  • (10)
  • (3)
本棚登録 : 1504
レビュー : 143
  • Amazon.co.jp ・本 (558ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784167151119

作品紹介・あらすじ

没落貴族の家庭を背景に、滅びゆく高貴な美を描く『斜陽』。太宰文学の総決算ともいうべき、小説化された自画像『人間失格』。ふたりの若者の信頼と友情を力強く表現した『走れメロス』など、20世紀の日本が生んだ天才作家の名作11篇を収める。奥野健男氏のくわしい年譜、臼井吉見氏のこまやかな作品案内と作家評伝付き。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • この本は「斜陽」「人間失格」「桜桃」「走れメロス」など、この一冊を読めば太宰治作品をほぼなめることができるので、とてもおすすめ。

    私がもう少しだけ綺麗で、もう少しだけ根性があったら、太宰治と不倫してこの人に私のすべてを捧げて捧げて、どうしようもなくぼろぼろになってみたいな、と思ったのは中学生の頃。子供だ‥。

    自意識過剰すぎた女子高校生を乗り越えて、大学生になって、もう一度太宰を読んだら私はどうなるのか?と思って読んでみた。
    一番びっくりしたのは前はわけわからんかった「斜陽」に感情移入できたこと。ほんの少しだけ大人の女に近づけたのかしら、遠慮がちにはにかんでみる。

  • 他七編は「ダス・ゲマイネ」「満願」「富嶽八景」「葉桜と魔笛」「駆け込み訴え」「トカトントン」「ヴィヨンの妻」
    なかなかお得な一冊である
    また10年後くらいに読み直そう

  • 鬱のような。淘汰されるような。鬱陶しい。

  • とてもとても面白かった。
    笑いあり、涙あり。

    母の「おしっこよ」と一番最後のMC「マイコメディアン」のオチにチェーホフじゃないんかよ!!wと爆笑してしまった。

    なんだかシュールで、、

    母が弱っていく描写はとても泣けた。
    自分の母を看病するカズコ、とても強く優しい女性だ。
    私と同じ歳なので、特に共感した。

    そして何よりも最後の弟の手紙に感動した。

    彼は根っからの貴族なんだ。
    どんなに一般人に合わせようと不良になったとしても、貴族として育てられた貴族なんだ。

    凄く感動した。
    最後の分の「僕は貴族です。」凄い泣けた。

    弟、どうしようもない奴だとばかり思っていたが、素直でお母さん思いのいい子じゃないか。

    太宰治初めて読んだが、こんなに面白いとは…。

    特に華族に対して興味を持っていたが、あまり華族がテーマの小説って私の知る中では少ない。

    凄い良いテーマだと思ったし興味深かった。

    一気読みだった。

    そしてボリュームもたっぷりでどれも面白かった。

    用語の解説がそのページに書いてあるのがとてもよかった。

    どの小説も面白く、可笑しく、人間臭さがあり素直な文体が気に入った。

    特に気に入ったのは「富嶽百景」
    知的可笑しさが満載。

    富嶽百景は太宰が精神的にも一番安定しているときに書かれたものらしく、落ち着いた文体とストーリー、美しく静かな小説だ。

    彼はきっとユーモアたっぷりの面白おじさんなんだと思った。

    私はこういう男性、チャーミングで可愛いと思う。

  • 太宰は好きな作品は好きだけど、嫌いなのは嫌い;
    走れメロスとか何度読んでも嫌い。
    初めて斜陽を読んだけど、結構鬱になりますね。

    駆け込み訴えはやっぱり好きだなー

  • 斜陽のお母様がスープを飲むシーンが忘れられない。

  • 人間失格はもう何度も読み返してる
    そのたびに印象が違う感じ
    重たい内容だけど 小説としての面白さが好きだからかもしれない

    斜陽に挑戦中・・・

  • 太宰治って、暗い人というイメージがあったけど、文章はとても読みやすく、普通浮かんでは、すぐ消えていく考えを、そのまま文章に出来るって、すごい人です。

  • 2019年映画公開
    小栗旬が太宰治役!
    蜷川実花さんが映画「人間失格」監督を務め、小栗旬さんがなんと太宰治に!

  • 再読。

    やっぱ斜陽と駆け込み訴えが私の中の太宰トップ争いする。

  • 内容は暗いのに何故か気分が落ちることはない。

  • 時間がかかった〜
    時代を感じる文章、詰めに詰めた段落。読みづらい!
    すべての話が太宰の心の鱗の吐露なのか?
    人間失格よりも斜陽よりも、走れメロスよりも富嶽百景が一番良い。井伏鱒二、佐藤春夫らの文豪との絡み、太宰の執筆の姿が富士の麓で繰り広げられる。

  • 「斜陽」・「人間失格」・「ダス・ゲマイネ」・「満願」・「富獄百景」・「葉桜と魔笛」・「駈込み訴え」・「走れメロス」・「トカトントン」・「ヴィヨンの妻」「桜桃」の11篇を収録。表題の4作以外ではユーモラスなロマンスの「ダス・ゲマイネ」、切ない雰囲気が好きな「葉桜と魔笛」、フィニッシュストロークが秀逸な「駆け込み訴え」が個人的ベストです。

  • 斜陽、人間失格など11作品が収録されている。斜陽の上原や直治、人間失格の葉蔵、ヴィヨンの妻の大谷など、社会的に真っ当な生き方から外れて酒に溺れる人物が繰り返し登場する。弱さ、強さとは何か?を考えさせられた。酒に溺れても金がなくなっても、周囲から絶縁されても、生に固執すること、生き延びることが強さだと思う。

  • 110人間失格
    恥の多い生涯を送ってきました〜
    いまは自分には、幸福も不幸もありません。ただ、一さいは過ぎて行きます。
    ・自分には、人間の営みというものが分からない。

    自分自身を隠すため、道化になる
    →思春期の悩みが一生涯続いている感じ
    自我の確立に失敗した?

  • 本当の意味で人を信じることができなかったのだろう。
    道化を演じることができるほど器用だったことは、彼にとって良かったのであろうか。

  • 人間失格も吉村昭推薦。太宰治が入水自殺する1ヶ月前に書かれた作品で、死を前に書いた自伝でもあり、遺書でもあった。

  • 未読の「 葉桜と魔笛」「駆込み訴え」、青空文庫にもあるようだけれどせっかくなのでまとめて。葉桜、は妹が姉の耳元で・・・派です。

  • 【斜陽】
    この世には、美しいものと醜いものとが混在していて、もちろんそれは明確に線引きされてこっちは美でこっちは醜だという風にはなっていません。むしろ、美醜は同一のモノやコトに同居していて、見るとき、見る者によってどちらの面も発現しうるものであるのだ、ということを徹底的に謳った物語のように感じました。
    話の大筋だけを捉えると、旧貴族の凋落を描いたどうしようもなく暗い話です。暴力はありませんが、全体が死の気配で満ちています。
    嫌悪、疾病、泥酔、困惑、貧乏、没落。そういうネガティブなものが充満する中にあって、可愛らしさや純粋さがところどころで突然に顔を出します。小さく容易に壊れてしまいそうなものであっても、暗く汚れた中にただ一つそこにあって輝いている。それだからこそ一層美しく見える。そういうものを描きとった作品だと思いました。
    ただ、それだけでは終わらないぞ、という最後の章です。ドロッとした舌触りが飲み込んだあとも残るような読後感です。

    【人間失格】
    著者が紙の向こう側から、こう訴えかけているような気がしてなりませんでした。
    「これは、あなたの手記ですよ」
    脅かしでもなく、呪いでもなく、単に事実を伝達されているような感覚でした。
    かつて、人間失格を読むと自ら死に近づく者がある、というようなことを聞いたことがあり、ずっと敬遠してきました。あるいはそういうこともあるかもしれませんが、それはちょっと感度が高過ぎるかな? という気がします。
    あなたの「一部」はこの男の痛みを共有しているのではありませんか? というように感じました。
    作中の人物に著者の生い立ちと当時の心境を重ねる向きもあるようですが、そうしたところで資料的な価値はともかく、鑑賞する側にはあまり意味がないかも知れません。自分にも思いあたる節があるなというところと、ストーリーが率直におもしろいと思いました。

    【ダス・ゲマイネ】
    同人誌を刊行しようと企てる青年らの、なんだかグズグズしたやりとりの話です。前2篇のような暗さはあまりなくて、どちらかというと滑稽な感じです。ただ、なんだかパッとしない人たちのうんちくや理屈っぽい議論が連続するので、もしかするとそういう人々一般に向けられた皮肉なのかも知れないな、という印象でした。
    登場する誰に焦点を当ててみても楽しめる作だと思います。それぞれが個性的でありながら没個性的、特徴はあるけれどそれでも凡庸、という、ある面であらゆる人に共通したの空しさみたいなものを描いています。
    そんな話がダラダラと続き、色々なことが突然にサッと片付いてしまいます。そんなところは大変に潔い作品です。これでいいのだ、という一種の主張かも知れません。

    【満願】
    ショートショートと呼べるくらいの短編です。読みやすいですが、意味を理解しかねる箇所があって、思わずインターネットで調べてしまいました(が、そんなことしなければよかったのかも知れません)。なるほどそういう意味か、と思ったのですが、これは自然に察することができる類のものなのでしょうか? それともやっぱり小説的余白みたいなもので、読み手側で書き込み自由な部分なのでしょうか?
    肺の患者を旦那にもつ奥さんが、医者になにかを「固く禁じ」られていて、それを「辛抱」しているという話で、ある日「おゆるしが出た」ことによって「うれしそう」に彼女が「さっさっと飛ぶように歩いて」いるというシーンで締めくくられます。
    こうやって要約してみると種々の解説も、なるほどそうかもな、と思えるし、もうそうとしか考えられないのですが、一体なにが禁じられていたのか? 最後の一文の意味は? こんなことを考えるのは、いかにも想像する楽しさそのもののようです。


    【富嶽百景】
    小説の体ですが、エッセイのようでもあります。富士を中心に据えて、その見栄えに対する主観的な評価を、自身の居所と心境に重ねながら展開していくお話です。つまり、その時みえた富士のことを主人公が云々いうわけですが、読みてからすれば、それはいまアンタがそういう心持ちなんだよ、と言いたくなるような感じです。きっとそれを見越して書かれたのでしょう。
    下敷きとなっているのは、当人の縁談です。
    靄のかかったような心境が続く点ではその他の作と同じです。相変わらず悩みを抱えて続けていますが、全体的に陰鬱とした感じはありません。
    最後も、愉快に明快に締めくくられます。爽やかな、希望の光の差し込むような眩しさで終わるので、気持ちのいい作品です。

    【葉桜と魔笛】
    苦しい。この話は苦しい。こんなに短い文章にこれだけの悲哀を凝縮するのはブラックホールを創出するようなものです。

    【駈込み訴え】
    なるほど。言葉遣いから明治から昭和の話かと思って読んでおりますと、ああなるほど。中盤辺りから、ユダの話か、と感づきます。

    【走れメロス】
    教科書で読んだ時にはそんな風には思いませんでしたが、すごく短い作品なんだな、と。それなのにあれだけのストーリーとメッセージが凝縮されているなんて。脱帽です。

    【トカトントン】
    「なにをやってもモノにならない、途中で投げ出してしまう、なんでしょうこれは。困ってるんです」という読者からのダラダラした手紙に太宰が数行で回答する、というか一蹴するという体裁をとっています。
    現代人にも響く、かもしれません。
    否、現代人の悩みの性質は本作のそれよりもはるかに低質でしょう。この時代に居合わせた太宰なら、私たちに向けてどんな回答をするのでしょう。或いは、取り上げることすらしてくれないかも知れません。

    【ヴィヨンの妻】
    女性の強さと男性の弱さを最大限に増幅した、というような作品でした。それも、恐ろしいくらいに。後味のあまりよくない感じがしました。

    【桜桃】
    感想が思いつけないです。なんでしょうか、このお話は。

  • 人間失格、駆け込み訴え、トカトントンを読んだ

全143件中 1 - 20件を表示

著者プロフィール

1909年6月、青森県生れ。学生時代から小説の創作を始める。東大仏文科入学を機に上京。在学中に非合法運動に従事するもやがて転向し、以降、本格的な執筆活動を開始する。1935年に「逆行」が第1回芥川賞の次席となり、翌年、第一創作集『晩年』を刊行。1939年に結婚し、「富嶽百景」や「女生徒」、「走れメロス」などを発表。戦後には『斜陽』がベストセラーとなり、流行作家となる。「人間失格」を発表した1948年の6月に、玉川上水で入水自殺。織田作之助、坂口安吾らと共に「新戯作派」「無頼派」と呼ばれた。

「2019年 『太宰治 女性小説セレクション 誰も知らぬ』 で使われていた紹介文から引用しています。」

斜陽 人間失格 桜桃 走れメロス 外七篇 (文春文庫)のその他の作品

太宰治の作品

斜陽 人間失格 桜桃 走れメロス 外七篇 (文春文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする