少年計数機 池袋ウエストゲートパークII (文春文庫)

著者 :
  • 文藝春秋
3.56
  • (417)
  • (768)
  • (1520)
  • (56)
  • (3)
本棚登録 : 5678
レビュー : 427
  • Amazon.co.jp ・本 (352ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784167174064

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 表題の話は泣けたなあ。切ないです。マコトが気づいてあげられて良かったと思った。ひとりでも理解してくれる人がいるだけで救われるものだから。

  • 面白かった、4つの短編から成り立つが、
    後に行くにつれて、面白くなっている。

    最後の「水のなかの目」は特に秀逸。
    題材に女子高生コンクリート殺人事件が使われている感じ。
    改めて人は残酷になりうる存在だと気づかされる。

  • シリーズ2作目。「銀十字」の2人の爺さんかっこよかったなあ。池袋のストリートを舞台とした若者達の義理と人情物語。

  • 2作目ということで、読む私にも免疫がついてきたみたいです^^ 暴力的なところは慣れることは出来ないですが、自分の街の治安を守ったり、義理のために厄介事に巻き込まれてしまうマコトは嫌いではありません。事件にどういうケリをつけるのか楽しみになってきました。

  • 妖精の庭
    サチアスミストーカー愛

    少年計数機
    ヒロキ天才兄

    銀十字
    老人ひったくりシルヴァークロス早起き

    水のなかの目
    大人のパーティ潰し

  • 池袋西口公園。思い出の場所。笑
    読みやすいし面白い。石田衣良好きだなー。

  • 可もなく不可もなくでしょうか。あまり記憶がない。。

  • コレはハマる。

    1作目以上のインパクトと、
    ハードボイルドさ。
    この刊の最終話『水のなかの目』は、
    読む手が止まらなかった。

    『俺たちは皆、普通のありふれた世界に生きている。
    それが実は叫びたくなるくらい異常な事だと知りながらね。』

    ブクロ最高!!

  • おれたちはみんな自分の場所にいることしかできない。他人になることもできない。与えられた場所で、全力でなにか大切なものを守る。それ以外になにができるというのだ。
    インターネットで自分の部屋での生活を動画配信する若い女性たち。そんな“電子の妖精”をストーカーするエリートサラリーマンの皮をかぶった怪物。怪物も償いをしなければならない――『妖精の庭』
    「世界を知るには、世界を数えくちゃいけないんだ」
    素数。自分と1以外では割りきれない、友達のいない孤独ないい数字。
    素数のように他者を拒絶し超然とした笑顔を浮かべながら、まわりのすべてを数え続ける少年・ヒロキ。そんなヒロキを放っておけずにいたマコトは、複雑に絡んだ誘拐事件に巻きこまれていくが…『少年計数機』ほか2編。

    池袋の街を疾走する危険な青春。新世代ストリートミステリー第2弾。

  • 2013/8/13
    一作目がおもしろかったので続編も読むことにした。

    文が読みやすく、読みやすいのに細かな描写。話し自体はわかりやすく、先が読めるものもあるがおもしろい。

    さくっとよめる良い小説でした。

全427件中 41 - 50件を表示

著者プロフィール

石田 衣良(いしだ いら)
1960年東京生まれの小説家。フリーター、広告代理店でのコピーライターを経て、36歳のときに一発祈念して執筆活動を開始。
1997年、『池袋ウエストゲートパーク』で第36回オール讀物推理小説新人賞、2003年『4TEEN フォーティーン』で第129回直木賞、2006年『眠れぬ真珠』で第13回島清恋愛文学賞、2013年『北斗 ある殺人者の回心』で第8回中央公論文芸賞をそれぞれ受賞。
多くの作品がドラマ・映画化されている。代表作に、ドラマ「池袋ウエストゲートパーク」「下北サンデーズ」、映画「アキハバラ@DEEP」、「娼年」。
2015年にウェブ個人誌『小説家と過ごす日曜日』を創刊するなど、メディアをまたにかけて活躍を続けている。

少年計数機 池袋ウエストゲートパークII (文春文庫)のその他の作品

石田衣良の作品

ツイートする