骨音―池袋ウエストゲートパーク3 (文春文庫)

著者 :
  • 文藝春秋
3.52
  • (326)
  • (635)
  • (1345)
  • (56)
  • (2)
本棚登録 : 4885
レビュー : 348
  • Amazon.co.jp ・本 (364ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784167174088

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  •  (´ε`;)ウーン…

     地域通貨とかその時々に旬だった題材をとりあげ、新しいキャラクターも入れ代わり立ち代わり、常にリフレッシュしてるんだけど……(´ε`;)ウーン…

     あまりにもキザたらしく中二病まるだしなハードボイルド文章も、慣れてくればまあ、それほど気にはならないんだけど……(´ε`;)ウーン…

     どの作品も、途中までは、いいんだけど……(´ε`;)ウーン…

     後に何も残らない。印象が薄い。つぎつぎ忘れていく……(´ε`;)ウーン…

     このシリーズ最大の欠点は、主人公の設定があんまりにもチープすぎるとこだな……(´ε`;)ウーン…
     なにせ、ブクロ最大のストリートギャングのカシラとダチ。かつ、地元ヤクザの若いのともダチ。かつ、地元警察の偉いやつにも顔が利く……(´ε`;)ウーン…
     本人もそこそこ腕っぷしがあるし、頭がいいし、生活に困ってないし、母は元気で親子仲もいいし、致命的なコンプレックスもトラウマも身体的ハンデもない……(´ε`;)ウーン…
     危ない雰囲気の場所に行きはするけど、殴られも蹴られもしない……毎回そうだから、ハラハラもドキドキもしなくなっていく……(´ε`;)ウーン…
     この手の小説、主人公を安心して見てられるようじゃマズイんじゃないかしら?……(´ε`;)ウーン…
     せめて、最低限でも、タカシ&Gボーイズがマコトの宿敵、毎度立ちはだかる壁とかいう設定であってくれないと困るなあ……(´ε`;)ウーン…
     いくらなんでも、あいつら強すぎなんだよ(>_<)

     よく言えば現代版「水戸黄門」?「遠山の金さん」?
     寄らば大樹の陰。予定調和。虎の威を借る狐。
     こういうの好きな人がたくさんいるからシリーズも長々続いたんだろうけど、自分としてはもうお腹いっぱい……(´ε`;)ウーン…
     あきちゃった(>_<)
     あと一冊二冊読んだら終わりにしよう……(´ε`;)ウーン…

    2019/06/25

  • ・骨音
    ・西一番街テイクアウト
    ・キミドリの神様
    ・西口ミッドサマー狂乱
    ・解説 宮藤官九郎

  • 3巻。徐々にテーマが重くなってきました。
    そしてそろそろ飽きがきそうです・・・。

  • IWGP3

  • 疾走感は石田ならでは。さらさらっと。

  • ・骨音
    ・西一番街テイクアウト
    ・キミドリの神様
    ・西口ミッドサマー狂乱(レイブ)
    以上4作。
    IWGPの中ではいまいちと思った。

  • 特別編のやつ

    なんか、輝きが・・・。

  • なんか段々先がまるっきり分かるようになって、面白くなくなったな。
    解決方法にもあんま魅力が持てないー。うーん。

  • 気分の問題かもしれないけど、ちょっと期待はずれでした…。ちらほら見るレビューにも書いてあったけど、マンネリ化かね。石田さんの表現が好きだけど、特別印象に残る文がなかった巻。

  • 1巻2巻と比べるとあまり面白くないかもしれない。西一番街テイクアウトは面白かったと思う。マコト・キング・サルが出てると面白い気がする。

著者プロフィール

石田 衣良(いしだ いら)
1960年東京生まれの小説家。フリーター、広告代理店でのコピーライターを経て、36歳のときに一発祈念して執筆活動を開始。
1997年、『池袋ウエストゲートパーク』で第36回オール讀物推理小説新人賞、2003年『4TEEN フォーティーン』で第129回直木賞、2006年『眠れぬ真珠』で第13回島清恋愛文学賞、2013年『北斗 ある殺人者の回心』で第8回中央公論文芸賞をそれぞれ受賞。
多くの作品がドラマ・映画化されている。代表作に、ドラマ「池袋ウエストゲートパーク」「下北サンデーズ」、映画「アキハバラ@DEEP」、「娼年」。
2015年にウェブ個人誌『小説家と過ごす日曜日』を創刊するなど、メディアをまたにかけて活躍を続けている。

骨音―池袋ウエストゲートパーク3 (文春文庫)のその他の作品

石田衣良の作品

ツイートする