電子の星 池袋ウエストゲートパークIV (文春文庫)

著者 :
  • 文藝春秋
3.51
  • (262)
  • (562)
  • (1145)
  • (48)
  • (5)
本棚登録 : 4405
レビュー : 320
  • Amazon.co.jp ・本 (309ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784167174095

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 標題の電子の星はよかった。
    相変わらずマコトがちょいちょい言いこと言う。

  • 2012.10

  • IWGPシリーズ、Ⅳから読んじゃった。

    ドラマから観たあやにとってはすーごくヴィジュアル化しやすい本でした。ところどころイメージ変わっちゃうのはしょうがないね。

    いつもどーりえぐいけど、IWGPシリーズだからラストは救いがある感じでよかった。

  • ラーメン戦争、息子の死の真実、移住外国人、SMクラブの事件解決

  • 関係ないけど表紙の女の子が可愛い(笑)
    『IWGP』シリーズは読後、必ずと言っていいほど心が温かくなり、優しい気持ちになれる。冷たい風に曝され、孤独で悲しい気持ちが溢れた時、是非読んでみるといい。ほっとするような人情とその温もりを感じる一時になるはず。
    特に「黒いフードの夜」が好きかな。ラーメン屋の行列を「ラーメンライン」と訳すセンスもなかなかイカす。
    『IWGP』は好きなシリーズ。これからも続きを読んでいこう。

  • 前に一回読んだ筈なのに、表題の【電子の星】の内容を完璧に忘れてた(^^;)
    ラーメンの話は覚えていたんだけどな~(>_<)
    IWGPシリーズを読んでいると、池袋に居るような気持ちにさせてくれるから楽しいです♪

    (2012.09.26)

  • 今回のIWGPはやけに人間くさい。

    東口ラーメン・ラインは、Gボーイズのツインタワーが引退してラーメン屋を開業。

    ラーメン戦争とツインタワーの恋なんていうらしからぬ展開。

    ワルツ・フォー・ベビーは、上野のチームの元リーダーの命日を巡る、人間関係。

    黒いフードの夜は、ミャンマーからの難民の話と、とにかく裸子からに人間くささ。

    と思っていたら、最後の電子の星はそんな気分を吹っ飛ばす、ストロベリーナイトみたいなグロテスクな話の展開となった。

    久しぶりに本読んで吐き気がした。

  • ちょっと鼻につく感じもあるけど、話としては面白い。

  • IWGP好きな私としては、石田 衣良作品読みたいな~と思っていたのですが、なかなか手にとる機会がなく。友達に借りて読みました。ドラマと結構マコトは性格違います。もっと内気。テーマ性がはっきりしつつも、おしつけがましくなくって、ルポ読んでるみたいな感覚。

  • まあまあ

全320件中 71 - 80件を表示

著者プロフィール

石田 衣良(いしだ いら)
1960年東京生まれの小説家。フリーター、広告代理店でのコピーライターを経て、36歳のときに一発祈念して執筆活動を開始。
1997年、『池袋ウエストゲートパーク』で第36回オール讀物推理小説新人賞、2003年『4TEEN フォーティーン』で第129回直木賞、2006年『眠れぬ真珠』で第13回島清恋愛文学賞、2013年『北斗 ある殺人者の回心』で第8回中央公論文芸賞をそれぞれ受賞。
多くの作品がドラマ・映画化されている。代表作に、ドラマ「池袋ウエストゲートパーク」「下北サンデーズ」、映画「アキハバラ@DEEP」、「娼年」。
2015年にウェブ個人誌『小説家と過ごす日曜日』を創刊するなど、メディアをまたにかけて活躍を続けている。

電子の星 池袋ウエストゲートパークIV (文春文庫)のその他の作品

石田衣良の作品

ツイートする