アキハバラ@DEEP (文春文庫)

著者 :
  • 文藝春秋
3.49
  • (233)
  • (390)
  • (764)
  • (84)
  • (18)
本棚登録 : 3086
レビュー : 394
  • Amazon.co.jp ・本 (542ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784167174118

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 深く考えずに読めばおもしろいと思う。考えると突っ込み所が多くて萎える。

  • オタク少年が伝説のプログラムを開発し、巨大企業と戦う

  • おもしろい、おもしろいんだけど、、、

    IWGPシリーズみたいな考えさせることは少ないかも。
    細かいディティールは突っ込みどころ満載、ストーリーも意外と軽い。
    ライブドアの堀江さんとソフトバンクの孫社長を足して2で割って変態にしたような敵に対して冒険(?)活劇。
    何がどうとはいえないけど、ちょっと消化不良かも。

  • 石田衣良は個性的なキャラを作るのがホントうまい。
    aiがネットの中で生命体として誕生するってのはちょっと甲殻機動隊が入ってるけど。

  • 最近、ベンチャービジネスという言葉に引かれて、本を買うことが多くなってきている。

    最近はまっている、石田衣良。

    この人は基本的にデジタルトレンド系の作家なのだろう。

    今回は、秋葉原に集うオタクたちが、Web上の人生相談サイトの管理人に導かれ、会社を結成。それぞれの特技を生かして、画期的な検索エンジンの開発を始める。

    ところが、中込(孫正義をモチーフにした)率いる、デジタルキャピタル(通称デジキャピ)の陰謀により画期的な発明を奪われる。

    オタクたちは、意を決して悪の秘密結社であるデジキャピと戦うという、まさにマンガの世界を描いた作品である。

    全体の雰囲気はデジタルトレンド名な世界は以前に読んでいた作品と、近いものがあるが、終盤の部分はまさにマンガチックで、同世代の作家が描く作品としては、信じられない若さとパワーを持っていることに、素直に関心した。

  • ひとりひとりでは出来ないことも、仲間と一緒なら足りないものを補い合うことで達成出来る。それを感じる作品だと思います。

  • 秋葉原舞台のおたく6人の物語。
    私は秋葉原にはいったことないし、コンピュータのこともおたくのこともよくわからないけど、すごいなと思いました。
    なんていうか熱い。
    パソコンに何十時間も向かっててお風呂入らないなんて信じられない!!!って思ってたけど好きなことを思う存分できるって羨ましいなと感じました。
    それぞれキャラクターも個性溢れる感じでしたし。
    私にとっては未知の世界のお話でしたので先が気になって一気に読んでしまいました。

  • これ、ホントつまんないのでご注意を(^_^;)

  • 元気が出る本。制約条件下で結果を出す。希望がもてる。

  • テレビでおなじみの石田依良さんはどんな小説を書くのかと手に取ってみました。私のストライクゾーンからは外れるなあ。もう一冊くらいは読んでみますので、誰かおすすめあれば教えて下さい。

全394件中 41 - 50件を表示

著者プロフィール

石田 衣良(いしだ いら)
1960年東京生まれの小説家。フリーター、広告代理店でのコピーライターを経て、36歳のときに一発祈念して執筆活動を開始。
1997年、『池袋ウエストゲートパーク』で第36回オール讀物推理小説新人賞、2003年『4TEEN フォーティーン』で第129回直木賞、2006年『眠れぬ真珠』で第13回島清恋愛文学賞、2013年『北斗 ある殺人者の回心』で第8回中央公論文芸賞をそれぞれ受賞。
多くの作品がドラマ・映画化されている。代表作に、ドラマ「池袋ウエストゲートパーク」「下北サンデーズ」、映画「アキハバラ@DEEP」、「娼年」。
2015年にウェブ個人誌『小説家と過ごす日曜日』を創刊するなど、メディアをまたにかけて活躍を続けている。

アキハバラ@DEEP (文春文庫)のその他の作品

石田衣良の作品

ツイートする