アキハバラ@DEEP (文春文庫)

著者 :
  • 文藝春秋
3.49
  • (233)
  • (390)
  • (764)
  • (84)
  • (18)
本棚登録 : 3086
レビュー : 394
  • Amazon.co.jp ・本 (542ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784167174118

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 映画(レンタルDVD)を先に見てしまった。
    映画を見ないで読めばもっと楽しめたかな。

  • 面白い

  • 不覚にも後半は涙で文字が読めなかった。読み始める前はてっきり秋葉を舞台にしたドタバタコメディーみたいのをを想像してたけどとんでもない。最高に熱いエンタメ小説だった。

    まず登場人物の誰もが非常に前向きで、ポジティブで、勢いがあるのだ。その背景にはユイさんという彼ら6人が集う事となった直接のきっかけとなった人物がいる。そしてそのユイさん亡き後のAIをモデルに作られたこの物語のキモ「クルーク」というサーチエンジン。

    クルークを中込の野郎に盗まれたときはまるで自分が@DEEPのメンバーの一員になったかのように怒りと喪失感を感じた。そしてメンバー全員の無力感が痛いほど理解できた。

    でもそんな彼らを導いてくれたのはやっぱりユイさんという存在だった。ネットの世界を漂うイルカは紛れもなくユイさんそのものだったと思う。ユイさんの「なにも持っていないなら恐るものはない」という言葉がどれほど力強く鼓舞してくれただろうか。

    この小説が出版されたのはほんの数年前であるはずなのに既にこの小説の秋葉と現在の秋葉とではまたまったく違う様相であると思う。その変化や技術の進歩に人間という生物はついていけているのかというページの疑問には共感せざるを得ない。しかしその時代の流れに逆らうが如く前向きに前進する@DEEPのメンバーたちの姿がひたすらに心地よく見ていて本当に清々しかった。

    最初から最後まで一息に駆け抜けられる最高のエンタメ小説でした!!

  • いわゆるオタクさん文化の原型のようなサクセス?ストーリー
    青年よ、大志を抱け感がする

  • これは、秋葉原を舞台にしたおたく達の冒険の物語です。
    一人一人じゃ、ただの気持ち悪いおたく達が、自分たちの持つ異能を認め合い活かしながら助け合って生きていく!
    そして、秋葉原を、自分たちのアイデンティティを守るため、企業家のエゴと闘うヒーローの物語です。
    ヒーローものだから、ヒロインも登場するんだけど、可愛いというよりも格好いいヒロインだ。
    途中から、彼らを一所懸命に応援している自分がいました。
    石田衣良作品は、池袋WGPシリーズ以外はあまり読んでない私ですが、やっぱり石田衣良作品はいいっすね。

  • 【青年5人:社会からドロップアウトした「おたく」w】

    IT業界に革命を起こすような開発をし新たなビジネスに踏み込む。
    彼らのアイデアを略奪しようと不審な動きが。。
    おたく青年5人とIT業界の帝王の熾烈な戦いが繰り広げられる。

    青年たちの行く末は。。

  • 題名からは、内容が全く解らなかったが、読むと面白かった!
    初めは頼りないオタク達が成長し、最後にはスカッとさせてもらった。

  • 535ページにも及ぶ長い小説だったが飽きることなく読めた。コンピュータ関連の描写にツッコミを入れたくなってしまうのは職業病なのでしょうがないとして、こんなことができたらなぁと思える世界だった。最後は食い入るようにのめり込んだ。とても面白かった。

  • いままで読んでなかったのが悔やまれるほど、面白く、そして熱い。

  • 石田衣良著、秋葉原系の若者達の物語。前半はある素晴らしいソフトを作りあげるまでの軌跡、後半は盗まれたソフトを取り戻す為の痛快な復讐劇。

    特にぐっと来るような所はないかもしれませんが、それなりに面白い本ではないでしょうか。秋葉原に詳しい人が読んだらもっと面白いんだろうなぁ。今映画もやっているようですね。

    前に読んだ石田衣良の『娼年』と雰囲気が全然違ったので、この人の作風が良く分からなくなりましたね。もう一冊くらい読んでみるかな。

全394件中 51 - 60件を表示

著者プロフィール

石田 衣良(いしだ いら)
1960年東京生まれの小説家。フリーター、広告代理店でのコピーライターを経て、36歳のときに一発祈念して執筆活動を開始。
1997年、『池袋ウエストゲートパーク』で第36回オール讀物推理小説新人賞、2003年『4TEEN フォーティーン』で第129回直木賞、2006年『眠れぬ真珠』で第13回島清恋愛文学賞、2013年『北斗 ある殺人者の回心』で第8回中央公論文芸賞をそれぞれ受賞。
多くの作品がドラマ・映画化されている。代表作に、ドラマ「池袋ウエストゲートパーク」「下北サンデーズ」、映画「アキハバラ@DEEP」、「娼年」。
2015年にウェブ個人誌『小説家と過ごす日曜日』を創刊するなど、メディアをまたにかけて活躍を続けている。

アキハバラ@DEEP (文春文庫)のその他の作品

石田衣良の作品

ツイートする