灰色のピーターパン 池袋ウエストゲートパークVI (文春文庫)

著者 :
  • 文藝春秋
3.67
  • (156)
  • (389)
  • (437)
  • (22)
  • (4)
本棚登録 : 3022
レビュー : 176
  • Amazon.co.jp ・本 (310ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784167174132

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 2013/04/18読了

    IWGPシリーズ6 エンターテイメント小説は時間を忘れて読めるからいいね。シリーズ化することで、これまでに登場した人物や事件も絡めてくるから、尚更ファンにとってはたまらない。

    <灰色のピーターパン>
    "インストール"に似た感じ。
    頭の使い方一つで、子どもでも楽に大金を稼ぐことができる時代なのだから、なんだか虚しく思ってしまうマコトの気持ちもわかるな。
    まさか春麗が出てくるとは。
    子どもが帰る場所「親」が、ラストにあるっていうのがいいね。

    <野獣とリユニオン>
    今作で一番好きなエピソード。
    妹にしてみれば煮え切らないところもあるかもしれないけれど、最も美しい終結の仕方だったと思う。人を許す、認めるということはきっとこういう覚悟と心意気がなければできないのだ。

    <駅前無許可ガーデン>
    Gボーイズ&ガールズとは一体何者なんだろうかと常々思うけどそれは無粋かな。
    サリンジャーの『ライ麦畑で捕まえて』 のキャッチャーミットの話が出たのはちょっと嬉しかった。色んな解釈があるけれど、私はこの作品で提示された解釈が好きだから。
    日本は闇の淵の不条理しかなくて、それこそキャッチしてもらわなければ救われないようなものだ。それが子育てとか、親という責任的立場にある、ともいえる。
    "母" としての笑顔のくだりがお気に入り。

    <池袋フェニックス計画>
    シビルウォーのように、緊迫した空気感こそIWGPっぽいなと思う。
    革新の後ろには傷が生み出される。それを知らずに革新を進めれば、精神的にも物理的にも、弱者の死体だらけになってしまうのだ。
    エリートはそれを知っている。見ないフリを決め込んでいるだけなのだ。
    心苦しいシーンもあったが、計画が動き始めてからは爽快だったね。現実の日本でも完全に遂行できるはずのない排除・消毒がまかり通っているふしがあるから、何ともいえない気持ちにはなったけど。

  • ★★★★☆
    野獣とリユニオン、駅前無認可ガーデンが入っていたから4★

    宮藤官九郎脚本で猛威を奮ったテレビドラマの原作。クドカンだからあーなったし、だから猛威を奮ったと思う。
    視点は、「携帯電話やパソコンと同じようにデリヘルもモデルチェンジしているようだった。なにもかもそんなスピードで変わらなくても、おれはいいと思うんだが。(池袋フェニックス計画p217」同様に多様化若年化する社会問題への風刺。

  • またまた安定のIWGP。

    窪塚洋介のキングも良かったですが、段々小説のキングもいいなと思います。

    野獣とリユニオンが面白かった。
    池袋フェニックス計画ではサルが活躍。

  • IWGPシリーズの6作目。
    今回は「野獣とリユニオン」「駅前無認可ガーデン」が良かった。
    マンネリ感をあまり感じないのは、時代背景が生きている(動いている)からだろうか。
    そういう意味では、一刻も早く最新作に追いつきたいものだ。

  • 灰色のピーターパン
    小学五年生の子供がマコトに仕事の依頼。健気な理由でパンチラ写真を売りまくるチグハグな子供とマコトとの交流。説教臭くないけど子供の心を入れ替えさせるマコトとの交流は微笑ましい。
    サルとの友情もいい。
    野獣とリユニオン
    凶悪犯と被害者の話。裏の事情を解き明かし、誰も傷つけずに問題を解決するマコト。被害者の言葉に感動。現実にここまで割り切れる奴がいるのだろうか。吉岡やタカシも出てきて、いい味出してる。でも、いい話だね。
    池袋フェニックス計画
    風俗に流れた姉の救出依頼から、大きな事件へ。色々あったが、最後はマコトらしい裁きで、終わる。後味は悪くない。こういう結末があってもいいかもね。
    駅前無認可ガーデン
    こういう世界もあるよね。お水の皆さんも大変だもの。

  • 毎回良くもここまでテンポの良い清々しい幕切れの
    短編が思い浮かぶものだと感心してしまう。

    読み終わってそれほど心に残る物語というわけでもないのだが、
    このシリーズは短い時間でサクサク読めてしまい、
    後味が抜群に良い。

    所謂、水戸黄門の後味(*^-^*)

    シリーズ6冊目にしても、衰えるどころか
    あらゆる人を味方に引き込んで、マコトの魅力はさらに大きくなっているのではないだろうか。。。

  • この巻は、話の内容も構成もよかった。

    女子高生のスカートの中を盗撮しては、画像を売りさばく小学生。
    それを知った高校生が、俺たちも仲間に入れろと言いだし、さらには常識も何も通じないクレイジーな男までが介入してきて…。「灰色のピーターパン」

    通り魔に襲われ、一生治らない傷を負わされ夢をあきらめざるを得ない兄。
    その仇を取ってくれ。同じ傷を負わせてやってくれとまことに頼む妹。「野獣とリユニオン」

    頻発する幼児いたずら事件。
    駅前無認可保育園で働くテツオはただ子どもたちをかわいがっているだけなのに、いたずら事件の犯人だと疑われて…。「駅前無認可ガーデン」

    3作は、誰の身近にも起こりうる事件。
    マコトの考える解決というのは、法的にどうこうではなく、彼らの心が穏やかでいられるようにすること。

    例えば「野獣とリユニオン」
    「やられたやりかえす!」「倍返しだ!」
    不幸の連鎖は終わらない。
    だけど。
    決して簡単なことではないけれど、断ち切らなければならない。
    「相手を人間じゃないものにして、怖れたり憎んだりし続けるのは、きっと自分の心のためによくないと思う。(中略)憎しみの場所にいつまでも立っていたくない。まだあいつが憎いけど、それを越えていきたい」

    加害者もまた弱きもので被害者であったと知った時の兄ツカサ。
    「きみの罪は消えることはないだろう。でも、ぼくはきみという人間を許すことにする。(中略)いつまでも、きみを憎んでいたら、ぼくの明日が始まらない。握手だ」
    いや、言えませんよ、こんな聖人みたいなこと。
    でも、言える人間でありたいと思うじゃないですか。

    そして最後の「池袋フェニックス計画」
    ほかの3作よりやや長めのこの作品は、東京都と警視庁を相手にマコトが戦うんですね。
    正論だけど正解じゃないこと。
    街の治安をよくするという名目で、地元の人たちの生活すら圧迫していく『池袋フェニックス計画』
    正論だけじゃ人は生きていけない。
    強者の理論に押しつぶされそうな人たちを、マコトはどう救い出すのか。

    一冊の中に1編、こういう骨太の話が入っていると、読後の満足度がぐっと上がる。

  • 灰色のピーターパン
    野獣とリユニオン
    駅前無許可ガーデン
    池袋フェニックス計画

    一番すっきりしたのは灰色のピーターパン。感動はリユニオンかな。テーマも重かった。みんながちゃんと反省してくれれば良いのにね。

  • どれもよかった!「野獣とリユニオン」のお兄ちゃんのような人ばかりだと平和な世の中になるのにな。
    やっぱり、優しい人は強い人。それにしても、マコト母の強さにはシビれるわんw

  • シリーズ進んでも相変わらず面白い。「駅前無許可ガーデン」も良かったけど久々にサルとタカシどっちも出てきた「池袋フェニックス計画」好きだなあ。「うまくいきすぎでしょ~」「これマコトかっこよすぎでしょ~」と思いながらも楽しめる、だからと言って全くの無傷では済まない感じが良い。最終的にやっぱりお母さん最強(笑)

著者プロフィール

石田 衣良(いしだ いら)
1960年東京生まれの小説家。フリーター、広告代理店でのコピーライターを経て、36歳のときに一発祈念して執筆活動を開始。
1997年、『池袋ウエストゲートパーク』で第36回オール讀物推理小説新人賞、2003年『4TEEN フォーティーン』で第129回直木賞、2006年『眠れぬ真珠』で第13回島清恋愛文学賞、2013年『北斗 ある殺人者の回心』で第8回中央公論文芸賞をそれぞれ受賞。
多くの作品がドラマ・映画化されている。代表作に、ドラマ「池袋ウエストゲートパーク」「下北サンデーズ」、映画「アキハバラ@DEEP」、「娼年」。
2015年にウェブ個人誌『小説家と過ごす日曜日』を創刊するなど、メディアをまたにかけて活躍を続けている。

灰色のピーターパン 池袋ウエストゲートパークVI (文春文庫)のその他の作品

石田衣良の作品

ツイートする